第12回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENINGText: Masanori Sugiura

第12回文化庁メディア芸術祭が国立新美術館で開かれている。

「メディア芸術とはなに?」という議論は常に行われてきた。一方で、技術の発達とそれを利用する人々の変化により、静止画、映像、インスタレーション、アニメーション、アート、マンガなど多種多様な表現の作品がメディア芸術に含まれるようになった。

メディア芸術というフィールドは、常に変化が起こるバトルフィールドのようなもので、新しい表現手法を手にしたアーティストやデザイナーによって日々斬新なメディアの使い方が追求されている。文化庁メディア芸術祭も、対象を「メディア芸術」としてくくることで、多種多様な作品を一堂に捉えることができ、僕たちのアートやメディア、そしてコミュニケーションに対する認識を高める機会を与えてくれている。

第12回文化庁メディア芸術祭
マンガ部門

今年度の文化庁メディア芸術祭に応募された作品数は過去最高の2,146作品。日本を含む44の国と地域からの応募があった。その中からアート、エンターテイメント、アニメーション、マンガと全4部門に分けて大賞、優秀賞が選定され、国立新美術館にある会場では受賞作品をはじめとした作品が展示・上映されている。会場では作品を実際に手に取って読んだり、操作して体験することもできる。

第12回文化庁メディア芸術祭
「levelHead」Julian OLIVER

アート部門で優秀賞を受賞した田口行弘の作品、「Moment – performatives spazieren」は、ギャラリーの床に敷き詰められた板が、街を生き物のように変化し動き続けていく様子を描いたストップモーション・アニメーション作品。数千枚の画像によって構成されるアニメーションの中で、ひとりでに動き続ける板を見るのはとてもおもしろい。

第12回文化庁メディア芸術祭
「Moment – performatives spazieren」田口行弘

動くものだからビデオカメラで撮影するという視点ではなく、ドキュメンテーションをする上でテクノロジーの価値をどう活かし作品として具現化させるのかということを念頭に置いたからこそ着地することのできた視点を持った作品だと思う。もちろん、作品からは田口のユーモアのセンスも感じ取ることができた。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE