フセイン・チャラヤン

PEOPLEText: Wakana Kawahito

ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅。

HC_portrait.jpg
Photo: Chris Moore

トルコ・キプロス島出身のファッションデザイナー、フセイン・チャラヤンは、1994年に初めてのコレクションを行なってから、独特のアーティスティックなアプローチでファッション界に驚きを与え続けており、政治的、宗教的、社会的な問題に対する批評性やその物語性を編み出す改革的なデザインは国際的に高く評価されている。
さらには、ファッションだけにとどまらず、アート、建築、映像、科学などジャンルを横断した作品により、2001年イスタンブール・ビエンナーレや、2005年ヴェネツィア・ビエンナーレなどの国際展でも活動を行なっている。
現在、東京都現代美術館で開かれている個展、「フセイン・チャラヤン – ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅」で来日したフセイン・チャラヤンにお話を伺った。

昔は、パイロットや建築家になりたかったそうですね。あなたのアイディアを表現するのに、なぜファッションという手段を選んだのですか?

飛行機が大好きだったので、幼い頃は、パイロットになりたかったのです。というのも、ロンドンとトルコのキプロス島を飛行機で行き来していたからでしょう。ファッションをやろうと決めたのは、身体(ボディ)の周辺にとても関心があったからです。それはおそらく、身体はすべてのことに命と意味を与えるからでしょう。

たとえば、建物だって、身体というものがなければ、意味を持たないですし、服も身体がなければ意味がない。それは車にも当てはまります。また、すべての文化的なシンボルの根源は身体が基本となっていると感じます。つまり、身体の拡大化です。しかも、建物や車をデザインするとき、そのシステムは身体のそれに似ています。つまり、物事は中央に集まってくるのです。私たちは、無意識のうちに身体を拡張しているのでしょう。

ファッションデザイナーになろうと決めた当時、このようなことが理由だとは知りませんでした。しかし、心の奥底でこのような考えがあったから、ファッションをやるようになったんだ、と後で気がついたのです。そして、私が建築家になりたくなかったのは、もし建物の設計をしたとしても、洋服を通して表現される私のアイディアは神経中枢のようなものになると感じたからです。

幼い頃はパイロットになりたくて、両親は私に建築家になって欲しかったのですが、私にとってファッションはとても新しい表現の形だったのです。それは、身体の周りのものと服とのコンビネーションであり、いわば、私の世界をつくるものなのです。

3_Hussein_Chalayan_Spring_Summer_07_photo_Chris_Moore.jpg
One Hundred and Eleven, Spring/Summer 2007, photo: Chris Moore

身体(ボディ)の周りのことを表現するといえば、たとえば、彫刻もそうだと思います。ある意味、デザインとアートは近い部分とそうでない部分がありますよね。なぜ、ファッションデザインだったのですか? 

私は、デザインとアートは同じものだと思っています。というのも、デザイナーはアーティストと同じように、批判的思考を行なっているからです。私には、デザインと彫刻の違いはありません。強いていえば、デザインは使うことができるが、彫刻は使う必要がないということでしょうか。また、逆に言えば、たとえ彫刻は使うことはできても着ることができない。私はその二元性が好きです。着ることもできるし、部屋の壁に飾ることもできる。そのような多様性がいいと思います。

では、服をお店で売るのと、美術館で作品を展示するのと、どのような違いがありますか?

人々が楽しむために私の作品を美術館で見るのが好きです。そして、お店でその作品の“友達”を買うことができる。つまり、作品とお店にあるコレクションはつながっているのです。
先ほど言ったように、一つの作品を美術館で展示することもできるし、お店でも買うことができるというのが好きなんです。

1_Hussein_Chalayan_INERTIA_Spring_Summer2009_photo_Chris_Moore.jpg
INERTIA, Spring/Summer 2009, photo: Chris Moore

作品と売っている製品はつながっているのですね。では、あなたの作品のいくつかの要素をどのように産業としてのファッションに転換させているのでしょう?

美術館にある作品はモニュメント(指標)のようなものです。そのモニュメント(指標)の要素というのは、売っているコレクションの中にいつもあります。コレクションを着る人々は、ある意味、モニュメントの命を拡張していると言えましょう。

大抵、そのモニュメント(指標)が最初にきて、そこからデザインに入るのですか?

最初はアイディアです。モニュメントが最初にくるときもあるし、その逆もあります。コレクションによりけりです。

4_AirborneLED.jpg
Airborne, Autumn/Winter 2007, installation view at the Design Museum, photo: Luke Hayes

お気に入りのコレクションはありますか?

特にはありません。なぜならば、すべてのコレクションは違ったアイディアや意図や状況でつくられており、その時々によるベストの方法をとっているからです。
もし強いてあげるとすれば、チャドルのプロジェクト(《Between》1998春夏)は、イスラムの問題で社会が過敏になっている時期だったため、とても感情的で、大きなリスクを伴う挑戦的なコレクションでした。あとは、リビングルームのコレクション(《アフター・ワーズ》2000年秋冬)も服や形を変えるということではチャレンジングなプロジェクトでしたね。

2_Afterwards_2000_photo_Chris_Moore.jpg
After Words, Autumn/Winter 2000, photo: Chris Moore

どんなことに影響を受けますか?

人類学、地理的にどのように人々が動くのか、つまり移住ですね、あとはその時代の技術、哲学や科学の哲学、建築ではなく建築理論、その他一般的なカルチャーにまつわることです。

服と身体の関係についてどう考えますか?

服は人々に自信と力を与えてくれると思います。私が好きなのは、どのように人々が自分の身体をコントロールして、適応しようとするのか、また、ある特定の身体の部分を見せようとするのか、に関わることです。

7_K-HC_Manifest_Destiny_SS%202003_credit_Luke_Hayes.JPG
Manifest Destiny, Spring/Summer 2003, installation view at the Design Museum, photo: Luke Hayes

ファッションデザイナーとして、ファッションと他の表現方法をどのように関連づけていますか?

私自身、そのように呼ばれるのは好ましくないのですが、私が行なっているのは、“ファッションアート”などと言われることがあります。自分では、作品をアートだとかファッションだとかと分けて呼びたくないですし、名前を付ける必要もないと思っています。これはアイディアなのです。
ファッションデザイナーがドレスを作るとき、彼/彼女はアイディアがあります。そのアイディアを映像またはドレスにして表現しただけのことであり、元となるアイディアは一緒です。もし人々が私の映像を見たとすれば、それは私の服と同じ世界観なのです。さらには、映像の中でコレクションを発表することも、コレクションの中で映像を発表することもできるでしょう。

今回、東京都現代美術館で開催されている展覧会について教えてください。

オランダ、ドイツ、ロンドンで展示し、東京は4番目の場所です。展示されているのは、過去15年の作品から選ばれたもので、とても厳密に編集され、美的基準によってグループ化されています。たとえば一つの部屋には映像、一つの部屋には彫刻、また他の部屋にはドレス…というように。またたくさんのマネキンが空間に配置され、壁にペイントしていたり文字を書いていたりと、様々な動きを表現しています。

この展示は、ファッションデザイナーそしてアーティストとしてのフセイン・チャラヤンが余すところなく表現されている。15年におよぶ、ファッションデザイナーとしての革命的なコレクションの数々。また、これまであまり知られていない、映像作品や彫刻的な作品がアルファベット順に区切られた空間で見ることができる。フセイン・チャラヤンの豊かな創造性がいかんなく発揮された展覧会で、彼の世界に浸ってみてはいかがだろう。

フセイン・チャラヤン – ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅
会期:2010年4月3日(土)〜6月20日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 B2F
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし5月3日は開館、5月6日は休館)
観覧料:一般1,200円 / 大学生・専門学校生900円 / 中高生600円 / 小学生以下無料
住所:東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111(代表)
http://www.mot-art-museum.jp

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE