NIKE 公式オンラインストア

SCAM CIRCLE

PEOPLE

彼らの音楽を初めて聞いた時、私の頭の中にはいくつもの映像がよぎった。
札幌で活躍するScam Circleは2006年に結成され、主に楽曲制作を担当するミズノコウジを中心に、ドラムの堀正輝、ベースの橋場進二の3人で活動しているバンドである。エレクトロ、ダンスミュージックを主に、その浮遊感漂う音楽はどこか人間らしく、札幌という地にとても合っていると思う。残念ながら今回、ベースの橋場は欠席となったが、ミズノと堀に時間を割いていただき、Scam Circleの内面の世界を少しだけ覗かせてもらう事ができた。

Scam CircleScam Circle

Scam Circleを結成する前は「CHINESE BURN」というバンドで活動をしていた彼ら。当時は今の3人とプラス2人の計5人で、ディスコパンク、ダンスミュージックを中心にライブ活動をしていた。しかしドラムの堀が、自身が本当にドラマーとしてやりたい音楽では無いと思い、CHINESE BURNを抜ける事となる。当時、ミズノもやりたい音楽があり、それを堀、橋場に伝えたことにより、現在のScam Circleが結成される事となった。

『CHINESE BURNの前は3人ともロックバンドをやっていたんです。でも僕はよくロックを知らないで、当時活動をしていました。それは小さい頃から親がクラシックが好きで、よく聞いていたし、僕自身もニューウェーブとかエレクトロニカ等しか聞いた事が無くて、ロックが身に付かなかったんですね。それでもずっとロックバンドをやっていたら、なんか僕自身、無理をしている気がしてきちゃって。このままじゃ駄目だなと思って、僕が本当にやりたい音楽をやろうと決めて、ロックバンドを辞めたんです。』ミズノ

Scam Circleの楽曲を主に制作しているミズノは、ロックのスタイルに抵抗を持ちながら、常に自身の音楽を探究していた。ミズノの音楽に対する考えは常に疑問との戦いで、ミズノは自身の音楽をどう表現していこうかと考えていたと言う。


『CHINESE BURNも、もちろん面白いバンドだったと思います。でもどんどん活動しているにつれて、CHINESE BURNの音楽の幅がどんどん限られてきてしまって、それに対してもっと違う音楽がやりたいなと僕が思ってきたんです。デジタルと歌の入ったバンドの融合が当時増えてきてて、僕自身もそれに飽きてきちゃってたし、歌が無い曲とか、簡単に言えばもっと難しい事がしたかったんですよね。そしてこの思いを堀に伝えて「こういう音楽があるんだけど、どう?」と。「だけどこの音楽をやるには、CHINESE BURNでは出来ないよね?」という事になり、CHINESE BURNを永久的にストップする事になったんです。そして僕の、バンドだけどバンドらしからぬスタイルを持った音楽をしたい。という気持ちを、堀と橋場に伝えて現在のScam Circleになりました。』ミズノ

ミズノの音楽への疑問の答えを出すために結成という訳では無いのだろうが、私にはそう捉える事が出来た。その答えはいつ出るのか、それは決して現在ではわからない。ミズノの疑問とは一体何なのか?聞いているうちに、何だか納得してしまう話を聞く事ができた。

『今だけじゃなく、大衆向けの音楽っていつの時代も、決まり事というか、ルールがあるように感じるんです。その一例ですけど、Aメロ、Bメロ、サビが必ずあるとかもそうですよね。でもそれだけが素晴らしい音楽とは限らないと僕は思うんです。もちろんそういう音楽への憧れはずっとあったし、何度もチャレンジしたことも あります。でも自分には作れなかったんですよ。ルールの中で作った僕の音楽はグッドミュージックにはならなかったんです。だから僕は僕だけの音楽をルールなしでやってやろうと。僕は自身の内面を曲にしてます。人間の感情ってシンプルじゃないですよね?凄く幸せな気持ちで満たされた次の瞬間何かのキッカケで悲しくて泣いてしまうこともある。ずっと泣いていたら、なんだか笑えてきちゃう事だってあるじゃないですか。それは歌詞でもそうです。だから僕はそういう混沌とした感情や、白黒ハッキリしたものではなく自分自身を忠実に曲で表現していきたいんです。』ミズノ

「ルールの無い音楽」それをバンドという形で表すのはとても大変な作業だ。ミズノの作る音楽を、生バンドで表現する。プレイヤーとしてドラムの堀はとても悩むことが多いらしい。

『僕もロックバンドをやってきたけど、今思えばずっと違和感を感じながらやっていた気がします。元々ロックは好きで聴いてはいたんですが、同時にHIPHOP、ファンク、ラテン音楽が大好きだったんです。特にHIPHOPとかファンキーでスィングしたビートが凄く好きで、ミズノの曲で実際にプレイしたとき、凄くしっくりきたん です。これがやりたかったんだって思いました。ミズノから作りたい音楽を聞かされたとき、興奮と同時に、プレイヤーとして本当に自分たちに出来るのかという不安も凄くありました。そういう音楽をやることは、すごい夢と言うか憧れだったんですよ。けど、もし自分がクラブに 通ってて、例えばハウスとかヒップホップに慣れ親しんでそれに囲まれて生きてきてたら、それは違ったと思うんですけど、そうじゃないので、正直自信がなかったですね。でも「やれるんだよ!」と熱く言われたら、単純に「やれるのかな?」と思ってきて、まず初めてみたんですよね。そこからが大変でした。こういう音楽を 生ドラムでやること、打ち込みとは別の存在意義があってそれを自分のスタイルで確立することが凄く難しかった。最初はけなげに打ち込みと真っ向勝負してましたから。今も日々探求してます。』堀

ScamCD.jpg

デモまでをミズノが作り、その後は堀と橋場にまかせて曲を制作するスタイルをとっている彼ら。この3人には何か独特な空気感があると感じる。信頼というか、お互いがお互いを刺激しあい、求め合うというか。決してワンマンにならず、それぞれがミズノの楽曲に自分達をブツけている。そんな彼らの楽曲制作、バンドという形になるまでの話を伺ってみると、まずトラックメーカーのミズノの頭の中を話すことから始まるらしい。

『昔の事でも、何でも僕は記憶を点で覚えているんです。何年か前の、あの瞬間にかかっていた音楽とか、あの時の感情とか景色とか。そういうのを思い出して、曲を作っていきます。堀と橋場に曲を聞いてもらう時は、そのイメージをとにかく話します。こんな事を感じて、思ってとかをまず最初に伝えますね。その後にデモを聞いてもらって、そこでそれぞれが感じるものを演奏してもらうスタイルで今は制作しています。僕は曲っていうのは当たり前に出来るものだと思うんです。日記を書くのと同じような感じで。でもバンドとして完成する為には、メンバーの助けが絶対に必要じゃないですか。だから僕はプレイヤー、技術面に関しては、まったく口を挟まないようにしています。そこで僕が口を挟むとバンドでは無くなるし、面白くないと思うんですよね。僕が作った音を聞いて、演奏してもらったものがそれぞれの答えだし、それが出来た瞬間が凄く楽しいですね。もし、その答えを僕が言ってしまうと責任感も薄くなるし、グループで表現している事を忘れてしまうと思うので。口で言うのは本当に簡単な事だけど、それじゃあ一緒にやっている意味が無いと僕は思うから、彼らには何も言いません。』ミズノ

『僕がミズノの曲を聞いた時に、これは世に出したいなって思ったんです。だからこの曲を世に出す為に、ミズノの音楽を表現する為に自分がいるんだったら、 それを助けたいなと思いました。ミズノは、僕がロックバンドを始めた時からそこでは力量も、技術も含めて僕の表現したいことができてないと、もっとやりたいこと、表現したいことがあると知っていたから、ミズノのイメージ、音楽を聞いて、そこからは僕らに任せてくれます。だから僕は自分のフィルターを通して、ドラム というパートでミズノのイメージを表現していきたいんです。信頼関係がないとなかなかできないやりかただと思うんですけどね。昔と違って自分がドラマーという感覚があまりないので、やりたいことが表現できてればなんでもOKなんですよ。』堀

『僕らの作り方は、他のバンドでは出来ない。』とミズノは言う。それは本当に大変で、自分自身との戦い、そして信頼関係が無いと出来ないスタイルだ。

『自分たちは最初から今のスタイルできているけど、どのバンドでもやれるスタイルではないと思いますね。プレイヤーは当然自分達のいる意味を求めるものだし、フレーズにこだわる人もいる。でも僕らはそことはちょっと違うとこでやっているんですよ。僕は 今、自分がやりたい事をまず形にしない事には、他の事は何もやりたく無いんですよ。だから僕が最初に持っている曲のイメージが個々のアレンジによってどんどんずれていくのは嫌だし、でもそれってプレイヤーとしては、 凄いやりずらいと思うんですよね。僕だってそんな人とやるのはやりづらいですからね!でもそれについて来てくれている、信頼してくれるメンバーがいるので、こいつらとじゃ なきゃScam Circleは表現出来ないなと思います。』ミズノ

独特なスタイルで、Scam Circleを作り出す彼ら。現在はオリジナルのメンバーに加え、サポートの笹谷祥吾を入れてライブハウス、クラブ等で活動をしている。しかし、札幌という地で「デジタルと生バンドの融合」を受け入れてくれる人は最初少なかったらしく、観客はポカーン状態だったとミズノは言う。

『でもそれでOKだなと思いました。最初から受け入れて欲しいとは思っていなかったし、逆に「良いじゃん!」って簡単に言われる方が怖かった。ただ単純に聞いてもらって「こんな音楽やる人いなかったでしょ?」と投げかけたかったので、少しでも疑問や、頭の中に残ってくれたら良いと思ったんです。遠回りをしても良いから、とにかくやってみようと。だからその反応は僕らにとっては逆にやりやすかったです。今はライブハウスとクラブ両方、僕らを見てもらう機会が増えてきましたけど、とにかく1本1本を大切にしっかりやりたいんですよ。ただでさえ難しい音楽をやって、自分の内面の表現を出しているので、ぼんぼんとライブをすると成立が難しいと思うんです。表現出来るのかと。だから今はライブもきちんと選んで、表現出来る体制が整った時に出るようにしています。その方が逆に人との繋がりも広がるし、楽曲制作に熱中できる時間もきちんと取れるんです。僕らにはレールが無くて、本当に好きな事しかやらないし、欲もあまり無いし、ルールも通用しない。でも今は、すごい有名なミュージシャンの方から面白いよねって言われる事が増えてきて、僕からしたら「あなたたちの方が凄いじゃないですか!」って思うんですけど、それは単純に僕らの音楽がレールに乗っていないから言われるんだろうなと思います。』ミズノ

『ありがたい事に、今のレーベルもそうですけど、確実に僕らの曲を認めてくれる人がいるんですよね。時々、ゲストボーカルを入れる事もあるけれど、基本的にはインストがScam Circleのスタイルで、そのスタイルを面白いと思ってくれる人が、今はまだ少数ですが札幌にはもちろん道外や海外にも居て、、メッセージをもらったり、すごく励みになるんですよ。だから、今も昔も僕らを応援してくれてる、信じてくれている人達を僕らも信じて、きちんと恩返しが出来る様に頑張るんだって、メンバーでよく話をしています。』堀

Scam2.jpg

冒頭にも書いた様に、私はScam Circleの曲を初めて聞いた時、いくつもの映像が浮かんできた。「僕らだけの音楽」は、私の体の中にすんなり入ってきて、いくつもの風景を見せてくれる。そして札幌にとても合っているなと思う。恥ずかしながら、そんな気持ちを2人に正直に話してみた。

『最初に作ったコンセプトCDも、僕から見た景色、この角度から僕の目で見た景色を、僕はこう見れるけど、あなたならどう見るの?と投げかけているんです。だから映像が見えると言ってくれるのは、非常に嬉しいですね。それは僕も映像が見えているし、何かを掴みとってもらえると思う。札幌は四季がはっきりしているし、独特な流れがあるなと思うんですよ。アイデンティティもしっかりしているし。もちろん需要があればこの地を離れてしまうかもしれないけど、まずは地を固めるって訳ではないけれど、札幌で活動していこうと思ってます。無知の知というか、東京に行くとやっぱいろんなものがありすぎて八方ふさがりになってしまうと思うんですよね。でもそれだけじゃなくて、札幌には素晴らしいグループが本当に沢山存在していて、その人達に対しての尊敬だとか刺激がすごくあるから、今はここ札幌で活動していきたいと思っています。』ミズノ

『やはり僕らの音楽を聞いて、札幌っぽいのはミズノがこの地の景色を見ているから、自然にそうなると思います。ミズノはまったく僕とは違う人種だから、彼のやる事が凄い面白いんですよ。ミズノはアーティストで、僕はアーティストでは無いというか。でも音楽を作る過程で理解は出来るから、彼の音楽をここで地につけたいと思います。』堀

『僕はCDを聞いていたら、なんで僕らの音楽はこうならないんだろうと思うんです。今、やらなきゃいけないのに。昔、Scam Circleの音楽を作ったときも、今やらなきゃ!と思った瞬間から出来たんです。だから人間はやろうと思ってないと何も出来ないし、変わらない。いつかでは絶対に駄目だと思います。その時、自分が背負っているものを捨ててでも、今やらなきゃいけない思う。過去にも縛られたくないし、未来にもあまり希望を持っていないし。音楽は確かに奇跡を起こしているとは思うけど、僕自身はやっている奴にしかそれは分からないと思う。僕が堀と橋場によく言うのは、極端な言い方だけどライブで奇跡は起こらないんだよと言います。やってきた来た事しかでないと。そこにお客さんとリンクする何かがあって、いつもここまでだったのが上がっても、所詮それはその時だけ。結局自分達がやってきた事しか出せない。だから一本のライブを大切にして、そこまでに自分達の世界を完璧にしていくので、ライブは毎回勝ちにいくつもりでやっています。僕らみたいな音楽は、つまらないものを出すとすぐ終わってしまうから。』ミズノ

自分達に対しても、瞬間瞬間に対しても、常に探究し、勝ちにいく。Scam Circleの世界は本当に自身との戦いだと思う。いったいScam Circleは今後、どのようになっていくのか。未来にあまり希望を持っていないとミズノは語るが、今やりたいことはとにかくたくさんあるらしい。

『常に妥協しないで、真剣に音楽をやっていきたいと思います。僕だけの世界、僕らだけの音楽を。基本この3人で活動していくけど、面白ければサポートも入れるし、これは歌が入っても良いなと思ったら歌も入れるし、もしかしたら1年後にはアコースティックギターを弾いてるかもしれないし、パフォーマーをいれて活動するかも知れない。とにかく何でも出来る、可能性がたくさんあると思うんですよ。Scam Circle(=嘘つきな集団)って名前の通り、例えばジャンルHIPHOPとか言って、こんなのHIPHOPじゃないよ!って言われるのが僕は面白いから、無限の可能性を秘めた、耳に残る音楽がやれたら良いなと思う。音楽を作る事は常に自分との戦いで、評価は僕らが作った音楽を聞いたお客さんがするもの。僕は僕だけの音楽をとにかく表現して、死ぬときに自分が満足する音楽が出来たと言い切れるような活動をしていきたいと思っています。』ミズノ

jaket.jpg
Scam Circle 1st mini albim [Scenery from this angle]
価格:1,000円(税込)

Scam Circleライブ情報
10月26日 14:00〜 モエレ沼公園ガラスのピラミッド内スペース1
11月15日 18:00〜 COLONY(札幌市南7条西4丁目ダイアナ南7条ビルB1F)
11月18日 18:30〜 BESSIE HALL(札幌市区南4条西6丁目晴ればれビルB1F)
11月30日 17:00〜 Sound Lab mole(札幌市南3条西2丁目ニコービルB1F)

iTunes Store及びKING BEATにて楽曲配信中!

Text: Kazumi Oiwa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE