長岡 勉

PEOPLEText: Mariko Takei

家具と建築を融合させた独自の空間を構築し、個性的なインナーランドスケープで注目される建築家・長岡勉によるインスタレーション展「Labyrinth of Woods」がDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの1Fショップにて2月10日より開催されている。「POINT」というユニットとしても活躍する長岡氏は、2007年に発表した「カエツキャニオン」で一躍注目を浴び、以後、2年連続してJCD(日本商環境設計家協会)の金賞を受賞するなど、現在多くの注目を集めている。人、モノ、空間をつなぐ楽しい風景を作り続けている長岡氏から今回のインスタレーションを始めとする活動内容について話を伺った。

kaetsucanyon.jpg

自己紹介をお願いします。

自己紹介ですか?では、極めて杓子定規にさせて頂きます(笑)。
東京都出身、今年40歳。趣味は緑と散歩とアクション映画評論。高校時代のヒーローはマイケルジョーダン。シカゴブルズが3連覇する前のまだチームとして完成していない頃にアメリカに1年留学していて、ジョーダンのポスターを壁に貼りまくって、バスケをしていました。下手でしたけど(笑)。長くなりそうなのでこの辺で…。

1999年に設立したユニット「POINT」について教えて下さい。

POINTは建築、インテリア、家具、プロダクト、グラフィック等を分け隔てのない一つの連続した環境と捉え、人とモノと空間の新しいまとまり、「新しい風景」を作りだしていくというテーマを元に活動しているデザイン事務所です。一つ一つの要素(点)を繋げて心地よい風景や、楽しい空間を作って行きたい、という思いから、そのはじめの点を大切にしたいという意味で、pointという事務所をつくりました。ちなみに、2010年から小文字のpointから社名を大文字のPOINTにしました。

2007年に発表し注目を集めることとなったインテリア作品「カエツキャニオン」や、2年連続JCD賞の金賞を受賞した、ジュエリーショップ「MUSVI」と小学校の付帯施設「ヤマコヤ」について簡単に解説して頂けますか?

kaetsucanyon.jpg
カエツキャニオン 2007

カエツキャニオンは、花小金井にある嘉悦大学の学生ラウンジスペースとして計画されています。既存の建物の1フロアの改修計画です。ここで大切にしたのは、まず横長の連相窓がフロア全体に繋がっていて、その窓辺に様々な形で学生の居場所をつくろうと考えました。その結果として様々な高さで地形のように入り組んだ全長40メートルの巨大な家具をつくりました。

musvi01.jpg
MUSVI 2008

MUSVIは、結婚指輪専門のジュエリーショップとして計画されました。限られたデザイナーが物語性のあるオリジナルの結婚指輪をつくるというショップのコンセプトがあったので、指輪を展示するショップというよりは、ギャラリーのような空間に一つ一つの指輪を作品のように並べる空間を提案しました。縁結びに掛けたショップの名称に合わせ、紐の結び方だけで空間が仕切られ、ひとつながりになる空間をつくりました。

yamakoya.jpg
ヤマコヤ 2009

ヤマコヤは、長野県に「みかんぐみ」が設計した小学校の図書室の一角につくられた、郷土資料コーナーです。子供たちに、あまり馴染みのない資料を単に展示するのではなく、子供たちが思わず入りたくなるようワクワクするような場所をまずつくり、そこにいくと傍らに郷土資料が置かれていることで、自然と子供の興味がわくような展示のしくみを考えました。その結果として、図書室の中に山のように盛り上がった小屋の家具をつくりました。

今回、DIESEL DENIM AOYAMAの1階ショップにてインスタレーション「Labyrinth of Woods」を展示するそうですね。その展示内容やコンセプトなどを教えて頂けますか?

ディーゼルというブランドが、作業着であるデニムに手を加えることでファッションアイテムをつくりだしているように、ベニヤというありふれた素材に手を加えることで、訪れた人がワクワクして奥へ奥へと入りたくなるような、非日常的なショップ空間をつくりました。

labyrinth_01%28low%29_A.JPG
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA ショップインスタレーション「Labyrinth of Woods」 Photo: T. Hiraga

Labyrinth of Woodsは天井に向けて広がるベニヤの柱がランダムに林立する迷宮のような空間です。上部で連結した柱は空間の高さを強調しながら、ショップの中に様々な場所をつくりだします。
また、柱が変型して、ものを置いたり掛けたりできる什器になっています。他にも、ステッチのような穴、所々に貼られたミラーなど、ベニヤに一手間をかけることで、遊び心のある楽しい空間が生まれます。

今回のインスタレーションを手がけるにあたり、特にこだわった点がありましたら教えて下さい。また、ショップ空間での展開ということで面白かった点や難しかった点などありましたら教えて下さい。

単なる空間インスタレーションにならず、ショップとしてどのような空間を作れるかという点はこだわりました。ショップ内の既存什器のボリュームがけっこう多く、存在感もあるので、インスタレーションと既存什器が独立した存在としてありながら、互いに関係性をもたせることで、それぞれのキャラが立つ商品の森のようなモノになれば良いと考えました。
具体的には、ラビリンスオブウッドによって作られた迷宮のような空間の骨格を場所毎で既存什器や商品に合わせて変形させていきました。床から立ち上がって枝のように腕を伸ばしたディスプレイテーブルや、天井から垂れ下がってきて既存什器の上にポンとのっているようなテーブル、枝分かれした部分にカバン等を掛けられるフックなど、場所毎にキャラを変えながら、既存什器と混ざりながら、商品をディスプレイしています。

labyrinth_06%28low%29_A.JPG
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA ショップインスタレーション「Labyrinth of Woods」 Photo: T. Hiraga

単に、什器との関係をつくるだけでは、ディーゼルというお店のエッジが効いた感じを出すのには物足りないので、空間の中心には、ラビリンスオブウッドが変形して、そのまま大きなシャンデリアになっています。
また、デニムのステッチからアイディアをもらって、ステッチのような穴の連続をベニヤに開けています。
ステッチの穴はベニヤにちょっとした遊び心をいれることで装飾的な意味合いもありますが、商品をぶら下げるためのキッカケもつくります。

あとこだわった点は、同じモノを見たり体験していても、行きと帰りで感じ方が異なる空間を目指しました。
正面から見ると、すべてベニヤで作られているように見えるのですが、ショップの奥から振り返ると、所々にミラーが貼られています。商品や壁のテクスチャ、遠くのパネルがミラーに映り込み、行きと帰りで異なった体験ができます。

labyrinth_03%28low%29_B.jpg
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA ショップインスタレーション「Labyrinth of Woods」 Photo: T. Hiraga

建築、インテリア、家具などのデザインなど、幅広く活動されていますが、すべての作品において一貫して展開しているアイデアなどありますか?理念などあれば教えて下さい。

なぜPOINTという事務所なのか、というところでも似たようなことをお答えしましたが、空間、人、モノがひとつながりになった豊かな風景をどうつくるのかということを考えています。
良い景色がある、心地の良い居場所がある、たのしい場所がある、といった素直な身体的な感覚に訴えるものをつくりたいと考えています。身体感覚は人それぞれな異なる部分もありますが、根底に流れる共通した部分もあります。そうした感覚をクライアントと共にプロジェクト毎に一緒になって考えていくというプロセスは共通しています。
プロジェクト毎に途中のプロセスでは色々考えますが、最後は、あまり難しく考えずに、そうした素直な感覚がどれだけ様々な人と共有できるか?楽しんでもらえるか?ということが大切だと思っています。

クリエイター集団のシェアオフィス「co-lab」の共同運営に携わっているそうですが、「co-lab」について教えて下さい。また、長岡さんはどのような活動をされているのですか?

co-labはインディペンデントな様々なジャンルのクリエイターが集まったシェアオフィスです。シェアオフィスとして場所を共有しながらも、co-lab全体としては、プロジェクトに応じて様々なジャンルのクリエイターが共同してソリューションを出せるクリエイティブシンクタンクとしての機能をもっています。co-labの運営代表は田中陽明さんで、私は運営者の一人としてco-labという場所の空間デザインを担当したり、クリエイター同士がコミュニケーションをとれるようなイベントを企画したりしています。平たく言うと宴会部長的な役割です(笑)。

labyrinth_04%28low%29_A.JPG
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA ショップインスタレーション「Labyrinth of Woods」 Photo: T. Hiraga

影響を受けたアーティストやデザイナー、作品、音楽、事柄などありますか?

建築家だと興味があるのは、バラガン、アスプルンド、吉村順三といった人たちです。僕の興味がある風景の造り方と居場所のつくり方という意味では、本当に多くのことを気付かせてくれる凄い人たちだと思います。

今後やってみたいことはありますか?

良い景色とはどのように作られていくのか?同時に心地の良い居場所はどのように作られて行くのか?ということに興味があるので、最近は植物や庭に興味があります。景色と居場所の関係を有機的につくれるという意味で広い庭がある住宅は設計したいです。
あとは、日本のパブリックスペースには心地の良い居場所が少ないと感じるので、そうした場所をコヤシリーズのようなカジュアルなモノで楽しく展開していきたいという考えはあります。
また、良い景色というものを考えた時に、自分では描かないですが、景色としての絵というものにも興味があります。
風景というもののあり方に自分と似た(と僕自身はおもっているのですが)関心がある福津宣人という友人の画家がいるのですが、最近一緒に仕事をしていないので、また、一緒に仕事をしたいです。そんな感じです。
最後に、最近とても素敵な茶人と知合いになりまして、お茶室を設計しています。それは、とても楽しく刺激的な経験をさせてもらっていて、今後もお茶室を設計していけると良いなと思っています。

長岡 勉「Labyrinth of Woods」
会期:2010年2月10日(水)〜7月12日(月)
時間:13:00〜20:00(不定休)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 1F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
キュレーター:高橋正明(ブライズヘッド
http://www.diesel.co.jp/denimgallery

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE