ウィーン・カフェ・フェスティバル

HAPPENING

文化の生まれる場所、カフェの祭典。

ウィーン・カフェ・フェスティバルウィーン・カフェ・フェスティバルウィーン・カフェ・フェスティバル

カフェで生まれるのは、なにも恋だけではない。「カフェは“文化の生まれる場所”である。」という、ある学者の名言もあるように、多くの偉大なアートや文学、さらには歴史に残る革命も、始まりはカフェだった。19世紀後半から20世紀初頭のウィーンにおいても、カフェは人々がくつろぎ、情報を交換し、刺激を受けることのできる、生活になくてはならない場所であった。その当時のカフェの魅力をたっぷりと紹介してくれるのが、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)を中心に開催されたウィーン・カフェ・フェスティバルである。

クラシックなウィーンカフェの歴史をたどるエキシビジョン、カフェにまつわる映画の鑑賞会、講演会、音楽会が開かれ、贅沢なカフェ時間を提供した。そして何よりフェスティバルの開催期間中、ギャラリーに突如現れたウィーン生まれのチョコレートショップ「デメル」カフェのカプチーノやスイーツは、訪れる人々の心をうっとりと、とろけさせたことだろう。


ウィーン・カフェ・フェスティバル

歴史をさかのぼると、19世紀の後半、パリやウィーンなどでは急激な都市人口の増加にともない、慢性的に住宅が不足し、住空間の劣悪化が進んだ。これがカフェをうみ、そこから文化工房としてのカフェが生まれた。屋根裏部屋暮らしやフラットシェアをするような生活を強いられてきた、売れないアーティストや駆け出しの物書きにとって、そこはさぞ居心地の良い場所だっただろう。そんな当時の風潮を物語る、古い写真やドローイングがギャラリースペースに展示されている。

ウィーン・カフェ・フェスティバル

新聞が各家庭に配達される習慣がまだ無かった当時、カフェで読む新聞とそこで交わされるうわさ話が、彼らの主な情報源だった。気分転換には別室でビリヤードやチェスを楽しむこともできたし、オペラやお芝居を提供するカフェさえあったという。ぱりっとスマートにギャルソン服を着こなしたウェイター達は、競って常連客の名前、好みの飲み物、新聞を覚えたというのだから、奥様の待っている家に帰りたくなくなってしまう夫衆も多かったことだろう。

ウィーン・カフェ・フェスティバル

さて、カフェの歴史、インテリアのデザイン、サービスに触れたエキシビジョンの最後は、カフェにインスパイアされた現代の学生たちの作品が並ぶ。特に惹かれたのがHITOMI HOSONOのスプーン オン スプーンという作品たち。白い陶器にアンティーク・シルバースプーンのプリントがのせられている。レンゲの様なシルエットと、繊細な銀製品のラインの組み合わせが新しい。時代を超えて出会った異素材のハーモニーが、カフェの時間をよりいっそう楽しくしそうだ。

ウィーン・カフェ・フェスティバル

あらゆる日々の些末なことから離れて、集中して物事に取りかかろうとするとき、カフェを利用する人は少なくないだろう。または、友達とただ会っておしゃべりに花を咲かせる日もある。隣に座った人と、偶然に会話が始まるかもしれない。カフェは、ストーリーが始まる要素をふんだんに含んでいる。きっとそれは100年近く前のウィーンのカフェでも、そしてわたし達のいきつけの、あの近所のカフェでも。そう思いながら、わたしはこの原稿を書き終える。もちろん、プールを見下ろすことのできる、いつものカフェで。

ウィーン・カフェ・フェスティバル
会期:2008年10月7日〜24日
会場:ロイヤル・カレッジ・オブ・アート他
住所:Kensington Gore, London SW7 2EU
TEL:020 7590 4482

Text and photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE