TOKYO GRAPHIC PASSPORT

HAPPENINGText: Kayo Tamura

TOKYO GRAPHIC PASSPORT

+81Creativesが主催する初のクリエイティブ・イベント、TOKYO GRAPHIC PASSPORTが、10月11〜12日の2日間に渡り開催された。「Tokyo Visualist Symposium」と「International Magazine Conference」と題した2つのメインイベントでは、世界各国の第一線で活躍するクリエイティブ・マガジンのアート・ディレクターやクリエイターをパリ、ベルリン、ニューヨーク、シンガポール、アムステルダム、ロンドン、そして東京の各地から招き、「ものを創造する」者の声をたっぷりと届けるカンファレンスを実施。盛況の2日間となった。

1日目に開催されたのは、様々なジャンルの32名の日本人クリエイターとその作品を紹介するアート・ブック「Tokyo Visualist」にフィーチャーされた、東京から世界に向けて発信するヴィジュアル・アーティスト6名によるシンポジウム「Tokyo Visualist Symposium」。

tgp100.jpg

入口ではチケットと引き換えに“GRAPASS”と書かれたパスポートが交換され、会場に入る為の、入場パスの代わりにもなった。会場は原宿にあるベルサール原宿。

初日はゲストスピーカー3名ずつによる2部入れ替え制。1部は、鴻池朋子(アーティスト)、蜷川実花(フォトグラファー)× 後藤繁雄(編集者)、名和晃平(アーティスト)、2部は川上俊(アートディレクター/デザイナー)、小山泰介(フォトグラファー)、稲葉英樹(グラフィックデザイナー)× 山下悟(+81編集長)のプレゼンテーションになった。

tgp02-2.jpg

会場では、スポンサーブースや物販があり、物販ではクリエイター本人が作品を手売りする場面もみられ、出演者と身近に接する事の出来る雰囲気であった。
初日のTokyo Visualist Symposiumからは、2部に行われたプレゼンテーションを紹介する。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE