NIKE 公式オンラインストア

TOKYO GRAPHIC PASSPORT

HAPPENINGText: Kayo Tamura

tgp12-3.jpg

最近では「LUMEN#05 Street view / Line」を出版。G/Pギャラリーに所属しているが、『自分ではアーティストと思っていない。グラフィックデザイナーは何をしても良いと思っている』と語った。
カメラマンがストリートスナップを辞めたら終わりだ、という話を森山大道とした時に、それを聞いたグラフィックデザイナーが街に出たらどうなるかと思ったことがきっかけでLUMENの作品が生まれたそうだ。朝の5時に街にでて、フロッタージュをした様子など、とても興味深い話が聞けた。

tgp12-2.jpg

TOKYO GRAPHIC PASSPORTの幕を閉じる最後のプレゼンテーションを披露したのがが、「WERK」のクリエイティブ・ディレクター、テセウス・チャン。1997年に事務所「WORK」を立ち上げた後、2000年に「WERK」を創刊。その後、東南アジアで唯一のコムデギャルソンのゲリラストアを運営し、ヴィジュアル・ブック「Guerrillazine」も同時に制作する。

tgp13-1.jpg

『WERKは私のインスピレーションや考え方、アイデアをそのまま反映している』と語る彼にとって、作品を作るにあたり、素直さや純粋さとがとても重要であるようだ。シンガポールの国の特徴に、間違えや弱さを無能と見なしてしまうところがある。そんな思考回路の反発から不完全の中にある美しさに目覚めたと語った。「人にとって良くないことが、時として良いことになる」ということが、ただ受け入れられないという考えから、彼は、間違いと共にある雑誌を作り始めたそうだ。WERKがどのように作られたか、どのようなやり方でボロボロな素材を選択したかなど、とても面白い話が聞けた。ちなみに紙はカモミールを気に入っているらしい。その紙を使うのはアンチデザインを表しているそうだ。彼のプレゼンはとても謙虚で面白く、WERKを買いたくなる内容だった。

2日間にわたり開催された、今回のカンファレンス。東京で活躍するスピーカーの話を聞けたのも良かったが、一度にこれだけの雑誌に関わる人達の話を聞けたのは、+81だからこそ出来たカンファレンスではなかっただろうか。雑誌という同じステージながらも、それぞれが違った考えを持ち、雑誌に対する思いを語る所は、とても貴重な体験となった。
カンファレンスは、最新号「+81 Voyage」と連動しており、カンファレンスが終わってからも、雑誌を見る事によって、より理解し、思い出す事が出来るのではないかと感じた。今後も+81ならではのカンファレンスを期待したい。

TOKYO GRAPHIC PASSPORT
会期:2009年10月11日〜12日
Tokyo Visualist Symposium
開催:10月11日
会場:ベルサール原宿
住所:東京都渋谷区神宮前2-34-17
International Magazine Conference
開催:10月12日
会場:九段会館
住所:東京都千代田区九段南1-6-5
主催:+81Creatives
http://www.grapass.net

Text: Kayo Tamura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE