「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」展

HAPPENINGText: Memi Mizukami

私たちの身の回りにある多声的な美の世界 

水戸芸術館で2月12日から開催されている「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」と題された企画展が、沢山の関連企画を催しながら5月8日まで行われる。高橋瑞木によるキュレーションで、9カ国14名の女性作家達が参加する展覧会だ。多くは世界中で活動しており、2010年度のターナー賞を受賞したスーザン・フィリップスを筆頭に、女性であるという共通点を除くと、皆面白い程に各々全く違ったアプローチで芸術や現代美術作品を展示、パフォーマンスを行なっている。

%E6%B0%B4%E6%88%B8%E8%8A%B8%E5%85%A5%E5%8F%A3.jpg

水戸は寒く、静かな街だ。東京から2時間弱で行けるこの場所は、展望台でもあるタワーを目印に、美術館までの道程を丁寧に注目し楽しむことができる。そして美術館に近づくに連れ、音や歌声が聴こえてくる。スーザン・フィリップスの作品は、この敷地全てを使っているようなアプローチだ。よく反響するこの敷地に展示されたスーザンの作品「Did I Dream You Dreamed About Me」というタイトルには、いささか目の奥がツーンとした。美しく幻想的で夢の様だったのは、私が訪れたその日の水戸が雨とも雪とも言えるものが降っており、それが音を吸収、拡散することでより効果的になっていたからなのだろうか。ここから始まる展覧会の、美し過ぎるプロローグである。

スーザン・フィリップスとラウラ・ベレンの作品は、水戸芸術館敷地内ではあるが、ギャラリー外となるため注意が必要だ。ラウラの作品は水戸芸術館のエントランスホールに設置されたパイプオルガンに着想を得たインスタレーション作品であり、まさにこの美術館で展示をすることに意味がある作品であるため、このパイプオルガン共々是非ご覧になって頂きたい。

web_Kobayashi01.jpg
小林史子《Node Point》2011

ギャラリー内の展示は、この展覧会で非常に印象的なアイコンとなっている小林史子による水戸の放置自転車を使った立体作品で始まる。身の回りのものや、そこにあるものを使い、「巣」のようなものを作るという所から始まった彼女の作品を見て、ヨーロッパで良く見かける宿り木を思い出した。目に強い印象を残す、という意味で次の部屋のタチアナ・トゥルーヴェの立体作品が続き、白い部屋に良く映えた黒い立体作品を見ることができる。

私は、この展示の制作期間中に数日間アシスタントとして携わることができた。その期間中に彼女達が一人の人間として普通に制作する様子を間近で見られたのは、この上ない幸運であったと同時に、彼女達の素顔を見られたこともまた、素敵なことの1つであった。

例えば、神秘的な雰囲気の三田村光土里。作品にもそのムードは現れている。

土屋信子《宇宙11次元計画》2011
土屋信子《宇宙11次元計画》2011

そして土屋信子のシリコンや金属、あらゆる素材を使った実験室のような部屋と続き、ナム・ファヨンの記号論的解釈の図式とも言うべきウォールドローイングに続く。

ナム・ファヨン《Atomic》2011
ナム・ファヨン《Atomic》2011

鉛筆とガッシュで描かれた華奢でビビットな謎解きの様な絵は、学校の教科書に載っていた数少ない興味の湧く図解ページを思い出すかもしれない。

木村友紀+ユタ・クータ+荒川医 《BOYCOTT WOMEN》2011
木村友紀+ユタ・クータ+荒川医 《BOYCOTT WOMEN》2011

木村友紀+ユタ・クータ+荒川医の共同作品である「BOYCOTT WOMEN」では、中央に置かれた作業用の足場に、いくつかのテキストが印刷された紙が置かれている。それぞれ違ったタイトルで書かれたテキストは、どれも「展示を見に来て読む」にしては少々量が多い。展示ができるまでについて書かれたものや哲学的内容まで、日本語と英語でタイプされている。座ることに少し躊躇を覚えるベンチでテキストを読むことは美術における凶暴性、怪物的なものを感じることができる。彼らは3月27日にライブパフォーマンスを行うので是非拝見したいと思う。

ツェ・スーメイSachiko Mと音に関わる展示が続く。

砂の落ちる様子、レコードの回る様子を、動きを伴いながら鑑賞するツェ・スーメイの作品に対し、純音と言われるサインウエーブを展示会場でライブ録音したものを展示しているSachiko Mの作品は、同じ音を扱ったものでも異なった表現として、展示の流れとしても良い構成となっている。

アン・カンヒョン《Throwing a Dice》2011
アン・カンヒョン《Throwing a Dice》2011

そして、奥の部屋に行くと一変して違った世界観で、プレイグランドがあることに驚くだろう。アン・カンヒョンが造り上げたその空間は、色味のあるものを最近見ていなかったのではないかと自問してしまうほど華やかな空間であり、1つ1つの造形がとても興味深い上、実際に遊ぶことができる。現代美術館の中で作品を使って私たちは遊ぶことができるのだ。行かない理由はないのではないだろうか?コミュニケーションを問うたこの作品と共に印象的だったのはキュートな彼女自身でもあった。

ランジャニ・シェター《Sun-sneezers blow light bubbles》2007-2008
ランジャニ・シェター《Sun-sneezers blow light bubbles》2007-2008

この多種多様な作品達の最後に爽やかな美しさを、ランジャニ・シェターの作品から感じとって、ゆっくりと終焉に向かう。タイトルもまた「Sun-sneezers blow light bubbles」とポエティックではないか。近づいて良く見ると、その作品がハンドメイドであることに驚く。

現代において、女性作家というものが別段驚かれるものではなくなったが、女性故の母性、美しさ、勇敢さに無意識のうちに期待を覚えはしないだろうか。しかし、この展覧会を見て「これらを女性がつくったのだというから驚きだね」などと思う人はいないだろう。制作において性別というものからも、既に彼女達は出発しているのだろうし、それを武器にも味方にもしていない。ただ1つ言えることとして、彼女達は女性であると同時に少年の様な顔で良く笑っていて、それは確かに安心感のある力を秘めていたことだ。

これから水戸は美しい梅の花とともに良い季節を迎える。多くの関連企画とスケジュールを照らし合せながら、出発を見送りに行ってみてはいかがだろうか。

「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」展
会期:2011年2月12日(土)〜 5月 8日(日)
※東北関東大震災の影響により展覧会は中止となりました
開館時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日
会場:水戸芸術館敷地内+現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
電話:029-227-8111
入場料:一般 800円
http://www.arttowermito.or.jp

Text: Memi Mizukami
Photos: Yoko Hosokawa, Courtesy of Contemporary Art Center, Art Tower Mito, "Quiet Attentions: Departure from Women", 2011. Installation view at Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE