ジェームス・ジャービス

PEOPLEText: Victor Moreno

異なる領域の表現が融合して新たな価値が生まれるのは素晴らしいことだ。今回のケースで言えは、それはデザインとトイ(おもちゃ)の融合。

イギリス人イラストレーターのジェームス・ジャービスは、ビニールとプラスティックで出来たトイのムーヴメントの代表的な存在だ。パートナーであるソフィア・プランテラとラッセル・ウォーターマンと共に、90年代後半から活動している。

コンセプトはトイ・デザイナー。ジェームスは、会社「アモス・トイズ」をパートナーと立ち上げた後、ナイキ、そして最近ではコカコーラやマーヴェル・コミックスなどの大手企業からの依頼でユニークかつコレクター心をくすぐるアイテムのイラストを手掛けている。その活躍ぶりは、まさに生ける伝説だ。

ジェームス・ジャービス

ロンドンの RCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)で学んだそうですが、その頃の日々を振り返っていかがですか?

RCAではとても充実した日々を過ごせたよ。独自のビジュアルイメージを練り上げることに集中できたし、学問的な意味での芸術を学ぶことも刺激的だった。ただ一つ批判することがあるとすれば、当時、日常的な映像表現、たとえばアニメや漫画が芸術的な商品になり得ると思われていなかったことだね。

4248105198_828ff18fa6_z.jpg

これからイラストレーションやグラフィック・デザインを学ぶ人々にアドバイスするとしたら?

グラフィック・デザインを学ぶことについては何も知らないけれど、イラストレーションに関して言えば、「何でも描けるようになること」「訪れるあらゆる機会に対してオープンであること」かな。

エルジェやリチャード・スキャリー、ハビエル・マリスカルといったイラストレーターを敬愛しているそうですが、ここ10年で活躍するアーティストの中で特に影響を受けた人はいますか?

尊敬している現代アーティストやデザイナーはいっぱいいるけれど、とりわけ誰が、というのは難しいね。ジュヌビエーヴ・ゴクレールKAWSジェフ・マクフェトリッジ、レオン・サドラー、ウィル・スウィーニー横山裕一などの現代アーティストを尊敬しているよ。

3966353276_d583ae51ac_o.jpg3966347068_553ffaf471_o.jpg

日本に向かおうと思われたきっかけは?

あえて日本に向かおうと思っていた訳ではないんだけど、僕の作品と完全にしっくりくる最初の場所だったんだと思う。90年代後半から00年代前半頃にファッションブランドとコラボレートしたアイテムが特に日本で人気だったんだ。そのおかげで日本での知名度も上がった。その頃からだんだん僕の作品に対する「熱狂」が落ち着いて、流行とは関係なく長く支持してくれる人が増えたように思う。

日本にはどのくらいの頻度で訪れますか? また、日本に行った時にすることで好きなことは?

1999年から2004年の間は少なくとも年に一度は行っていたね。2005年からは子供が生まれたからなかなか旅行出来なくて。でも、機会があれば訪れているよ。直近では今年の2月に行われた「アモス・ミニチュア・プラスティック・ワークショップ」の際に行ったよ。ちょうどあの震災と津波の2週間前だ。

日本でやる好きなこと? 日本の友達と会うことがほとんどすべてだけど、あとは東急ハンズに行ったり、田んぼを見たり、蕎麦を食べたり、代々木公園でランニングしたり、あとは散歩かな。

4045790881_45ff99b31e_o.jpg

サイラスのキャラクターをつくっていた時のメディコムはどういった状況でしたか? キューブリックは存在していたのですか?

僕が最初に東京を訪れた時は、キューブリックが誕生して間もない頃だった。ショップ「Project 1/6」を訪れて凄いと思ったのを覚えているよ。あのようなおもちゃが存在するなんて知らなかったから。あの頃はまだ「デザイナー・トイ」というコンセプト自体存在していなかったんだ。

ibz_2_01.jpeg

「INBETWEENZINE」について教えてください。

「INBETWEENZINE」は、アモスが昨年の12月にキュレーションを手掛けたATP(オール・トゥモローズ・パーティー)の音楽フェスティバルに際してつくったジーンのシリーズだよ。

atpposters_se-4.jpeg

東京とバルセロナで開催されたATPのポスターやその他アートワークのデザインをされていましたが、ご自身が参加されたフェスティバルはありますか?

アモスとしてイギリスと日本で開催されたATPのポスターもデザインしているよ。昨年の12月、(ATPの音楽フェスティバルの一つである)「In Between Days」のキュレーションを行ったんだ。バンドを選ぶ基準は、演奏だけでなく独自の個性をもっていること。

イギリスのマインヘッドで開催された「In Between Days」と、東京で開催された(同じくATPの音楽フェスティバルである)「I’ll Be Your Mirror」の2つは実際に観に行ったよ。素晴らしいバンドをたくさん観ることが出来て最高だった。僕にとってのハイライトは、イギリスではミヒャエル・ローター、コナン・モカシン、YOB。日本では、ボアダムスとボリスだね。

CALWTHA%20small.jpeg

どんなバンドが好きですか?

あらゆる系統を聴くけど、好きなバンドのリストを一部挙げるとしたら…アニマルズ、バッハ、ビーチ・ボーイズ、ビートルズ、チャック・ベリー、ブラック・サバス、ボアダムス、ボリス、バットホール・サーファーズ、CAN、ドランク・ウィズ・ガンズ、グレン・ブランカ、バーズ、カーター・ファミリー、ドビュッシー、カネイト、ママス&パパス、マイナー・スレット、ノイ、プラスティックマン、ザ・プレティ・シングズ、スレイヤー、ソニック・ユース、ストゥーピッズ、13thフロア・エレベーターズ、XTC、YOB、ニール・ヤング、ゾンビーズ 。

cocacola.jpg

面白いリストですね。実はアモスの「AGE OF METAL」のコレクションを持っているのですが、「TERRY」のモデルが誰なのか分からないのです。誰ですか?

スレイヤーのケリー・キングだよ。

そうですか! あの赤い星…。他に、実在の人物をモデルにしたキャラクターはありますか?

あまりないね。強いて言うなら、身の周りにいる人たちがモデルだよ。

amos_plastic_workshop_tokyo_flyer.jpeg

最近、東京でミニチュア・プラスティック・キャラクターのワークショップを開催されたそうですが、いかがでしたか?

凄くうまくいったよ。東京でずっと支持し続けてくれている大勢の人たちと出会ういい機会だった。会場のお客さんたちと一緒に漫画をつくる体験が本当に面白かった。つい昨晩、ロンドンでもワークショップを開いたんだよ。

そうなのですね。ぜひそのことについても聞かせてください。

今年の5月、アモスがKKアウトレットのショップとギャラリースペースをジャックすることになったんだ。このイベントではアモスの人気プロジェクトの展示やちょっとしたイラストの展示販売を行う予定。あと、僕とラッセルが作品について語るワークショップもいくつか開催するつもりだよ。

4247353013_cc4526ec55.jpg
Comic strip from Cycling Today magazine

ステューシーやナイキの映像作品「オンワーズ」など、ファッションブランドのプロモーションに貢献されていますが、これらのプロジェクトが始まったきっかけと、その経験から得たことについて聞かせてください。

「オンワーズ」は本当の意味でのコラボレーションができた素晴らしいプロジェクトだったよ。依頼された仕事という感覚から離れて、自らのランニングへの欲求を素直に反映させることでナイキらしさに近づこうとしたんだ。だからプロデュースも自分で手掛けた。

ナイキは素晴らしいことに、僕に完全な自由を与えてくれて、やりたいようにやらせてくれた。僕が実際に日々ランニングをしているから、ランニングの精神を表現したものがつくれると信じてくれたんだと思う。でもそのことで逆に、それ以降のブランドとのコラボレーションをより難しく感じるようになった。「オンワーズ」では完全に主導権を握れたし、企画書だって自分で書いていたから。アーティストにそこまでの権限を与えてくれるようブランドを説得するのは未だに難しいよ。

アーティストを決まった方向に向かわせず、彼らの直感を信じる良きコラボレーターとして、ステューシーもいい例だよ。そういうかたちでの仕事の方がアーティストとブランドのコラボレーションが次に繋がっていけるし、ある種の品位をもったものを生み出すことが出来ると思うんだ。

ステューシーとマーヴェルとのコラボレーションについてですが、彼らと仕事をしてみていかがでしたか?

アーティストが自分の好きなマーヴェルのキャラクターを再解釈してつくる、というプロジェクトでステューシーに呼ばれたんだ。僕はすぐに「シング」(「ファンタスティック・フォー」のキャラクターの一人)を選んだよ。ある程度成長して「2000AD」のようなイギリスの漫画に興味を持ちはじめた時でも、ジャック・カービーの描く「ファンタスティック・フォー」が好きだったんだ。だから、選ぶのが簡単だったよ。

4052826954_159358469f_o.jpg

ご自分でTVアニメのシリーズを手掛けようと思ったことはありますか?

「ヴォーティガンズ・マシーン」のシリーズをやる話し合いが何年か続いているんだけど、いい契約が結べそうだよ。

それは楽しみですね。最後に、ご自身のロンドンのスタジオについて教えてください。

ウィル・スウィーニーとソフィア・プランテラ(元サイラスのデザイナー)とバービカン(劇場施設の名前)の近くにあるスタジオをシェアしているんだ。僕の机の上はいつも散らかっているけど、ウィルの机の上は対照的でいつも片付いている(笑)。家から10キロほどの場所にあるから、自転車か徒歩で通っているよ。たまに遠回りしてリッチモンド公園を通ることもあるけど。あと、美味しいフィッシュ&チップスのお店が近くにある。これは重要なポイントだね(笑)。

Text: Victor Moreno
Translation: Eri Tsuji

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE