NIKE 公式オンラインストア

ジョナサン・ザワダ

PEOPLEText: Risa Nakazawa

オーストラリア / シドニーが生み出した天才的アーティスト「ジョナサン・ザワダ」。まるで、日本人?それとも西洋人?と思わせるような、日本人にとって親近感のある名字をもった彼の作品は、多種多様でとても一人のアーティストから全て輩出されているとは思えない。

近日ロサンジェルスで行われた展覧会では、かの有名なアート・コレクターでありセレブリティーであるエルトン・ジョン氏が作品を購入したそう。デザイン界やファッション界のみならず、アート界での彼の今後の展望が楽しみで仕方がない。

ジョナサン・ザワダ

自己紹介をお願いします。

ジョナサン・ザワダ。1981年オーストラリア・パース生まれ。シドニーを拠点にグラフィックデザイナーとして音楽、アートやファッションの分野で活躍。クライアントには、スビモジュラーレコードザ・プリセッツサーフェイストゥエアー(フランス)、シックスパック(フランス)、RVCAナイロン(アメリカ)、ローダウン(ドイツ)、トゥエンティ・ミリオン・フラグメンツガスブック(日本)、コカコーラやファンタなど。あらゆる表現手法を駆使しウェブデザインからイラストレーションまで手がけています。

scarf-2-650x650.jpg
Petit Mal! scarf

また、バックステージ・ファッション・コミック「Petit Mal!」を制作する TRU$T FUN!の3名いるメンバーのうちの一人でもあり、リバティオブロンドンやシドニーのPoepkeなど世界中で販売されているアクセサリーラインも手がけています。クライアントには、BMW、Vマガジン(ニューヨーク)、ブリティッシュ・ファッション・カウンシル、トップショップなどがあります。

parted-curtain-887x650.jpg
‘Glory Holes’ exhibition

また、デザインの仕事と平行して、ビジュアルアーティストとしても活動しています。シドニーのモンスター・チルドレン・ギャラリーでの個展の他、TRU$T FUN!として2009年に「グローリー・ホールズ」展を開催しました。オーストラリア国内や海外でグループ展にも参加しており、最近はロサンジェルスのプリズム・ギャラリーで、アメリカで初となる個展を開催しました。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ラ・フェリス
MoMA STORE