東北の底力、心と光。「衣」、三宅一生。

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

25JUL11_001.jpg

東北地方の文化や手仕事の魅力について紹介する特別企画「東北の底力、心と光。 「衣」、三宅一生。」が、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで7月26日から31日までの6日間開催された。
かつて柳宗悦が、「日本でのみ見られるものが豊(ゆたか)に残っている、手仕事の国」とも記した東北地方。東北には、ものづくりの知恵や歴史に裏付けされ、磨かれてきた、伝統的な手工芸の技が今も残る。
展示は主に2部構成。東北地方の織物技術を、道具や制作プロセス、日用品を見せながら紹介、それに加えて、東北地方の伝統文化や技術からインスピレーションを受けたデザインや、東北の工場と協業して作られたISSEY MIYAKEのコレクションも展示された。

25JUL11_002.jpg

たとえば、宮城県白石市の白石和紙工房が作る、紙衣という和紙を使った衣服がある。東北は平安時代から公用紙や公家の懐紙などに採用されてきた「みちのく紙」が有名で、和紙技術の伝統が息づく地域。和紙を縦に細かく裁断してよりをかけ、細い糸にして織る「紙布織」は丈夫で撥水性の高い織物として珍重されてきた。白石和紙工房は、江戸時代より、紙衣の高い技術を持ち、現在は東大寺二月堂修二会(いわゆるお水取り)で着用される紙衣も作っている。今回は、その紙衣を含む、一級品の紙布織を見ることができた。

25JUL11_005.jpg

また、東北の貧しい農家の知恵として生み出された裂織も展示。寒冷で綿が取れないため、古い布の端切れを裂いたものを使いながら、布を織っていく技法であり、青森県十和田市の南部裂織保存会の協力の元、裂織の作品が集められた。
それ以外にも、ISSEY MIYAKEのプリーツの質を支えてきた宮城県白石市の白石ポリテックス工業のプリーツ加工技術や、岩手県盛岡市の中村工房のホームスパン、確かなニットの技術を持った山形県山形市、ケンランドの山形ニットをはじめとして、シナ布、からむし織、天鷺ぜんまい織、こぎん刺しなどの作品や道具、制作プロセスも紹介された。

25JUL11_004.jpg

1970年代より三宅一生は、このような東北の手仕事の技を自分のデザインやアイディアのソースとし、長年にわたってコラボレーションしてきた。そんな東北の技術がふんだんに使われたISSEY MIYAKEのコレクションからも15体が展示された。三宅の手に掛かると、紙衣はウールが裏打ちされたコートに変身し、ホームスパンを使った極太平織のベストができ、背負子からインスピレーションを受け、裂織のエッセンスが取り込まれた衣服が完成する。

東北だからこそ可能となってきた、長年の伝統に裏打ちされた確かな手仕事の技術は、今後も日本のものづくりの基本として、受け継いでいかなくてはいけない。おそらく震災後のこのタイミングでこの企画が果たした役割は大きいであろう。私たちがこれから、残し、伝えていくべき日本の伝統やものづくり、東北の力強さについて、改めて考えさせられた。

東北の底力、心と光。 「衣」、三宅一生。
会期:2011年7月26日〜31日
時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
入場料:無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂9-7-6
TEL:03-3475-2121
http://www.2121designsight.jp

Text: Wakana Kawahito
Photos: Masaya Yoshimura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE