ボリス・ホペック

PEOPLEText: Mariko Takei

ボリス・ホペック「Ever展」

バルセロナを拠点に活躍するドイツ人アーティストボリス・ホペック。その代表作品のひとつでもある「Bimbo doll」は世界の様々な舞台へ登場し、そのかわいらしくもブラックユーモア溢れる作品を目にした人も多いだろう。DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、ボリス・ホペックによる日本初個展「Ever展」が4月21日から開催される。“西洋人がみる日本文化”をテーマに3シリーズの作品で構成した、ホペック独自の視点で切り取った作品が展開される。

ボリス・ホペック
Photo: Barbara Oizmud

自己紹介をお願いします。

ボリス・ホペック。ホルスト・ホペックとハイジ・ホペックの息子として1970年にドイツにあるクロイツタールという小さな村で生まれる。ほとんど学校へ通うことのなかったこの村のヒッピーコミュニティで生活し、まだ赤ちゃんだった頃に初めてマリファナを経験し、歩けるようになる前からパーティ、フェスティバル、コンサートなどに参加。ヒッピー第2世代として後に森で暮らすようになり、動物を狩猟したり、工作したりしてた11才の頃、また、まだ誰もコンピューターについて知識がない頃、自身初のコンピューター「コモドール V20」で両親をビックリさせた。

そんな生活をしていたある時、祖父母の本棚の中にブコウスキーの本を発見。トレーサー技師として訓練した工場では、よく本を読んだり、トイレに絵を描いたりしていました。1990年になるとグラフィティを、1994年には女の子と遊ぶように。へへ!10年以上、軍隊の登録令にちゃんと従うことなく、訓練所から復帰するのに数年かかった後、自分にとって最適なことが何かを発見。現在では、ほとんどコミュニケーションをとらないでいます。

bimbo-drawing.jpg

20年前からグラフィティワークを手掛けていたそうですが、そのきっかけを教えて下さい。またどこを拠点にどのような作品を手掛けていましたか?

グラフィティを始めた場所は、ドイツのジーゲンという地元の街で、初のストリートアート体験は6才の頃。濡れたメルセデスベンツの車体全体に新聞紙を貼付けたんだけど、乾いたらとてもいい具合に張り付いて、車の持ち主はとてもいい具合に怒ってた。写真を撮れば良かったな。

グラフィティをする前は、何年も写真をやっていて、他に映像やドローイングや工作などもやってましたよ。でもグラフィティを発見したときは、その手軽さにハマって。映像や雑誌みたいに、機材や人、時間や費用の心配が必要ないので。もちろん、お役所的なものでもないし、作品を持運ぶ必要もない。必要なのは、ペン、スプレー缶、チョークだけ。なので、大規模なプロジェクトに取り組むのは、自分が成長するまで延期することにしました。グラフィティは、実生活の中でリアルタイムにする勉強みたいなものですね。スタジオやギャラリーがストリートの壁で、歩行者が予期せぬアート評論家のように。

sofa-berlin.jpg

最近では、インスタレーション、ドローイング、写真、映像、雑誌制作など多岐に渡る活動をされてますね。グラフィティからそのように活動の幅を広げるようになった経緯を教えて下さい。

しばらく同じことやってたら、他のことやりたくなるのは普通じゃないかな。ペインティングに飽きて立体を制作するみたいに、アーティストにとっては自然のステップなんです。でも、どの素材でやるか少し時間がかかった。木や金属や石は好きじゃなかったので。そこで、外で見つけたソファーのカバーを剥いて、その布で立体作品をつくり始めたんです。

1sushi%20for%20ever.jpg

4月21日からDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの2階にて個展「Ever」を開催されますが、個展のコンセプトや内容を教えて下さい。また、個展は3つのセクションから構成するそうですが、それぞれの作品をご紹介頂けますか?

コンセプトはもったことないです。今回は、写真やドローイングと3つのインスタレーションを展示します。この展覧会のメインとなるインスタレーションに、天井からつり下げた、カラフルなスカートの下に覗く巨大なヴァギナの写真の展示を考えていたんだけど、日本政府の法律上検閲が難しいので、何か違うものになる予定。それでもいいんですよ、何か新しいものを考えるので。ハイライトとなる作品は、永遠に手をつなぐ、石こうでつくった2人の人がベッドの上に横たわっているインスタレーションになると思う。でも、もしその出来が悪かったら、他の素晴らしいインスタレーションと、写真、ドローイングを展示します。

2black%20sushi.jpg

今回の展覧会のテーマにもなっている、日本人の「変態プレイにはまる」感、というものについて、ご自身はどのように思いますか?また、全般的に日本についてどのような感想をお持ちですか?

日本へ行くのは初めてだから、この質問には日本へ行ってからの方がちゃんとした回答ができると思う。厳しい検閲ゆえの「変態プレイにはまる」セックス感なのか、「変態プレイにはまる」セックス感があるゆえの厳しい検閲が必要なのか、解明するのが楽しみだね。

今回の個展を開催する上で、影響を受けたことなどはありますか?

「変態プレイにはまるフェチ」と「スシ」。

lavagina2-magazine-cover-2009.jpg

これまでに「La Vagina」というアートの視点でセックスにフォーカスするマガジンを制作していますが、今回の展覧会で3号目を披露するそうですね。このマガジンについて簡単にご紹介下さい。また、今回の3号目でこだわった点があれば教えて下さい。

3年前に、ハンブルグのヘリウムカウボーイ・アートスペースで初めて個展をやって、写真を展示したんだけど、その時ギャラリーの人から展覧会のカタログをつくらないかと提案がありました。普通のカタログではつまらないと思って、ポルノ雑誌みたいなカタログをつくることにして、友人や大学にエッチな話を書いてもらったり、広告をつくってもらったりしました。昔からの夢がかない、安っぽいポルノ雑誌を自分で出版するようになったんです!3号目は、展覧会のカタログの役目も果たしますが、グラフィティ、建築、インスタレーションなどの内容も盛り込まれる予定。

pullover%20bimbo.jpgleo%20k.jpg

OPELのCMにも起用されている、ボリスのトレードマークでもある「Bimbo doll」は、どのようにして生まれたのですか?Bimbo dollには異なるキャラクターが存在しますか?

当時つきあっていた彼女のニックネームが“bimbo”といって、浮気相手に黒人女性がいた頃のゴタゴタしてた時に生まれました。僕は黒人文化が好きなんです。小さい頃からジャズやファンクを聞いて育ってきたからね。

他にも多数異なるキャラクターがあります。パンツをはいて目を閉じたキャラクターというのもあって、日本人に似てます。後にある日本人が“bimbo(ビンボー)”は日本語で「貧乏」を意味すると教えてくれました。

barby.jpg

インスピレーションは何から受けていますか?

人生。

バルセロナを拠点に活動していますが、その理由を教えて下さい。

サーフボードを担いでビーチまで歩き、何本か波に乗ってから作業を始めるというのが好きなんです。

今回、5月号のSHIFTカバーを手掛けて頂きありがとうございます!SHIFTカバーについてご紹介下さい。

出来上がってからのお楽しみ!
今後、やってみたいことはありますか?

のんびりしたいです。

ボリス・ホペック「Ever展」
会期: 2010年4月21日(水)〜7月12日(月)
時間:13:00〜20:00(不定休)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
キュレーター: Kimiko Mitani Woo / MW Company
http://www.diesel.co.jp/denimgallery

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE