現代エネルギー — イタリアの姿勢

HAPPENINGText: Chelsea Young

現代エネルギー — イタリアの姿勢

第二回テルナ賞とガルッツォ・ヴィジュアル・アート協会が上海に招聘され「現代エネルギー」をテーマの中心としたイタリア人アーティストのエキシビションが開催された。当初、理想郷というテーマは実体のないものにも感じられたが、28人のアーティストによる慎重な推論を経て、最終的には合理的な輝きを放つに至った。

06052010857.jpg
フランチェスコ・シメティ、二年連続の最優秀賞、コンピュータ・グラフィック、厚紙印刷、90×80cm

第二回テルナ賞の最優秀賞受賞の栄誉を手にしたのはフランチェスコ・シメティの作品であった。フランチェスコはコンテストのテーマである「エネルギー:人類=未来:環境—新しい美学のための調和」の中に示される意図について、深い考察と詳細な調査を行った。フランチェスコの作品、「エクササイズ#2」は、さまざまな場面を編集した小型のヴィジュアル百科事典の形をとった。作品内に使われる場面は発展する中国の要素を抜き出したもので、三角形や四角形の画像で表されている。フランチェスコの作品は点線でバランスよく繋ぎ合わされており、環境に配慮した発展のみによって人類と自然が互いに関わり合えることを表している。

06052010862.jpg
リカルド・ プレヴィディ、「ピューリッツァーのニューヨーク」、2008年、壁掛け式インスタレーション、紙/プレキシガラス製、40×82×4cm、 フランチェスカ・ミニニ・ギャラリー提供、「特大アコナ・ビコンビ」、2005、インクジェット紙、167×100cm、フランチェスカ・ミニニ・ギャラリー提供

フランチェスカ・ミニニ・ギャラリーから提供されたほとんどの作品は一見の価値があるが、このまるで子供用の組み立てセットのような独特な形の構造体は理想郷に建てられた未来的な建造物を思い起こさせる。この作品を通して、リカルド・ プレヴィディは1960年代から70年代の発展、建築、そしてアートに対する自分自身の視点を表現した。

06052010866.jpg
ニコラ・トフォリニ「障害の度合いに関連して量は変化する」、2009年、様々な素材、30×160×10cm、2009年の展示「量は制御された成長と変化に一致する」関連のノートより、黒インクの手描きスケッチ、カラータイプ:0.05/0.1、モレスキン・ノートブック、14.8×18cm

壁上に展開するインスタレーション・アートを語る上でニコラ・トフォリニの「作物栽培ケース」を無視する事はできない。「作物栽培ケース」は同時に展示され、それぞれに自立したエネルギー源を持つ、ふたつの作物栽培ケースから成る。それぞれのケースに活力を与えるエネルギー源は外部からの人工的なものであり、そのエネルギーは、植物が直接吸収できる光線へとエネルギーを変換するソーラーパネルによって吸収される。歪みを通して形成される光スペクトル(ひとつのケースは青、もう片方は赤色だ)は違った環境で栽培される2組の植物の成長に影響を及ぼす。ニコラのインスタレーションはこのようにして自然と栽培のれっきとしたかかわりを確立する。

06052010870.jpg
サベリオ・トダーロ、「放浪者道」、2010年、ポリウレタン、石膏、紙、樹脂、木、75×185×65cm

遠く離れているにも関わらず、イタリアのアーティストたちは作品制作の上で中国の伝統文化に大きな影響を受けた。影響を受けたアーティストの一人、サベリオ・トダーロの作品は、中国の竹製帽子をかぶった旅人の模型を使って構成され、サベリオの人生哲学を表現している。見知らぬ土地と別れが放浪者の運命だ。放浪者には決まった住所はなく、路上が彼らの故郷だ。それゆえ放浪者は、自立し、賢明であるために、安全な寝床を確保するために、善良な人々とのみ関係を持つために、自分のみを頼りに成長する必要がある。そのような訳で放浪者は健康であり、何の妨害にもあわずに旅に出ることができる。サベリオのインスタレーションは中国哲学書の最高傑作である易経に捧げられた。1千年前に制作された易経は、現代生命化学の到来まで、因果関係に基づく西洋の科学原理を根本的に脅かすものであった。西洋の人々は甲骨という文化を理解しようと何度も挑戦してきたが、その理解方法においても常に西洋の考え方と論理をよりどころとしてきた。しかしながら、皮肉にも、易経は唯一実現可能な理想郷であり、偶然の一致の論理とモーメント理論に基づいている。したがって我々の存在を確認しうる唯一の規範なのだ。

06052010875.jpg
アンドレア・アクィランティ、「水」、二等賞、オーディオ・ヴィジュアル・インスタレーション、ローマのアパルトギャラリー提供

展示の第2セクションは映像作品が中心になっている。第2セクションに足を踏み入れるや水滴の落ちる心地よい音が耳に入ってくる。アンドレア・アクィランティのオーディオ・ヴィジュアル・インスタレーションだ。アンドレアの作品は第二回テルナ賞の二等賞も受賞している。アンドレアの作品は水漏れをしている屋根を屋内に再現する。水は地面ではなく床の上に立つ9つの容器の中に落ちる。落ちる水滴は今にも溢れそうな水面に波紋をつくりだす。部屋の半分に照明があたり、残りの半分は暗闇だ。つまり容器の置かれている場所だけが一筋の光で照らされている。光源と容器の間に人が入れば容器は色を失う。まるで時と共に色が薄れるかのように。アンドレアの作品はさまざまな階層で解釈することができる。その中のひとつに、水を集めるなどのシンプルな手段を使って天然資源の再利用をしてほしいという、人々への訴えがある。

06052010872.jpg
フィリッポ・チェンテナリ、「物の語る場所」、2009、ヴィジュアル・インスタレーション、作品サイズ可変

もうひとつのコーナーでは、衣類、ぼろ切れ、そしてベッド・シーツなど、日常生活の中にありふれた物が高くつり下げられている。アーティストのフィリッポ・チェンテナリは壮大な建築物など都市の不変な物事のイメージを撮影し、ベッド・シーツなどの常に変わり続ける、不安定な日常生活用品の上に映し出した。永遠と衰退は向かい合わせだ。フィリッポのデザインを通して、世界はより人間らしさを増し、その美は家庭の中に表現される。

06052010882.jpg
フランチェスコ・ジョディチェ、「水の物語」、2008、映像、4分16秒

フィリッポの作品に加えて、もうひとつ繰り返し上映された映像作品がある。「水の物語」はカザフスタンにあるアラブ湖で撮影された短編映画であり、国連がサポートする「ストーリーズ・オン・ヒューマンライツ(人権についての物語)」映画祭に出品された。短いとはいえ非常に優れた作品であり、1950年代のソビエト政権下において、数千万の人々の生活を支えてきた巨大な塩水湖がどのようにしてほとんど干上がってしまったのか、史上最も悲劇的な人災のひとつとして数えられる出来事について詳細に物語っている。特に有意義なのは、塩水湖がある地区に留まり続けた人々の勇気と決意、そしてその人々が自らのルーツや文化の破壊を目の当たりにして、その破壊にどのように立ち向かい、喜びと悲しみの中でこの理想郷を信じ続けたかを、この短編映画がはっきりとありのままに映し出していることだ。

この「現代エネルギー」をテーマにした展示では、豊かで変化に富んだ表現や技術に触れられただけではなく、展示のテーマと、作品に対するアーティストたちのインスピレーションを通じて人類の未来と環境保護について考えさせられた。「環境保護」をさまざまな方法でサポートすると同時に、私たちは「低炭素な生活スタイル」についての机上の空論を安易に繰り広げるだけではなく、私たちが現在直面している資源の危機について静かに真剣に向き合う必要があるだろう。

現代エネルギー — イタリアの姿勢
会期:2010年6月3日〜7月11日
開館時間:火曜〜木曜 9:00〜17:00(金曜〜日曜は18:00まで)
休館日:月曜(祝日を除く)
会場:上海市上海市規画展示館
住所:上海市人民大道100号
http://www.supec.org

Text: Chelsea Young
Translation: Kazuyuki Yoshimura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE