伊東篤宏

PEOPLEText: Julie Morikawa

「光を観る/見る事の快感、楽しみ。そして、それによって起こる視覚の変容」

90年代から蛍光灯を使ったインスタレーション作品を手がけ、その制作過程の中で蛍光灯の放電ノイズを出力する音具「OPTRON」(オプトロン)を生み出した、美術家、OPTRONプレーヤーの伊東篤宏。ソロとしてだけでなく、音楽家とも多数共演を行うなど、国内外でパフォーマンスを展開している伊東氏が、4月2日より北海道立近代美術館で開催される札幌ビエンナーレ(2014年開催予定)のプレ企画「アートから出て、アートに出よ。美術館が消える9日間」に参加するという。伊東氏の活動についてお話を伺った。

伊東篤宏
Photo by Ryu Itsuki

これまでの活動内容を含め、自己紹介お願いします。

伊東篤宏。90年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションを制作。98年に蛍光灯の放電ノイズを拾って出力する「音具」、OPTRON を制作、命名。展覧会会場などでライブを開始する。2000年以降、国内外の展覧会(個展、グループ展等)、音楽フェスティバルなどからの招集を受け、世界各国で展示とライブ・パフォーマンスを行っている。美術作品制作・発表やソロ・パフォーマンス活動以外に、爆音オプチカル・ノイズコア バンド「Optrum」や、フリージャズトリオ「今井和雄 TRIO」、テクノイズ・ユニット「ULTRA FUNCTOR」などでも活動中。

なぜアーチストになろうと思ったのですか?その経緯を教えて下さい。

言葉の問題になりますが、私は今に至るまで「アーチスト」になりたい、と思った事はないです。(私にとって、そもそもこの国における「アーチスト」って何を指しているのかがよく解りません。単にそう言ったモン勝ちみたいな状態だし。非常に便利な言葉ではありますが。)

私の場合、もう少し世の中の役に立ちそうな事よりも、自分の手を動かして勝手に何か造る事や、音を出したり聴いたりする事が好きで、それを懲りずに続けていたから、どうやらこの人は「アーチスト」らしい、という認識が周りに生まれてそう呼ばれたのだと思います。そしてその本人は、自身の制作物やパフォーマンスに「意味」や「社会貢献度」を殆ど付加する事なく、ただ視覚や聴覚の楽しみや刺激が相変わらず面白いので続けているだけです。ちなみに私の自身の肩書きは「美術家、OPTRONプレーヤー」です。


OPTVISION promotion movie

伊東さんは、OPTRONプレーヤーとしても活躍されていますが、その内容について教えて頂けますか?

「OPTRON」は、蛍光灯の音と光の両方を同時に出力する音具で、元々はインスタレーションの延長として1998年頃制作しました。(つまり元々楽器を制作したのではありません。)原理は非常に単純なもので、どこにでもある蛍光灯(家電製品)のオン・オフに伴う放電ノイズを拾って出力しているだけですが、主にギター用の足踏みエフェクターを使って様々な音を出す事がある程度可能です。通電(つまり蛍光灯が点灯した状態)した状態から電圧変調を、人為的に行う事ができるので激しい明滅(それに伴うノイズ音も)が作れます。

2000年代になってから楽器化が進み、形も置き型のものや、ギターの様に手持ちで主にライヴ専用のものなど、数種類のOPTRONが生まれました。基本的には、どのタイプのOPTRONも、目と耳に全く優しくない代物である事は間違いありません。演奏用のOPTRONで世界のあちこちで、様々なジャンルの音楽家などとも演奏・共演しています。

今回の北海道立近代美術館で開催される、札幌ビエンナーレのプレイベント「アートから出て、アートに出よ。美術館が消える9日間」に参加するにあたり、どのような作品を制作される予定ですか?
 
まだ思案中ですが、蛍光灯やその他日常電化製品(や、そのパーツ)などを使った、自動明滅&自動演奏装置がメインになると思います。

32tamabi%20optron1_1.jpg
Photo by Tama Art University Museum

蛍光等に興味を持たれるようになったのはいつからですか?また、きっかけがあればお教えください。
 
何故だかは解りませんが、私は元々幼少期から電球の光より蛍光灯の光の方が好きでした。作品の素材として蛍光灯を意識する様になったのは1993年頃からです。平面作品を内側から照らすライトボックス型パネル作品を制作、そこから段々と内部に組み込まれた蛍光灯やその他の器具そのものを露出させた作品を造る様になり、それに伴い、徐々に外枠であるパネルなどの構造体が無くなって行き、蛍光灯そのものを素材としてインスタレーションを制作する様になっていきました。そこに更に個人的な嗜好からの音や「音楽」の要素も取り入れる様になって現在に至っています。

蛍光灯という素材を活用して作品を制作していますが、作品を制作する上で基本としている考えやアイディアがあれば教えて下さい。

基本アイディアと呼べる程のものではありませんが、光を観る/見る事の快感、楽しみ(たまにキツい刺激)。そして、それによって起こる視覚の変容、という事にはいつでも興味を持っています。作為的で判り易い「神秘性」みたいなものからは、できる限り離れたいと心がけています。


Live Performance 「V.R」

作品を作るにあたって、インスピレーションをあらゆるものから受けると思いますが、どのようなものがあるか教えて下さい。

幼少期に観て影響を受けた特撮映画や変身ヒーローものなどの番組。音楽(最近は特にダブ・ステップやテクノなどのリズム主体のもの)。様々な文学や映画、マンガ、動植物の生体(生態)、様々な機械やその動き、様々な国や地域の祭事、等。

インスタレーション作品を制作する際にどのような手順で制作されますか?プロセスを簡単に教えて下さい。

最初にアイディアスケッチや落書きなど…。インスタレーションの場合は、展示する環境に応じて場の制約や制作手順が必然的に異なるので、特に決まったプロセスはなく、ケース・バイ・ケースです。

33tamabi%20white_1.jpg
Photo by Tama Art University Museum

国内外で行われたイベントの参加や、個展やグループ展を開催した体験から得たものはありますか?国内外でインスタレーションを見た人々の反応に違いは見られましたか?

当然、体験から得たものはあります。それはここでは書ききれません。
(以下の認識も経験から導かれたもののひとつではあります。)

日本とその他の国では、作品に対する反応に多少の違いはありましたが、私が出会った人達に関して言えば、それは民族や人種の違いから、というよりも個々人の美術や音楽に対する捉え方や見方、聴き方の違いの方が大きい気がします。

私が展示やパフォーマンスをした事のある日本以外の国々は、基本的にヨーロッパやアメリカの「現代美術」や「音楽」(クラシックからポップミュージック、アヴァンギャルドまで)が、ある程度は根付いている、または認識されている地域が殆どで、出会った人々や私の作品や、パフォーマンスに接した人々の「アート」全般に対する認識や理解には、それ程大きな差がなかったのではないかと思います。(それは必ずしも良い事ではないと私は思っています。)私が短時間の滞在ではなかなか出会う事のできなかった、様々な国のドメスティックな領域、そこに暮らす人々の日常まで踏み込めば、「アート」に対する様々な認識の仕方や、その地域的、人種的な差異に触れる事になると思われます。

なかなか難しい事ですが、私は積極的にそこに触れたいと思っています。


SONY WALKMAN CM MOVIE

アーチストでなければ、どんな仕事をしていたと思いますか?

さあ?どうでしょうか? 犯罪者なんじゃないですかね。きっと今より少しは儲けていたと思います。

これからの作品でやってみたいテーマはありますか?

ありますが、まだきちんとまとまっていません。音や音楽の文脈では、リズムやグルーヴに興味があります。

今後のご予定があれば教えて下さい。

2011年の主な予定として、国内では毎月数本のライブ・パフォーマンスの他、7月頃(予定)に東京で1週間程の個展とパフォーマンスを予定しています。海外での予定は、現時点で決定しているものとして、5月にアメリカ(ロサンジェルスとニューヨーク)、9月末からデンマークでそれぞれ作品展示とライブパフォーマンスを行う予定です。

札幌ビエンナーレ・プレ企画2011「 アートから出て、アートに出よ。美術館が消える9日間」
会期:2011年4月2日(土) ~ 10日(日)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
会場:北海道立近代美術館
住所:札幌市中央区北1条西17丁目
入場料:一般1,000円、高大生600円
チケット販売:道新プレイガイド、大丸プレイガイド、4プラプレイガイド
主催:札幌ビエンナーレ・プレ企画実行委員会
後援:北海道・北海道教育委員会・札幌市・札幌市教育委員会
http://www.sapporo-biennale.jp

Text: Julie Morikawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE