アーク・ノヴァ 東日本への贈りもの

HAPPENINGText: Yuko Miyakoshi

2011年8月9日、スイス・ルツェルン KKLコンサートホールにて、世界的な音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」と音楽事務所「KAJIMOTO」による文化復興プロジェクト「ARK NOVA(アーク・ノヴァ)」の概要発表が行われた。当日はクラウディオ・アバド氏指揮によるルツェルン祝祭管弦楽団の演奏があり、東京でもその模様がライブビューイングイベントで中継された。

ivent1.jpg
© ARK NOVA 2011

プロジェクトの目的は東日本の被災地を訪れ、移動式テントでコンサートを開き、被災地の方々に音楽を通して希望を届けること。主催者の一人であり、ルツェルン・フェスティバルの芸術総監督であるミヒャエル・ヘフリガー氏は「3月11日に起こった恐ろしい出来事は、私たち全員に強い影響を与えました。私たちがひどい痛みや苦しみ全てを取り除くことはできません。しかし私たちは、音楽とアートを通じて被災者の方々に新たな希望をお届けしたいのです」とその想いを語る。

プロジェクトの発端は、震災後すぐにヘフリガー氏がKAJIMOTO代表の梶本眞秀氏にかけた一本の電話から始まる。その時に二人の話の中から可動式コンサートというアイディアが生まれ、梶本氏が日本を代表する建築家である磯崎新氏に会場について相談をし、さらに磯崎氏が古くからの友人である彫刻家のアニッシュ・カプーア氏に協力を求め、カプーア氏もその依頼に二つ返事で応えたことから、素晴らしいチームが編成されることとなった。

ARKNOVA2581.jpg
磯崎新氏によるスケッチ © ARK NOVA 2011

磯崎新氏はすみやかに建設・解体できるコンサートホールを実現するため、ノアの箱舟から着想を得て、テント素材を空気で膨らませて設営するシェルターを考案した。サイズは長さ72m x 幅40m x 高さ23mで、500〜700人まで収容できるという。

image1.jpg
ARK NOVA イメージ画像 © ARK NOVA 2011

ホールのシェル・デザイン担当のカプーア氏は、インドで生まれ渡英の後、彫刻、建築、パフォーマンスを融合させた斬新なアートを次々に発表し、1991年にはターナー賞を受賞。現在は2012年のロンドンオリンピックのための記念塔「オービット」を手掛けている。

kapoor.jpg
「Leviathan」33.6×99.89×72.23m(Grand Palais 2011) © Anish Kapoor

ホールのイメージ画像は今年の5月にパリのグラン・パレ内に作られたカプーア氏の作品「Leviathan」を思い起こさせる。完成したホールそのものがアートになりそうなことは、想像にかたくない。さらにその中で生演奏を聴くということは、素晴らしい体験をもたらしてくれるのではないだろうか。
音響デザインは永田音響設計の豊田泰久氏が担当し、舞台コンサルタントにはシアター・プロジェクト英国事務所のデヴィッド・ステープルズ取締役会長が関わる。

震災直後は幾つものイベントが中止され、外来アーティストの公演キャンセルが相次いだ。さらに原発の事故評価がレベル7と発表されて以降は、外国の方はもう誰も来ないのでは、と思われた。しかし、世界各地でチャリティコンサートが開かれ、アーティストの中には音楽の力を届けたいという想いで、周囲の反対を押し切って訪日した方々もいた。

とりわけ今年の4月に単身来日したインド出身の指揮者ズービン・メータ氏の言葉は、日本の人々の心を励ましてくれた。
『危機のなかにいる人々が、あまねく平和を求めることを、私は自らの経験で知っている。そして、その平和は音楽の中にこそある。苦しむ人たちの前で音楽を奏でるために、私たち音楽家がいる。』(朝日新聞4月18日)

メータ氏はロサンゼルス地震や湾岸戦争の時も指揮台に立った経験があり、今の日本にも音楽の力で人々を励ます場面が絶対に訪れると信じている。天災の脅威を受け、心の拠りどころを失いそうになった時、例えつかの間でも安心を感じられるのは、このように確信に満ちた言葉に出会った時ではないだろうか。

震災から5ヶ月が過ぎた今、復興への取り組みは次のステップへと移りつつある。梶本氏はこのプロジェクトを永続的に続けていきたいと語る。『大震災がもたらした傷は依然深く、すぐさま癒えるものではありません。アーク・ノヴァ・プロジェクトによって、私たちはこの困難の中にいる人々のもとを訪れ、日常では経験できないような喜びをお届けしたいのです。このコンサート・ホールは、パフォーマンスのための空間として使用されるのみならず、出会いの場として、想像的インスピレーションを見出す場として、そして被災地の復興を永続的に後押しするものとして役立つことになると確信しています。』

アークノヴァでは、クラシック音楽だけではなく、ジャズ、ダンス、マルチメディア、各分野にまたがるアート・プロジェクト等が提供される。また、スポンサー企業や後援者から出資を受け、被災地の方々は無料で公演を鑑賞できるようになる予定だという。現在製作が進められているコンサートホールは、2012年春から巡回の見込み。こけら落としは、大がかりな復興プロジェクトの始動の日としても、アート作品が私たちの目にふれる日としても、特別な日になりそうだ。

ARK NOVA – A Tribute to Higashi Nihon ~東日本への贈りもの~ 概要発表
日時:2011年8月9日(火)日本時間19:00(スイス時間12:00)
スイス:ルツェルン KKL コンサート・ホール
日本:東京国際フォーラム
http://www.ark-nova.ch

プロジェクト・チーム
建築:磯崎 新
シェル・デザイン:アニッシュ・カプーア
音響コンサルタント:豊田泰久(永田音響設計)
舞台コンサルタント:デビッド・ステープルズ(シアター・プロジェクト)
監督:ルツェルン・フェスティバル、KAJIMOTO、磯崎新アトリエ

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE