第19回ARTEBA

HAPPENINGText: Mami Goda

南米モダン・コンテンポラリーアートにとって最も重要な祭典の一つであるのが毎年一回ブエノスアイレスで開催されるアートフェア「ArteBA」だ。今年で19回目を迎えるArteBAは、アルゼンチンは勿論のこと、スペイン、チリ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラなどのラテン諸国から、現代ラテンアートを代表する著名ギャラリーが数多く参加している。6月25日から29日までというわずか5日間の短いフェアだが、欧米のアートにも負けない近代美術のクオリティーの高さと再確認し、さらに若手アーティストによる現在進行形のエネルギッシュな現代アートを発見する重要な場となっている。

今年のアーモリーショーに参加し注目を浴びたアルゼンチンを代表する現代造形作家のマルタ・ミヌヒンの作品が今年もまた目立っていた。二人のギャラリスト、ロレト・アレナとロクサナ・オリビエリの共同プロジェクト内で展示された作品。まずマットレスの生地を切ってテープ状にし、蛍光色に塗ってから240x480cmの巨大なキャンバスに貼り付け画面を埋め尽くす。蛍光色の織り成す光の分散効果は、画面に向かって意図的に当てられたプロジェクターの光の動きとの相互作用で観客の視覚にインパクトを与えていた。

ロルディ・アルテ・コンテンポラネオは、2009年に高田賢三の個展を開いて話題になったが、フェアでもやはり中央の壁に飾られ一際存在感を放っていたのは高田賢三の作品だった。アンティークの着物や日本的なデッサンを組み合わせたコラージュ作品。

アルゼンチンを代表するルス・ベンサカール・ギャラリーは、アルゼンチンを代表する現代アートギャラリーと言ってしまっても過言ではない。スパゲッティ・ベンチで知られるパブロ・レイノッソの鍬シリーズやレオ・チアチョとダニエル・ヒアノネによるラテンアメリカ独特の色使いが特徴的な刺繍によるテクスタイルアートなど、自然素材を使った洗練された作品が並んでいる。

ブラジルのバロ・クルスギャラリーはアルゼンチンの異色の女性アーティスト、ニコラ・コンスタンティーニの写真作品を展示。またも肉体をテーマとした彼女ならではのグロテスクでバロック的な世界観を印象付けた。

他にもアルゼンチン美術史を代表する近現代の作品群が数々見られる。クロモシネチズムというコンセプトのもと、色彩の与えるリズムがさらにモーターの動きに乗ってダイナミズムを帯びるマルタ・ボトの1971年の作品や、ルイス・フェリペ・ノエの新作など、南米独特の豊かな色使いはもちろんのことアルゼンチンが誇る幾何学アートを代表する作品が数多くそろっていた。

展示会場に特別に設けられたインスタレーションはエドグアルド・ヒメネスによる作品。映画「セクソアナリシス」のために創作された猿をモチーフにしたインスタレーションは今回のアートフェアを活気付ける最大の魅力となっていた。

The 19th Edition of ArteBA Fair in Buenos Aires
会期:2010年6月25日〜29日
会場:La Rural
住所:Avenida Sarmiento 2704, Buenos Aires
Tel: +54 11 4816 8704
info@arteba.org
http://www.arteba.com

Text: Mami Goda
Photos: Mami Goda

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE