横浜トリエンナーレ 2008

HAPPENING

国内最大級の現代アートの国際展、横浜トリエンナーレ

2001年に始まり、その3回目となる「横浜トリエンナーレ 2008」が、9月13日に開幕。25の国と地域から73人のアーティストが参加し、新港ふ頭に新設された、新港ピアや横浜赤レンガ倉庫1号館、BankART Studio NYKをメイン会場に約2カ月半にわたって開催されている。期間は11月30日まで。

今回のトリエンナーレのテーマは「時の裂け目」を意味する「タイムクレヴァス」。 急速な情報化社会のなかで日常の時間に流されることなく、時間の淵にたたずみ、その裂け目(クレヴァス)を覗き込むという構想のもと、大型インスタレーションや映像作品、パフォーマンスを伴う作品が多いのが特徴である。


メイン会場の中で一番広い新港ピア。 まずはこの会場に展示されていた作品から主なものをご紹介。

横浜トリエンナーレ 2008横浜トリエンナーレ 2008
ヨナタン・メーゼ – Dr. NO-METABOLISM IN MOOMINGYM like SOLDIER-FLASH-BLUE de MING (BABYKINGKONG IS BACK IN FANTOMAS-GYM) thanks… 1912-2012

新港ピア入り口すぐ右手には、血のような赤い文字で「DICTATORSHIP OF ART(アート独裁政権)」とのもと、ドイツ人アーティスト、ヨナタン・メーゼの迫力のある作品が展示されている。1998年のベルリン・ビエンナーレで発表したインスタレーションが国際的な注目を浴び、以降ドイツアートを牽引する現代アーティストのひとりである。
実はこちら、トリエンナーレオープン初日に、多くの観客が見守る中、ヨナタン自身がパフォーマンスを行い仕上げたインスタレーション作品である。

横浜トリエンナーレ 2008
ヨナタン・メーゼ – Dr. NO-METABOLISM IN MOOMINGYM like SOLDIER-FLASH-BLUE de MING (BABYKINGKONG IS BACK IN FANTOMAS-GYM) thanks… 1912-2012

壁面や床には第2次世界大戦の写真集や、アドルフ・ヒットラー、ムッソリーニの写真が無造作に貼られ、自身のポートレイト写真とともに独特の世界観を創り上げている。
カルト的な荘厳さをもつヨナタン・メーゼの作品は、一部賛否両論もあるそうだが、権力や欲望、信仰など人間の原始とも言える思いを含蓄した神話的ともいえるその世界観を表現し、強烈な個性と迫力をもつ。

横浜トリエンナーレ 2008
ミケランジェロ・ピストレット – 17マイナス1, 2008

イタリア・ビエッラ生まれのミケランジェロ・ピストレットの巨大な鏡を使った作品。ハンマーで1枚1枚をたたき割り、鏡の下には砕けた破片が散乱している。鏡に映る人物(見ている人)との間に、新たな時間の次元が生まれると言える、迫力ある作品である。

横浜トリエンナーレ 2008
ペドロ・レイエス/ベイビー・マルクス

メキシコ人アーティスト、ペドロ・レイエスは、マルクスやアダム・スミス、レーニン、スターリン、毛沢東など、歴史的な政治家、革命家の操り人形を展示。かわいい表情ながら、氏の個人的思想、問題提起を感じさせられる作品である。

新港ピアとも近い第3メイン会場の赤レンガ倉庫1号館前では、今回のトリエンナーレの特徴でもあるパフォーマンスの場として活用されるほか、会期中はコンサートやレクチャー・シリーズなど様々な関連プログラムも実施されている。

横浜トリエンナーレ 2008
ミランダ・ジュライ – 廊下

今回のトリエンナーレの中で個人的にもっとも印象的だった、アメリカの新世代を代表するアーティスト、ミランダ・ジュライの作品もこちらに展示されている。
日本では氏が主演・監督を務めた映画「君とボクの虹色の世界」と言えば、彼女の名前を思い出す人もいるでしょう。今回発表されたのは、長廊下に設置された49枚のパネル。幾重にも続くそのパネルには、それぞれ双六のようなストーリーが書かれており、読み進んでいくと、いつしかそれは自身への問いかけのように変わってゆく。また片面は日本語、その裏側には英訳された同文が書かれており、時間をかけて楽しめる作品になっている。

横浜トリエンナーレ 2008
ハンネ・ダルボーフェン – 24の歌

またドイツ出身のハンネ・ダルボーフェンの作品では、数列や文字列からなる同じ形式のメモが大量に並べられ、作品の演奏化であろうオルガンの音色と共に展示されている。作品名からも推測できるようにこれらは楽譜らしいが、音符の読み方や規則性は本人しか分かり得ないらしい。しばし居心地の良い空間であった。

そして最後に訪れた、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)では、映像作品を中心に、マシュー・バーニーダグラス・ゴードン勅使川原三郎などを含む計21組の作家の作品が展示されている。目を背けたくなるような衝撃的でグロテスクな作品も多く、一部のブースには年齢制限や入場者に忠告を掲げているところもあった。

横浜トリエンナーレ 2008
マリーナ・アブラモヴィッチ – 魂の手術台

セルビア生まれのマリーナ・アブラモヴィッチは、 パフォーマンスを主な表現手段とし、女性パフォーマーの先駆者となる。身体を基盤に個人史と社会に言及したパフォーマンス・ビデオ作品・インスタレーションを発表、国際的に高い評価を得ている。今回、彼女は「魂の手術台」と題した3つの手術台を発表した。薄暗いコンクリート打ちっぱなしの無機質な空間に、高さの違う手術台が3つ。それぞれに当てられる光の強さも変化をつけ、そこにいるだけで魂が吸い取られてしまいそうな、なんとも湿った空気を感じた。

今回紹介したメインとなる3会場はいずれも徒歩圏内に位置しているが、じっくりと各作品を楽しみたい方は時間にゆとりを持ち、歩きやすい格好で訪れることをおススメしたい。また紹介できなかったが、三溪園という日本庭園での展示や、他にも見入ってしまう作品や世界観が多くあり、日によっては参加型のイベントも多く催されている。見るだけでなく、体験型の大型アート展として、小さい子供から大人まで幅広く楽しめると思う。ぜひ自分なりのスタイルで現代アートを楽しんでみてください。

横浜トリエンナーレ 2008
会期;2008年9月13日〜11月30日 10:00〜18:00 ※三溪園会場は17:00まで
会場:新港ピア、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、
   横浜赤レンガ倉庫1号館、三溪園など
入場料:一般1,800円、大学生1,300円、高校生700円、中学生以下無料

Text and photos: Naoko Kawaguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE