イラストレイティブ・チューリッヒ 08

HAPPENING

国際イラストレーション・アート・フォーラム。
Illustrative Zurich 2008
ロンドンから乗った飛行機でチューリッヒ空港に降り立つ際にふと見上げた空は、真新しい青の制服のような色だった。空気はとても新鮮で透き通っていた。ロンドンで行われたフリーズ・アートフェアの時と同様チューリッヒもすばらしい天気に恵まれいたので、私の気持ちは再びたくさんのアートを見るためにとても良いムードだった。

今年で第3回目となるイラストのためのアートフォーラム、イラストレイティブ・チューリッヒ 2008は、昨年大きな成功を納めたベルリンと同じく、ファッションからテキスタイル、グラフィックデザイン、コミックよりも知的なイラストなど、イラストを様々な観点から賞賛する展示内容だった。

Illustrative Zurich 2008 Illustrative Zurich 2008
Opening night


金曜日の夜には広大な展示場でオープニングナイトが開催された。展示場には400点を超えるイラスト作品の他に、ビデオ作品や彫刻作品も展示されていた。展示場は端から端までブースで埋め尽くされていて、日本やフィンランドなどの国からもイラスト制作会社やクリエイティブエージェンシーが出展しており、今年のイラストレイティブは例年と比べ、より「フェア」的な要素があった。

 Illustrative Zurich 2008
Opening night

展示では全35人の著名な作家から新進気鋭の作家達が自身の才能を訪問者に印象づけていた。ドイツ人で著名なイラストレーターであるオラフ・ハジェクは、アジア調スタイルで描かれたキャッチーなポートレート集を展示していた。オラフのポートレートでは蛍光ピンクや青の色で、身体の半分が人間である生き物が愛の抱擁で絡み合う絵がざらざらで光沢のある紙面に描かれていた。

 Illustrative Zurich 2008
Helle Mardahl

ファッションデザイナーからアーティストに転身したヘル・マーダルのグロテスクな作品 「Royal Orgy of Consumption」は、イラストレイティブのファッションサロン入り口近くを占領していた。 作品から噴き出す豪華絢爛な彫刻は本体部にきめ細かく縫い込まれていて、マーダルの作る独特な服が初めてクリエイティブ世界での初作品を残すというよりも、まさに今その場でマーダルが壁上部分と彫刻を作り上げているような作品だった。

 Illustrative Zurich 2008
Henrik Vibskov

デンマーク人のヘンリック・ヴィブスコブのインスタレーションはマーダルの作品と同じく私に大きな印象を残した。ヴィブスコフの作品ではたくさんのファッション作品が何体も設置されたマネキンを覆っていた。その作品は彼が壁に飾った描画とリンクするイラストレーション技術が使われていた。

その後私は展示会場をファッションからイラストアートセクションへと足を運んだ。その途中で見つけたドイツ人アーティストであるローマン・ビットナーの技術的に突出した作品は無視することができなかった。ビットナーの非常に豪華で大きな作品は、都市風景を描写した1950年代のアメリカ的な感性を持っており、額縁からいまにも飛び出てくるようだった。

 Illustrative Zurich 2008
Lorenzo Petrantoni

もし私がその作品を見てとてもきめ細かに作り込まれたものだと思っていたとしても、イタリア人作家ロレンゾ・ペトラントー二の作品はおそらく私が思っていた以上に作り込まれた作品に違いなかった。ペトラントー二のイラストレーションは明らかに19世紀的な古風な活字書体とイラストレーションや広告の表現方法を用いているが現代的な作品でもあった。なぜなら、ペトラントー二の作品に近づいて見ると作品に現代的なシンボルやアイコンが埋め込まれているからだ。それは現代の過剰状態に対するペトラントーニの皮肉たっぷりのコメントとしても受け取れる。

 Illustrative Zurich 2008
Eva Eul Sin-Hang

幸いにも、私の大好きなイラストレーション技術の1つであり、過小評価されている感じのあるコラージュも、今回のイラストレイティブでは展示されていた。ノリとはさみを使いながら、数多くの本や雑誌を素早くめくり、手を汚しながら作品作りを楽しむ私と同じように、作家エヴァ・シン・ハンはそれをインク、鉛筆での描画、またコラージュを混ぜていって作品を作っている。想像は単純な並置によって簡単に刺激させることができる。コラージュは簡潔な様式で表現を可能にする方法であり、ダダイズム芸術家や超現実主義者達にも好まれた表現方法だった。シン・ハンは古雑誌から人間の写真やイラストをカット&ペーストをして人間の顔に異邦人のような演出を施す。シン・ハンの人々を威嚇するようなイラスト作品の数々は人間に内在する邪悪さを表現し、また同時にそれを巧みに操作しているようにも見えた。

イラストレイティブに出展している多くの作家は技術的また専門的に研ぎすまされている。しかし、コラージュを使ったシン・ハンの作品は新鮮な洞察を沸き起こさせ、深く感動を与えてくれたので、とても強く印象に残っている。私はこれこそがイラストレーションだと考えている。それをアートと呼んだり、そう呼ぶようにするのは馬鹿げているように思えてしまう。なぜなら、そうすることによってイラストレイティブに出展しているすべてのアーティストの出発点であるイラストの技術をないがしろにしてしまうからだ。
自分自身をアーティストとして考えている人でも、実際はイラストレーターでない場合がどちらかといえばほとんどである。そういったアーティストは世界有数のギャラリーで見ることができるような洗練されたアイデアに欠いている。

イラストレーションは表現媒体として以前よりもより一般的になっている。一時は押し寄せるくらいの勢いがあり、今ではその勢いも小さくなっている感じのある2000年初頭からのストリートアートの人気や、バンクシーなどのよりグラフィティ要素の強い作品がアート市場でも高額な市場価格で取引されている状況がある。イラストレーションアートも純粋なアートとしてではないかもしれないが、価値が見出されアートとして通用する表現媒体であり最近では売り物としても受け入れられるようになった。

イラストレイティブのキュレーターであるパスカル・ヨハンセンにイラストレイティブについてどんな考えを持っているのかを聞くことはとても興味深いものだった。「イラストレイティブはイラストレーション界で最高で最も輝いている作品やアーティストを一堂にする最初のイベントでなおかつ最も重要な展示会だ。それは展示会というよりも「企画された移動展」と呼べるものであり、また時代を担うイラストレーターが必要な露出機会を競う要素も持っている。」

イラストレイティブは、パリのポンピドゥセンターで開催されるような展示会や、ニューヨークのロウアーイーストサイドにあるギャラリーででくわす商業主義的な側面で企画されたグループ展とは異なる特徴を持っている。イラストレイティブは出展アーティストに営業機会を提供するよりも、イラストというアート表現の一般理解を向上させることの方を重視している。時にそれはアーティストにとっては意地悪にも思える。

イラストレイティブでは日本からのTaiko&Associatesをはじめとした、いくつかのクリエイティブエージェンシーが参加していた。イラストレイティブはフォーラムとしての一面を持っていて、関連のある産業との連動も視野に入れていることがわかった。しかし、主催者が考えていたほどその試みは成功していなかったように思える。しかし、どうか私の意味を取り違えないでほしい。私はフリーズアートフェアが持つような企業的な性質に毒されてから、イラストレイティブを訪問したのではない。しかしイラストレイティブで見ることのできる作品は本当に純粋で商業的な側面からも守られている。イラストレイティブではその分野をリードするすばらしい作品を驚くほどたくさん見ることができる。

商業主義的な要素を少しでも持ってしまうことによって、イラストレイティブのようなイベントはその意義を見失ってしまう。オープニングナイトに参加してみても明らかに商業主義的な要素が欠けていることを確認できた。

上記のような状況をふまえても、ヤングイラストレーターズアワードはイラストレイティブの中でもアーティストを激励する側面を持っているものだった。アワードではイラストレーション、ブックアート、アニメーション、スウォッチ賞の4カテゴリーそれぞれで賞が設けられ、全4人の新々気鋭の若手アーティストが賞を勝ち取った。

 Illustrative Zurich 2008
The winners of the Illustrative Award, with Curator Pascal Johanssen
Photo: Sebastian Garbsch

イラストレイティブは今年スイスで行われた。スイスでは日々、無数の銀行口座の取扱いが行われ、精密時計製造が行われている。そのような場所で30人ほどのスウォッチコレクター集団がイラストレイティブで行われたクラブミーティングのためのイベントにおしかけるのを見ても全く驚かなかった。なぜなら同じような光景がヨーロッパでは日常的に見ることができるからである。一人のスペインから来た中年男性(匿名希望者)は15,000個を超えるスウォッチ時計コレクションを自慢していた。もちろんコレクションのすべては男性が所有するフラットに保管されている。
<!–

Christian Montenegro’s Swatch Watch face design
Photo: Sebastian Garbsch
–>

スウォッチはイラストレイティブに2つの新しい時計デザインを依頼した。この時計は多くのスウォッチファンを魅了し、3,333の中からたった1つだけ会場に展示された時計の写真を撮影するため多くのファンを会場へ呼び込んだ。スウォッチは例年通りイラストレイティブで派手な時計デザイン界に対して貢献することができた。これはスウォッチがデザインとイラストレーションの世界で起こっている最新トレンドと連動するための試みである。

イラストレイティブはフォーラムでもなく、フェアでもなく、単なる展示でもない。その強みはイラストレイティブに参加するアーティストや作品の多様性にあり、それは展示されている作品の多さだけをとってみても顕著だろう。私たちの多くは眠る時に読んでもらう絵本などで幼少のころからイラストに触れ合っている。私たちのイラストに対する強い興味はそれからも消えることはない。そのようなたくさんのイラストに1つ屋根の下で見ることができたのはとても楽しむことができ、大人になった今でもお菓子屋さんにいるような気分にしてくれるものだった。

Illustrative Zurich 2008
会期:2008年10月17日〜26日
会場:Messehallen Zürich (Halle 9)
住所:Thurgauerstr. 11, 8050 Zurich, Switzerland
www.illustrative.de

Text and photos: Peta Jenkin
Translation: Masanori Sugiura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE