水野健一郎

PEOPLEText: Shinobu Ono

自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築した平面作品やアニメーションで、東京を拠点にアーティストとして幅広く活躍する水野健一郎。彼の作品集「KATHY’s “New Dimension”」の発行を記念して、原画展「KATHY」が原宿のTOKYO CULTUART by BEAMSで開催された。KATHYから与えられた“指令”を、水野の慣れ親しんだアニメ調のタッチで表現したという作品集の原画が中心に展示されている。

水野健一郎 Kenichiro Mizuno
Photo: Momoko Katsuoka

KATHY展について教えて下さい。

KATHYという強大な力につき動かされ、次々と指令を受けて任務を遂行している3人組の女性がいます。彼女たちは「KATHY」と名のり、神出鬼没なパフォーマンスを繰り広げています。そして今回、僕もKATHYからの指令の電波をキャッチし、本を作ることになったの です。その原画を中心とした展覧会がKATHY展です。もともとダンサーだった彼女たちとは違い、KATHYから受けた電波はある設定をともなった絵としてアウトプットされました。実は2005年にも一度KATHYからの指令を受けてまして、今回のキャラクターはその時生まれたものです。当時まだ3人の素顔は知らなかったのですが、電波のせいか見えているかのようにすらすら描けたのを覚えています。今回は本を作るためにその時の設定をさらに深くたぐり寄せました。KATHYとその指令を受ける3人の女の子との関係性を、僕というフィルターを通して断片的ながら絵にしていったのです。僕が見えた世界は極めてアニメチックでした。KATHYという大いなる意思からの波動を受けた人類は、次々人間ではない何かに変形(液状化)してしまいます。

水野健一郎

確かに、この原画点では人間が様々に変形して、本来の姿を失って描かれています。

KATHYの波動を受けた人間は、普通は外見も精神も人間でいられなくなってしまうのですが、その中で人間の精神を保ったままでいられた、選ばれた3人の女の子たちが、今回描いている「KATHY」です。人の心を失わなかった為、人の姿と変形した姿の間を自由に行き来することができます。そして、この選ばれた3人が偉大なるKATHYの指令を受けて動いていくことになります。大いなる意思KATHYは、彼女らを選ぶべく電波を投げかけるのですが、それ以外の人も影響を受けてしまうのです。

YPB01.jpg
© Kenichiro Mmizuno

水野さんの絵を見ていると、日本のアニメーション表現を強く想起しますが、それは子どもの頃に見てきたイメージが元でしょうか?

そうだと思います。人を線で描いたり、背景画がペインティングタッチであるとか。昔のアニメって、背景でも動く部分だけセル画でちょっと質が違っていて、「あ、あの岩落ちてくるな」ってわかったり。そういうのは、今でも意識してやったりしています。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE