モゴヨン

PEOPLEText: Wakana Kawahito

マドンナをはじめ、ケリス、フィッシャースプーナーなど有名ポップアーティストのCDジャケットやポスターを手がける一方、アートよりの映像やグラフィックなど、発表する作品の形態もジャンルも様々な、ニューヨークのデザインスタジオ「モゴヨン」(Mogollon)。しかし、どの作品も強烈にモゴヨンらしさを主張している。

今回、日本で初めて個展を開く彼らに、展覧会が始まる直前の DIESEL ART GALLERY で話を聞いた。

モゴヨン(Mogollon)

グラフィック、映像、タイポグラフィー、ウェブサイト、アパレル、オブジェ、舞台セットなど、モゴヨンの作品は多岐に渡りますね。一体全体、モゴヨンとはどのようなグループなのですか?

モゴヨンは、フランシスコ・ロペスとモニカ・ブランドによってニューヨークで2004年に設立された、2人組のデザインスタジオです。モゴヨン(Mogollon)とは、「豊潤」、「潤沢」、「たくさん」や「とても」など、文脈によって幅広い意味を持つスペイン語。この名前の柔軟性が示す通り、私たちはジャンルにとらわれず、美しいものをつくること、それも普遍的な美を作り出すことを目指しています。今見て「わぁキレイ」というだけではなく、20年後も30年後も古くならない、そんな美のスタンダードを追い求めています。

KELISbooklet-center.jpg

なるほど、ではモゴヨンにとって、美しさとは何ですか?

難しい質問ですね。私たちにとって芸術とは、美しさとは何か、普遍的な美とは何か、を常に探し続けている行為そのものです。たとえば、服の上のゴミを払ったり、ちょっとした人のしぐさだったり、そんな些細なことやむしろ醜いとみなされることでさえ、見方によっては美しく感じられることがあります。物事が美しく見えるかどうかは、それが置かれている文脈によります。そのような、物事が美しく見える文脈を探す。それが私たちの美に対する姿勢です。

MOGwork2.jpg

2人での作品づくりはどのように行なっていますか? 

最初のアイディア出しは2人で一緒に考えます。そのために、図書館や美術館によく行きます。たとえば、図書館に行くと、アートブックや資料はもちろんのこと、クラシカルな建物自体にも魅了されます。ニューヨークに住んでいることは私たちの作品に大きな影響を与えていると感じています。特に、アールデコなどクラシカルな面のニューヨークのデザインにはいつもインスパイアーされていますね。
アイディアが決まってからの進め方は、その時の状況やプロジェクトによって違います。どちらかといえば、フランシスコはタイポグラフィー、モニカは写真をもとに制作するのが得意というのはありますが、1人がデザインをしたら、次の人にスイッチして、必ず2人で制作をしています。本当に2人で一緒に作り上げている、という感じです。

MOG-work12_cut.jpg

デザインをしていて心がけていることは何ですか?

装飾性と機能性の上手いバランスに気を使っています。グラフィックデザインは、何かお題があり、ある制限の下で受け手側との強いコミュニケーションが求められますが、そのような場合でも、機能性ばかりにとらわれないよう、自由な発想でデザインするようにしています。それは、幼い頃、母の雑誌や本に載っている顔に髪を書いたり、ひげを付け足したりして遊んでいたのと同じ。今でもその延長でデザインをしていると言っていいかもしれません。

Hybrid5_cut.jpg

アールデコ以外にインスパイアーされるものはありますか?

メインのアイディアソースは、セルジュ・ルタンです。その他には、アールヌーボー、ギリシャや日本などの伝統的なものにも影響を受けています。最近は、エイリアンや未来的なものに関心があったのですが、日本に来て、お寺などの伝統的な建物や近代的な建築物、繊細につくられた小物などにとてもインスピレーションを受けました。それで、今後の作風が変わるような予感がしています。

n02_Mogollon.jpg
Photo: TAKAMURADAISUKE

今回の展覧会のコンセプトを教えてください。

新作のビデオと鏡のオブジェに、過去7年間の作品を含む計20点以上で構成されています。鏡を使ったのは、「時間の目撃者」というコンセプトからです。鏡は自分自身の姿形の変化を刻々と映し出します。そこに映し出されるのは、新しい自分であり新しい美です。古いハリウッド映画にインスパイアーされたビデオ作品は、創造、混沌、狂気が三位一体になり、神秘的で神話的な瞬間を描き出しています。

n03_Mogollon.jpg
Photo: TAKAMURADAISUKE

今後は、長編映画、家具、テキスタイルデザインなどにも取り組みたいと話すモゴヨン。どこか懐かしいような、でも見たことがなく、彼らだけにしか作り出せない世界。そこから何が起こるのか、その期待感が私たちを惹きつけて止まない。

Mogollon-main-visual_low.jpg

MOGOLLON「SOMETHING IS ABOUT TO HAPPEN」展
会期:2011年5月21日(土)〜8月14日(日)
開館時間: 11:30〜21:00
会場: DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F
TEL: 03-6427-5955
キュレーター: 亜洲中西屋
協力: 株式会社ジールアソシエイツ
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE