ロクシー・ペイン個展「機械装置」

HAPPENINGText: Ralph Yuu

ロクシー・ペインの中国での初個展。  

ロクシー・ペイン個展「機械装置」
Roxy Paine, PMU No.36, 2009 / Acrylic on linen / 106.68 x 151.13 x 11.43 cm

自然は、幾千年もの年月のなかでゆっくりと創造と繁殖を繰り返してきた。そして我々人間の生活空間となり、人の誕生や植物の成長といった日々のちいさな出来事を見守り、壮大で彩り豊かな風景を創ってきた。 人間の創造とはそもそもこうした自然の創造の恩恵を受けて生まれたものである。しかし人類の歴史の中では、自然の創造と人間の創造は全く別の種類のものなのだ。

以前ある若い彫刻家と一緒に、現代世界における自然物と人工物の関係について対話したことがある。人はいとも簡単に「人間と自然は同類のもの」という誤解に陥ってしまうのだ。我々の目は真実の一部分しか捉えきれないのである。2010年4月24日、上海のジェームス・コハンギャラリーで、アメリカ人アーティスト、ロクシー・ペインが「機械仕掛け」の個展をスタートさせた。この個展では様々な人工的/自然的メディアを介した作品が展示され、極めて象徴的なメタファーが表現されている。

004.jpg
Roxy Paine, Paint Dipper, 1997 / Steel frame, dipping tank, acrylic paint, computer, interface, relays, chair / 315 x 251.5 x 61 cm

彼の名を世に知らしめたのは、2009年にニューヨークメトロポリタン美術館の屋上に展示された、樹木を象った彫刻作品「Maelstrom」。自然の形と金属の色彩が伝統ある美術館の建築と融合し、現在と過去とがもつ異なる生命力を表現した。自然と人工との境界線に宿る生命力に、現代都市に生きる人々の姿が加わり、人工的な自然風景なる眺めを創りだしたのである。人間は、自然界の生物たちと直接話すことはできない。人工的にものを作り、それらをコンクリートの空間に配置することで、自然生物のほんとうの姿を不完全になぞるだけである。

003.jpg
Roxy Paine, 17441042010 A/B/C, 2010 / Acrylic on linen

今回の個展では彼の作品と、それを作るための機械が展示される。自然発生的な形やテクスチャーを作品にもたらすために、彼は複雑な機械装置を作るのである。独特のアクリルペイントとポリエチレンのプラスチックで作られた作品はまるで自然の鍾乳石のような形を成し、極めて自然な印象を与える。機械装置が短時間のうちに複雑で多様な形状を生み出すのだ。コンピューターによって制御されたロボットのようなこの機械は、自然の調和を備えた神秘的な芸術作品を創りだす。時に失敗作も生まれるが、それがまた科学技術時代の姿を反映するのである。自然界にはこの作品に似たことが起こる。地質、水や湿度、土壌、温度、そしてその他の様々な要素が長い時間をかけながら絡み合って、そして幾多の生物の進化や成長をもたらすのだ。同時に自然界の不規則性や不確定性がたくさんの偶然を生み、多種多様な形へと昇華する。ロクシー・ペインと彼のハイテクな機械装置は、コンピューターの制御によってこうした状況を作り出し、さまざまな形の彫刻作品を生み出すのである。我々はひとつひとつに異なる彫刻の中に、現代人の視野に宿ったちいさな自然の創造を見る。人間は、様々な疑問を持ち、問い、答えを探すために人工物を創造することをやめられない生物なのだ。

006.jpg
Roxy Paine, SCUMAK No.2, 1998-2001 / Low density polyethylene

18世紀に西洋で始まった産業革命以来、工業は世界の最も重要な関心事となり、現代生活のニーズの基礎となった。ロクシー・ペインによる人工的にアート作品を作り出す機械装置「SCUMAK No.2」。コンピューターに制御されたこの機械装置で生産された彫刻が並べられている様は、まるで工場のラインである。彼の作品は支配からの脱却を表現している。工業製品より不確かな、これらの彫刻作品。ベルギーの著名な現代美術家、ウィム・デルヴォイの機械作品「クロアカ」は、人間の消化器官を模した装置の中に食物を投入し、排泄物を製造するというインスタレーションだが、ロクシー・ペインの作品にもこれに通ずるものを感じる。彼の作品は現代美術であると同時に美術を覆すものでもある。どんなに我々の想像を超える美術作品があったとしても、それを作った美術家自身は常に人工物の支配下にあるということを物語るのだ。

002.jpg
Roxy Paine, SCUMAK, 2008 / Low density polyethylene

人は自然界の中ではあまりに小さい存在である。たとえ人類全てをもってしても自然の前には太刀打ちできない。人間がどんなに緻密に計画しても自然をコントロールすることはできない。自然の不確定性から逃れることはできず、あらゆる科学者や、哲学者や、歴史家たちがいかに議論しようとも、自然は創造を続け、我々の予想を覆して行くのだ。ロクシー・ペインが投げかけるちいさなメタファーは、自然、人類、創造に関する我々の視野を広げる。この世界の変化を知ろうとする人類の探求心を駆り立て、問いや議論を生み続けてゆくだろう。

ロクシー・ペイン個展「機械装置」
会期:2010年4月24日〜6月13日
会場:ジェームス・コハンギャラリー
住所:上海市徐汇区岳阳路170号1弄1好楼1F
TEL:+86 21 5466 0825 x 602
http://www.jamescohan.com

Text: Ralph Yuu
Translation: Shiori Saito
Photos: James Cohan Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE