大黒淳一「音の彫刻展」

HAPPENINGText: Mariko Takei

CAI02への地下への階段を降りてすぐに、心地よい鳥のさえずりが聞こえてくる。その鳥の鳴声に誘われるように向かった先は、3月6日よりCAI02で開催中の大黒淳一による「音の彫刻展」の展示空間だ。

junichioguroexhibit-komaki.jpg
Photo: Yoshisato Komaki

札幌を拠点に国内外で活躍するサウンドメディアアーティストの大黒氏は、今回自身初となる個展を開催し、人の耳には聞こえない周波数の音と、自身が制作した音を組合わせ、特殊なスピーカーを用いて、見えない音の線で空間を創りだすサウンドインスタレーションを披露している。

インスタレーションが展示されている空間は、3つの異なる展示要素で構成。まずは、低い周波数の振動音を使った作品2つ。天井から伸びる紐4本で繋がれているスピーカーの作品「Phase +/−」。振動音がスピーカーを通じ、縦に伸びる紐に伝わりわずかに振動しているのを見ることができる。そして、その「Phase +/−」の周りを囲むかのように両サイドに2つずつ展示されているのが、「Sound shadow」。その名の通り、音の振動が鏡に反響し、わずかに動く反射した光の影が壁に投影されるというもの。この2つの展示では、まるで音に生命が宿ったかのように、音の揺らぎを目にすることが出来る。

soundshadow-Komaki.jpg
Sound shadow. Photo: Yoshisato Komaki

そして、空間を構成するもう1つの展示は、特殊なスピーカーを使用し、レーザー光線のように音が線で発せられ音のカタチを感じることのできる作品「Sonic line」。フィールドレコーディングで撮ったやさしい鳥の鳴声が聴覚を刺激し、異空間へ誘うようなこの作品だ。特殊なスピーカーが埋め込まれた薄い四角いパネルが天井からぶら下がったもので、大黒氏自身が小樽やヨーロッパでフィールドレコーディングしたというミックス音がピンポイントで聴こえてくる。パネルの向きが変わることで音の到達点も移動し、更に見ている人の動きにより音の聞こえる場所も変化していくという作品だ。

junichi-oguro-exhibit2-Komaki.jpg
Photo: Yoshisato Komaki

これまでは、ライブやコンサートなど一時的な空間で音楽活動を発表してきた大黒氏。「音をカタチで表現する」という展覧会のアイディアは、長年温めてきたそうだ。こうした音楽活動の他に、CD制作やマルボロ、プレイステーション3などの海外CM音楽を手掛けるなど、コマーシャルワークも手掛けている。もともと、音に目覚めたのは、幼少時からという大黒氏は、幼稚園の頃から自らの意思でエレクトーンを習い、中学や高校ではバンドを組んで音楽活動をするなど、ずっと音楽と共に成長してきた。大黒氏の音との関わりについて、展覧会の準備中の大黒氏に少し話しを伺った。

海外CM音楽や、最近だと2009年北京オリンピックでのアディダス・アートプロジェクトの音楽制作など、どのようにして音楽の仕事に関わるようになったのですか?

1998年に「エアロステッチ」というオーディオビジュアルのテクノレーベルを立ち上げて以来、2003年のワンドットゼロでセレクトされるなど、オーディオビジュアル作品を手掛ける活動をするようになりました。映像を作るのと同時に音で何か付加価値をつけたいというのが自分の中にありました。この活動と同時に、音響振動計測器メーカーでサラリーマンとして10年程勤めていました。音楽制作と、音響の会社での仕事をすることで、対比したものとして2つの目線で音を見てきました。ワンドットゼロで作品が上映されたことがきっかけで依頼があり、サウンドデザインワークを始めるようになりました。

LIVE-Motohiro-Sunouchi.jpg
Opening Live Performance with Koss a.k.a Kuniyuki. Photo: Motohiro Sunouchi

映像や空間のサウンドデザイン、サウンドスケープ、メディアアート作品などを手掛けてますが、具体的にどのような活動をされているのですか?

空間のサウンドデザインに関しては、最近は、ビデオカメラに映る映像を音に変換したり、目に見える感覚をコンピューターのプログラミング上でアンビエントのような音で表現するというのをやっています。基本的には、空間の中で人と音であったり、自分自身がもっている感覚を音など客観的なものを通じて見る人に感じてもらいたいというのがあります。
サウンドスケープという部分では、海外行ってた時によくやっていたんですが、レコーダーを使って森の中や海などでフィールドレコーディングをして色んな音を録音していたのです。当時、北アイルランドのベルファストというところのレジデンスで2ヶ月程サウンドアートの作品制作をしていました。その時は、港の音や街の雑踏をミックス、再構築して、街の音風景、“サウンドスケープ”を作品として制作していました。

この春に新しいプロジェクト「43d」を始動するそうですね。どのようなプロジェクトですか?

まだベータ版なのですが、世界の各都市でフィールドレコーディングした音をネット上にアップできるサイトを作り、その音を使って世界の都市音をミックスして世界の音風景をつくろうというアンビエントレーベルプロジェクトです。プロジェクト名の「43d」は、札幌の緯度、北緯43°に由来しています。そのサイトに行くと、地球上の様々なエリアにある音の中から、自分で好きな音を選択してミックスできたりします。例えば、ニューヨークの雑踏とアマゾンの川のせせらぎがミックスされることで、自分が聴いたことのない音、新しい音楽の聞き方というものを提案できたり。このプロジェクトでは、サウンドスケープやアンビエントという要素を借りてインターネット技術を介した新しい音楽表現、新しい音楽の聞き方の提案を行い、そこからiPhoneアプリやCDというものにアウトプットしていこうと思っています。

今回、「音の彫刻展」で「耳で見る」空間を作り出した大黒氏。最近は、iTunesで配信する音楽のリリースをコンスタントにしていた中で、今春にリリース予定のテクノのコンピレーションアルバムにも参加しているそう。サウンドデザイン、サウンドスケープ、サウンドアートと、音を発信する側、受ける側に、新たな視野を広げる提案していく今後の活動にも注目したい。

大黒淳一「音の彫刻展」
会期:2010年3月6日(土)~24日(土)※まつりBAR開催に伴い24日まで開催延長!
時間:13:00〜23:00(日曜、祝日休館)
会場:CAI02 raum1
住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
TEL:011-802-6438
主催:CAI現代芸術研究所
協力:Tamagawa kasei Co., Ltd / TriState Co., Ltd / Sound Project Co., Ltd / 43d
http://cai-net.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE