モノブロック

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

Monoblock

モノブロック」。それ自体が一種のビジネスジャンルを成すような2人組は、実生活でもカップルとして共に活動。溢れる程たくさんのアイディアでプロジェクトに取り組んでいる。彼らの中で一番大きな部分を締めているものは協調性であり、それらは時計の針のように連動して作用している。

彼らのアイディアは、とてもシンプル。『価値観を通じて芸術的な表現を寄せ合い、楽しくてオープンで共同的なやり方で自分達の感覚をシェアできる場所で、物思いにふける空間を作り上げる。想像力に境界はないという独特で高度な芸術的メッセージを生み出してサポートしたい。』と彼らは言う。
そこで生まれたのが、アイディアを具現化する場所、「モノブロック」である。

monoblock.jpg

メンバーは、 ヴィック・アリエッタとパブロ・ガルッポの2人。彼らは出会った時からの仲であり、この出会いがプロジェクトを共に発展させていこうとする意思の一つになっているようだ。モットーの一つが、「Live the Love(愛を生きる)」。それ故、彼らは愛し合い、共に生活している。

ヴィックはコミュニケーションとマーケティングを、パブロはグラフィックデザインを学び、2人のバックグラウンドが素晴らしい料理が調理されるかのようにブレンドされる。当初、彼らはブランディングにフォーカスしていたが、それだけでは充分ではなかった。より高みを求めたのだ。

colorblok_frente_baja.jpg

「デザイナーズ・ノートブック」について教えていただけますか?

「デザイナーズ・ノートブック」は、日々のイマジネーションを携帯するために作ったノートで、その創造のたまものを素敵に持ち運んでくれるというものです。各表紙は、様々なアーティストやデザイナーに、「Happy Together, Live the Love(共に楽しく、愛を生きる)」というコンセプトの下で絵を描いてもらいました。愛あるところに自由があるから、愛と自由があれば何かが生み出されるのです。

2007年、自分達が表紙を手がけたノートをクライアントの1人にプレゼントしてみたんです。その結果、このノートがイラストやデザイン製品として商品化するチャンスだと感じました。

私たちは、まず最初にこのプロジェクトのサステナビリティについて考えました。イラストレーターが作品を思う存分表現させる場所の提供ということから切り離し、ビジネスの観点から製品の継続性について考えたのです。また、同じコンセプトの下、17人の作家が手掛けるというアイディアも気に入りました。ノートは絵画などよりは手に取ってもらいやすいですからね。作者の中には、ブエノスアイレスで最近注目を集めている気鋭アーティストが何名もいます。多くの人々に知ってもらって、地元のデザインシーンに触れてもらえたらと思っているんです。私たちの目的は殻を破ることなのです。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE