ルカ・イェティ・バタグリア

PEOPLEText: Yukiko Oyama

ルカ・イェティ・バタグリアという風変わりなミドルネームを見た瞬間、きっと彼は面白い人物に違いないと思った。彼の作品からは、アナーキーでパンクなスピリットが伝わってくると同時に、描かれた題材一つ一つが持つであろう奥深い何かを感じた。カラス、オオカミ、六芒星、幾何学形等、百科事典の挿絵を彷彿させるそれらの謎めいたシンボルたちは、彼が描き出す世界を読み解く「カギ」なのだろう。彼の作品の背後にあるメッセージを解読すべく、インタビューを依頼した。

ルカ・イェティ・バタグリア
Photo: Cecilia Bianchi

まず、ルカ・“イェティ”・バタグリア(Luca “Yety” Battaglia)というとても面白いミドルネームについて聞かせて下さい。「イェティ (Yety)」は「雪男」という意味ですが、自分でこの名前を付けたのですか?それはなぜですか?

「Yety」という名前は、私自身が初めて自主制作したファンジン「Yety Society Threat」のタイトルに由来するものです。それはパンク、ハードコア、メタル音楽、ナイトスケーティング、スクワッター・カルチャー(廃墟に住みついたアナーキストたちが作り上げたムーブメント)、野生動物、斧、角、飲むことや笑えることについて扱ったものでした。また、私は以前に洞窟に住んでいたことがあり、自分自身が雪男のような生活をしていたという理由も関係しています。ですが、このニックネームはストリート・アートやタギングネームといったものではありません。

vulpes.jpg

では、バックグラウンドを含め簡単に自己紹介をお願いします。

私は両親が建築家である家庭で育ったため、自然と幾何学的、建築的構造に感心を持つようになりました。それらは今、私の作品において不可欠な要素となっています。また両親はイラストレーション作品がいかに面白いものであるかを教えてくれました。それ以外にも建築学、解剖学、数学、古代東洋の工芸品、また密教や多神教のシンボル等からも強い影響を受けています。特に、素晴らしい技術を持った職人作品にはいつも魅せられています。彼らがどのような手法で、一貫した高い技術作品を作れるのということを研究するのは非常に興味深いものです。その他にも、イラストレーションやコンセプチュアルといった現代美術にも非常に感心があります。

ここ数年間、自身が聴き、演奏する音楽が持つビジュアル的要素に非常に魅せられています。そのため、 自分のバンド、また他のバンドのアルバムカバー、ポスター、Tシャツ等をシルクスクリーンのテクニックを用いて制作し始めました。また、最近自分アート作品制作と音楽活動の間にある関係性が明確になり、音楽から得たインスピレーションを元にイラストレーション作品を制作しようと試みています。
最後になりましたが、私は海を眺め、そして死について空想にふけることが好きです。そして私の頭の中には混沌と秩序が共存しているのです。

equilibrio.jpg

多くの作品は白と黒の二色で描かれていますが、それに特別な意味はあるのでしょうか?また、新しい作品では色を用いたものがありますが、何か理由があるのでしょうか?

私の白と黒に対する偏愛ともいえる強い色へのこだわりは、ドイツの印象派、80年代のハードコア音楽のフライヤー、ロシア人犯罪者達の刺青、古い百科事典の挿絵といったものから影響を受けています。白と黒は太く際立った線や形を描き出すことができますし、それによって私の作品をより力強く、印象的なものにしてくれます。また、私が頭の中でイメージを膨らませるとき、そのイメージはいつも白と黒の単色なので、他の色は使いません。このスタイルを変えてはいないものの、最近は水彩やアクリル絵の具を使ってペインティング作品を制作したりと新しい実験を試みています。

2.JPG

制作過程について教えて下さい。

私の全ての作品にはストーリーがあるので、作品を通していかにそれを伝えることができるかを模索しています。まず、自分自身が読んだ本や、見たものの中から興味を持ったことについて想像を膨らませ、その後自分のフィルターを通して頭の中で整理していきます。そして作品に対するアイディアがひらめき、それが強いコンセプトになったとき、写真やシンボル、形などのリサーチを始めます。またコンセプトをさらに発展させるために、それらに関連する写真を探します。このイメージを発展させる過程がもっとも難しく、時間がかかります。

nigredo.jpg

作品で描かれているモチーフは非常に変わった面白いものですね。シカ、オオカミ、スカルや有機的なモノ、また幾何学的、象徴的な形やパターンなどが作品の中で描かれていますが、それらの題材を用いる何か特別な理由や共通するテーマなどがあるのでしょうか?

私にとっては有機的な形も、幾何学的な形も違いはないと思っています。それらは見た目には異なりますが、ともに自然物であり鉱物、同じ形状の細胞が集まった群であったり、木々の化学構造といったものから成り立っているのです。そしてその構造は驚くほど複雑な幾何学形をしています。また、私が動物を題材として用いる理由としては、各動物が持つ特別な意味、それらにまつわる興味深い物語によるものです。「Onniscienza」という作品でカラスを描きましたが、それはカラスという動物が鎮金術において腐敗を意味するものだったからです。(それはNigredoと呼ばれます。)

どんなものや、場所からインスピレーションを受けますか?

古い街を散歩しながら家々の玄関細部を眺めている時や、墓地で葬祭に関する建築物を見ている時にインスピレーションを受けます。また伝説、民俗学者、異教徒の宗教儀式や科学的発見に関する本を読んでいる際に、アイディアが湧いてきます。

バンドでドラムを演奏されているとのことですが、音楽活動とアート作品制作は互いに影響を与え合っていると思いますか?(音楽活動は作品制作にインスピレーションを与えていますか?)

「Vulturum」というバンドでドラマーをしているのですが、バンドのビジュアル制作はいつも楽しんでやっています。 音楽はいつも私の気分を上げてくれるものなんです。ですが、音楽活動と、(アート)作品制作することについては、別々のものとして取り組みたいと思っています。

6.jpg

最近の作品では、三角形のキャンバスに描いたり、ダンボール箱を積み重ねたものをキャンバスにしてライブペインティングを行ったりしていますが、それらは新しいスタイルなのでしょうか?

三つの三角形のキャンバス作品は、新しい作品に関するちょっとしたプレビューのようなものでした。ライブペインティングは私の普段のスタイルではないのですが、依頼されたのでやりました。とても楽しかったです。

3may_6.jpg

今後の予定を教えて下さい。展覧会の予定等はありますか?

11月から始まる展覧会に向けて準備をしている最中です。この展覧会は「三人の物乞い」がコンセプトとなっています。そうですね、将来については、、、今まで以上に作品作りに真剣に取組み、一つ一つ丹念に作り上げて行きたいと思っています。またフリーランスのイラストレーター、グラフィック・デザイナーとしては、ファッション・ブランドや出版社とコラボレーションをしていきたいと考えています。

Luca Yety Battaglia “THE THREE BEGGARS”
会期:2010年11月3日〜12月3日
時間:14:00〜20:00(日・月曜休み)
オープニングパーティ:11月3日 19:00〜
会場:TIK TAK TA2 (Tattoo Studio / Art Gallery)
住所:via Ariberto 4/B, Cantù (CO), Italy
TEL:+39 031 4132686
tiktakta2@gmail.com
http://www.yety.org

Text: Yukiko Oyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE