リウ・ボーリン

PEOPLEText: Emma Chi

声無き抗議 

芸術家リウ・ボーリン(劉勃麟)は自分自身がキャンバスとなり、中国を始め世界各地でまるで透明人間のように背景と一体化して静かに立っている。このような手法を通して、彼は環境が如何に人間の生活に影響を与えるかを表現しようとしている。
リュウ・ボーリンは1973年に山東省で生まれ、2001年には中央美術学院彫刻科の修士課程を卒業している。

リウ・ボーリン
《都市迷彩41》, photo, 2007

いつ頃からこの“透明人間”シリーズを始めたのですか?

北京の芸術村にいた頃です。当時は40人程度の国内外の芸術家が集まれるような場所を作りたいと思っていましたが、最終的には強制的に取り壊されてしまいました。シリーズ最初の作品はその頃に作ったもので、取り壊されたアトリエの廃墟で撮影しました。体はその風景の中に隠れているが、人はそこに生き生きとして立っている。これはある種の“声無き抗議”です。

なぜ“声無き抗議”という手段を使うのですか?

作品の制作過程はとても長く、4、5時間立ったままで、助手の手助けもあって完成します。私はこのように立ったままで、少しも動きません。実際にはこれは自虐的な方法であり、“座り込み”と同じような考え方だと言えるでしょう。

芸術とはどのようにあるべきでしょう?

独立し、体制から遊離した思考を持つこと。

liu%20bolin%2033920101222004.jpg
《石炭の山》

どのような芸術家が好きですか?

大学生の頃にたくさんの芸術家を知りました。特に近代主義とポストモダニズムの巨匠達です。ピカソとアンディ・ウォーホールが最も好きです。彼らの芸術は多くの人に手本を示したと思います。

あなたの新しい作品について教えて下さい。

環境保護や資源、文化に関する作品を今年国内で撮影しました。国外で撮ったものもあります。ずっと中国の問題ばかりに焦点を合わせているのは少し視界が狭くなってしまいます。現代は東西の文化が高度に交流しており、私は自分の体を通して社会の見方を表現したいと思っています。

あなたは作品を作る時、わざと人が通り過ぎるのを待って、その人の反応を見たりしますか?

それは全くありません。通り過ぎる人が反応するのは、それはまだ作品が完成していない時で、故意に歩行者の注意を引いたり、誰かが通り過ぎるのを待つということはありません。大抵通り過ぎて行く人たちは皆怪しく感じているみたいで、私が一体何をしているのか分かっていないようです。

あなたの作品は全て反抗を表現しているのですか?

今の時代の芸術は1つの問題を見つけて深く掘り下げて行くことが必要だと思います。私は骨の中にも反抗心が染み付いており、作品は思想を延ばす誘導体だと考えています。

liu%20bolin%2033920101222001.jpg
《都市迷彩36》, photo, 2007

一番好きな自分の作品はどれですか?

一番好きなのは「灰色の開幕式」です。これはある芸術祭の開幕式で、この芸術祭は一回きりで以後開催されることはありませんでした。その日はとても寒く、気温はマイナス2度程で、顔に筆を入れる時はまるで刀で切られるような気分でした。この写真を撮った時の情景はとても印象深いものでした。

liu%20bolin%2033920101222003.jpg
《伐木場》

将来他の手法を用いて作品を作ることはあると思いますか?

もちろんです。先ほどピカソとアンディ・ウォーホールが好きだと言いましたが、それは彼らが所謂伝統的な芸術家では無く、死ぬまで1つの形式だけを用いたわけではないからです。私もそうです。
私は異なる芸術言語、形式、媒介を試しながら新しいものを探すのが好きです。例えば、私は以前彫刻を学んだので彫刻の作品を作ることがあるかもしれないですね。

芸術家としてどのようなゴールに到達したいと思いますか?

分かりません。運と努力によって決まると思います。例えば自分を一輪の花に例えるとすれば、誰もがもっと大きく、もっと鮮やかに、そしてもっと艶やかに咲きたいと思うはずです。

Text: Emma Chi
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE