NIKE 公式オンラインストア

YUI ONODERA & CELER

PEOPLEText: Mariko Takei

国内外でサウンドデザインを手掛けるYui Onoderaとカリフォルニアを拠点にアンビエント/エクスペリメンタル・ミュージックの作品を多数手掛けるCelerが2年の年月をかけて制作したコラボレーションアルバム「ジェネリックシティ」が10月にリリースされた。それぞれの都市でフィールドレコーディングした音が織りなす“都市風景”を展開した今回初のコラボレーションで、日本初来日を果たすことになったCelerとYui Onoderaの、それぞれの活動の内容やコラボレーションについて語って頂いた。

Yui Onodera & Celer

まずそれぞれ自己紹介をお願い致します。

Yui Onodera (以下Y): 小野寺唯。1982年生まれ。東京在住。環境/空間から捉えた音の機能と関係性を主軸に据えたコンセプトのもと、フィールドレコーディングや電子音、器楽音による電子音楽作品を制作しています。

Celer (以下C): Celerのウィル・ロングです。トゥー・エイコンズといいうレーベルの運営も行ってます。

音楽に携わるようになったきっかけは何ですか?

Y: 高校生の頃から完全なロック少年で、もともとは音楽専門学校にてギターを学んでいたのですが、すぐに自身の作品としてその全てを掌握したいと考えるようになり、独学でコンピューターを用いた作曲を始めました。ちょうどラップトップミュージックと呼ばれる個人で制作される電子音楽が注目され始めた時期と重なっていたので、そのような時代背景にも大きく影響を受けているのかもしれません。

C: ミュージシャンになるための教育を受けたことはないですが、新しい表現の形として音楽に興味をもつようになりました。(Celerのもう1人のメンバーの)ダニエルと知り合った頃は、お互いにそれぞれ別の場所に住んでいたのですが、時々コミュニケーションをとるための唯一の方法が手紙だったんです。2005年にダニエルと2人で音楽を手掛けるようになり、それがお互いにとっての新しいコミュニケーションの方法になっていきました。音楽は2人にとってラブレターなんです。

これまでにどのような音楽活動をされていますか?または、どんな音楽を制作されていますか?それぞれの活動内容をご紹介下さい。

Y: エクスペリメンタル、アンビエント、エレクトロニカなどと呼ばれているシーンで、これまでに7枚のアルバムとEP、3インチをリリースしています。その他、国内外のレーベルコンピレーションや、アーティストとのコラボレーションにも数多く参加し、それと並行してイベントの企画・運営や舞台芸術のための作曲やWEBのサウンドデザインなども手掛けています。最近は家具デザインにも取り組んでいて、今年はデスクを制作しました。

C: Celerの音楽は全部、アナログとアコースティック楽器を使って制作します。そして、それをコンピュータで処理したり、昔のテープの機材を使って、音をループさせたテープをつくったりします。Celerという名前はもともとフランス語で‘隠す’という意味があり、それは本質的にこの作業の過程で僕たちが音でやっていることでもあるのです。その結果は、もともとの音からだいぶ‘隠された’ものになっているのです。自分たちのつくる音楽については、いつも‘アンビエント’音楽として分類していますが、それは、ただの‘背景音楽’というよりはもっとコンセプチュアルなアイデアを持ったものとしてですね。

Generic%20City.jpg
Yui Onodera & Celer “Generic City”

コラボレーションアルバム「ジェネリックシティ」が最近リリースされましたね。簡単に作品をご紹介下さい。また、3年前から取り組んでいた制作だったようですが、コラボレーションをするようになった経緯を教えて下さい。

Y: Celerの作品を聴いて、直感的に一緒に制作してみたいと思ったので、僕のほうから直接彼らにコンタクトを取りました。彼らも僕の作品を聴いてくれていたようで、お互いに共通する美意識みたいなものを感じていたので、2~3回のメールのやり取りを経て、すぐにコラボレーションは開始されました。コラボレーションの始まりは大体いつもこんな感じで、作品を聴いて直感的に何かビビッときて僕のほうから声を掛けることが多いです。恋人に出会うのと同じで打算的に接触するよりも直感のほうが遙かに良い結果が生まれます。

C:お互いの音楽を評価していたことからコラボレーションが決まったんだと思います。ダニエルと僕でCelerをはじめたときに、自分たちが気に入っていた音楽を手掛けるアーティストの1人がYui Onoderaでした。なので、彼とコンタクトをとるようになるのは自然なことでしたし、その頃から一緒にアルバムをつくろうと皆で話し合うようになりました。はじめは、どんなコラボレーションにするか明確なアイデアはなかったのですが、アルバム用に新しい音を収集して、素材を交換するようになってから、僕たち2つの異なる文化や周りのものをブレンドした‘都市風景’を再構築するというアイデアを思いつきました。Celerにとって、このアルバム制作がこれまでで一番長い時間を費やした作品となりました。驚く程細部までこだわり、ミックスするのに長時間をかけ、音に手を加え、最終的にはすごくいいものに仕上がりました。このアルバムに皆とても満足してますし、自分たちの意図しているものがよく出ていると思います。

活動拠点が日本とアメリカで離れていますが、制作はどのように行われたのでしょう?

Y: 今回の制作は基本的にサウンドファイルの交換によって行っています。最初にお互いの断片的な素材を交換しながら、少しずつ全体を形作ってゆく感じです。この様なインターネットを介したコラボレーションによって、過去の音楽家達には困難であったとされる作業プロセスを用いて新しい価値を生み出す可能性を探ることが出来るのは、社会を反映させた現代的なアプローチとしてとても刺激的な試みだと思っています。

C: コンピューターとフィールド・レコーダーを使ってたくさんの音を録音しました。それをそれぞれがメールで送り、リミックスし、ミックスし、全部をまとめました。長い時間を要しましたが、割と簡単な作業です。僕たちには音に取り組む十分な時間がありましたし、受け取った音は常に新しいものだったので、受け取る前にその音がどういったものなのかという前知識もありませんでした。それがとても刺激的で、じっくりと作業するだけの時間もあったので、音が独自のものを生み出していくのにまかせました。

%5BRADIANCE%5DYui%20Onodera%20%26%20The%20Beautiful%20Schizophonic.jpg
Yui Onodera & The Beautiful Schizophonic “RADIANCE”

それぞれの活動でも他のミュージシャンやサウンドアーティストとコラボレーションを行っているようですが、どんなアーティストとどんなコレボレーション作品を手掛けていますか?

Y: 去年はポルトガルのサウンドアーティストのザ・ビューティフル・スキツォフォニックとのコラボレーションアルバム「ラディアンス」がフランスのレーベルbasses frequencesyよりリリースされました。彼はこのシーンでは評価の高いCroicaというポルトガルのレーベルからのリリースで広く知られているアーティストで、電子音響でありながらもメランコリックで叙情的な音が特徴的です。コラボレーションアルバムでも互いを特徴づける要素がうまく溶け合っていて、どちらのソロ作品とも一味違う独特の作品に仕上がっています。

%5BMesoscaphe%5DMathieu%20Ruhlmann%20%2B%20Celer.jpg
Mathieu Ruhlmann + Celer “Mesoscaphe”

C: 他のアーティストでは唯一カナダのマシュー・ラフルマンとだけ一緒に作品を手掛けました。でも、このコラボレーションは、主題は異なるけど、今回のとすごく同じような感じの共同作品です。マシュー・ラフルマンとの最初のコラボレーション作品は、潜水艇の旅をベースにしたもので、潜水艦にいるような体験の再現を意図しています。2枚目のコラボレーションは、南アメリカからポリネシア諸島まで浮かんだ筏のコンティキ号の物語をベースにしています。これらのアルバムでは、全てのフィールド・レコーディングの背景と、旅を再現するのに、水が主要な素材となっています。今後は他のミュージシャンとも一緒に制作ができればと思っています。現在は、日本人アーティストのミコ(PLOP)とソロでコラボレーション作品を手掛けていますし、Yuiとも一緒に制作するかもしれません。

%2BLUS%232-w468.jpg
+LUS

ライブパフォーマンス、アルバム制作などの他にもアート活動など何か特に取り組んでいることがあったら教えて下さい。

Y: 去年より、音や映像、プロダクトから空間まで、メディアを問わない多岐にわたるデザイン領域を等価に捉えたミクスドメディアとしての表現というのをコンセプトとした、+LUSというアートグループを組織して、サウンドインスタレーションにも取り組んでいます。今年の2月に最初のインスタレーションを東京で発表しました。メンバーはそれぞれ個人での活動も並行して行っているので、なかなか全員で集まるのが難しいのですが、今後もプロジェクト毎に組織的な活動を展開させてゆくつもりです。

C: ただ純粋にアルバムリリースのプロセスとして、たいてい毎日、アルバム制作の作業をおこなっています。でも、写真も好きで、古い写真の復元にもたくさん時間を費やしています。写真は新しいのもあるし、古いのもありますが、最終的には、自分のレーベルから写真集を出版したいと思ってます。あと、古い8ミリ映像の修復や、詩の転写、ノートから書き写しなどもやりますね。現在は、日中の仕事がないので、こうしたことで自分の時間を費やし、起きているときは、アーティスティックなことや音楽のマネージメント関連のことをやってます。

制作する上で何がインスピレーションとなっていますか?

Y: 普段から映画や文学、写真や絵画などを含めた現代アート、建築やインテリアなどあらゆるものに興味を持って接しているので、一体何から直接インスピレーションを受けているのか自分でもはっきりと特定出来ないのですが、無意識的な深層心理の部分でそのような多くの経験(体験)が音楽に反映されていると思っています。

C: Celerのインスピレーションとなっているものは愛と、僕たちのまわりにあるあらゆるそういった感情に当てはまるものでした。Yui Onoderaとのコラボレーションでさえ、その中にたくさんのアイデアがあり、それが家の心地よさや心地悪さ、日々まわりにあるもの、毎日歩いたストリートなどにかかわってきます。過去を思いおこして、アルバムを聴くと、同じ場所にこれ以上いたくない、全ての音が違ったものに思え、今でもとてもノスタルジックな気持ちになります。でも、愛などの感情や過去のインスピレーションはまだ覚えています。

普段はどのような音楽を聴きますか?好きなミュージシャンやアーティストを教えて下さい。

Y: 基本的に時代やジャンルに関係なく、何でも聴くようにしています。現代音楽からジャズ、ロック、電子音楽までいろいろな種類の音楽を聴いてそれらの文脈を理解してからでないと、いま自分が何を制作すべきなのか決められないので。
ここ数年はヒップホップの熱心なリスナーで、プレフューズ73やフライング・ロータス、ノーバディやアンチコンレーベル関係のものをよく聴いています。

C: いろんな音楽を聴きますが、主にエクスペリメンタルなものが多いかな。最近よく聴くのは、一ノ瀬響、テ-リ・テムリッツ、ステファン・マシュー、いろのみ、オリヴィア・トレマー・コントロール、ゴールドムンド、キャット・パワー、ルオモ、DJピーキー、ディック・アネガルン、オピトープ、スティーヴ・ライヒなどです。

Live%20at%20Iwate%20Museum%20Of%20Art%232.jpg
Live at Iwate Museum Of Art

それぞれに活動拠点に関する質問をお聞きします。小野寺さんの活動拠点は日本でしょうか?日本と海外と比べて活動内容は異なりますか?また、海外の反響はいかがですか?

住んでいるのが東京なので活動拠点はやはり日本ということになるのですが、私の作品の殆どが海外からのリリースなので、日本よりも海外での反響が大きいように感じています。ライブやインスタレーションなどの直接的なアプローチによって、日本でももっと多くの方々に興味を持っていただける努力を継続してゆきたいと考えています。

Celerにお聞きします。カリフォルニアを拠点にされているそうですが、そこでのアンビエントやエクスペリメンタル音楽シーンについて教えて下さい。また、日本の音楽シーンについてどう思いますか?

ずっとロサンゼルスを拠点にしていたのですが、ダニエルが亡くなってから1年くらいは、家を持たず点々としていました。次にどこへいくか決めてませんが、少ししたら決まるかなと思ってます。ロサンゼルスの音楽シーンはいいですよ。でも、アメリカでは、リスナーがあちこち遠くに散らばっているので、パフォーマンスするのは難しいですね。いい音楽やアーティストをサポートする人が大勢いるので、音楽はなくなることなく継続しています。

celer%20live.jpg
Celer, live view

個人的に、日本の音楽は大好きですし、現在のところ極めてオリジナルな音楽のひとつなのではないかと思っています。日本人アーティストの音楽はよく聴きますし、いろんなスタイルを楽しんでます。独創的で、この手の音楽を楽しむにはとても大切な優れた特性を持ち合わせていますね。あと、日本はCelerの音楽の強力なサポーターでもありますし、他の国と比べると、日本にいるたくさんのリスナーが僕たちの音楽をとてもよく理解してくれていると感じてます。日本でのサポートはアメリカのよりも大きいですから。アメリカでは新しい音楽が取り上げられるのがゆっくりですが、いろんな方法のサポートは同様に受けていますよ。

第2弾のコラボレーションの予定はありますか?

Y: 実は既にセカンドコラボレーションを開始しています。しかし二人共個人の活動が忙しくてなかなか進んでいないのが現状です。Celerとのコラボレーションは自分にとって新しい試みにチャレンジ出来る非常に有意義なものだと思っているので、焦らずにお互いマイペースで、納得がゆくまでじっくりと時間を掛けて制作を継続させてゆければと思っています。

C: セカンドアルバムに向けてたくさんの素材を収集しましたが、2009年7月にダニエルが亡くなったことで、全ての制作が停止したのです。僕たちのコラボレーションのファーストアルバム「ジェネリックシティ」がリリースされ、僕とYuiが素材に戻る機会を持ち、きっと特別なものとなる新しいアルバムにまとめられたらいいなと思ってます。セカンドのいくつかの曲は、ダニエルがつくったものでもあり、とても重要でもあり、それは彼女がアルバムの一部としてしっかりと存在していて、それはこれからもそうであると思っています。

今後のご予定をそれぞれ教えて下さい。

Y: 現在、ザ・ビューティフル・スキツォフォニックとのセカンドコラボレーションアルバムの制作に取り組んでいます。これは早ければ来年中にリリース出来ると思います。また、幾つかの海外レーベルよりソロアルバムリリースのオファーを頂いており、その制作も並行して行っていますが、その為の時間がなかなか確保出来ていないので、こちらはもう少し時間が掛かりそうです。今後は商業空間のサウンドブランディングやサウンドスケープデザインなど公共空間のためのサウンドデザインを通じて、具体性を伴った社会的貢献を目的とした活動にも取り組んでゆきたいと考えています。このインタビューを通じてより多くの方々と素敵な出会いがあればと思っています。

C: 11月21日から一週間日本へ行き、Yuiといっしょにパフォーマンスを行う予定です。あと、コリー・フラーとオピトープとの演奏の予定もあります。日本にいるたくさんの友人とついに会えるし、アルバムのリリースに向けた演奏もあり、日本へ行くのがとても楽しみです。日本から帰国したら、Celerの未発表アルバムのリリースに取り組み、自分のレーベルのリリースも手掛けていきたいと思ってます。レーベルのセカンドリリースは、日本人のデュオ、イル・グランデ・シレンツィオのデビューアルバムになる予定です。

Yui Onodera & Celerが東京で開催される2つのライブイベントにゲスト出演予定。11月27日のloop-lineでのイベントにはCelerはソロとしても出演を予定している。

「moire」
日時:2010年11月23日(祝)18:00開場/19:00開演
会場:Super Deluxe
出演:Machinefabriek / Liondialer (Greg Haines & Danny Saul) / Wink (Jan Kleefstra & Romke Kleefstra & Chris Bakker) / Yui Onodera & Celer (visual : Yuki Izumi (exportion))
チケット:前売3,000円/当日3,500円(ドリンク代別)
企画制作:CMFLG
http://www.cmflg.com

「Cuatro Jugones vol.1」
日時:2010年 11月 27日(土)18:00開場/18:30開演
会場:loop-line
出演:ono osamu / Tomoyasu Takanishi (a.k.a. FLOWER TRIANGLE) / naph / Celer (solo) / Yui Onodera & Celer + Junji Koyanagi
チケット:1,500円(ドリンク代別)
問い:ambiencephono
http://ambiencephono.com

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE