FITC ソウル 2008

HAPPENING

カナダのトロントを発祥の地として、北米やヨーロッパを中心に行われている最先端のデザインとテクノロジーのカンファレンス「FITC」が今年アジアに初上陸。2008年10月14日、ソウル市COEXを会場にして、豪華なゲストクリエイター7名によるプレゼンテーションと共に「FITC ソウル 2008」が繰り広げられ、入場者数1250名以上というチケット完売の大成功を収めた。

FITC ソウル 2008
FITC ソウル 2008


どのプレゼンテーションも聞き漏らすことのない全日1会場での開催。会場を埋め尽くす地元の若いデザイナーやディベロッパー達は、韓国語との同時通訳に反応しながら、ノートを傍らにインスピレーショナルな長い1日を過ごす。ウェブ最新技術にまつわる情報や紹介される作品はもちろんのこと、各クリエイターの個性的なステージにプレゼンテーションのあり方までを考えさせられる興味深いイベント。ここではもちろん誰もが、辿々しくもこの言葉でプレゼンテーションを開始する。アンニョンハセヨ!

FITC ソウル 2008

1人目のクリエイターは、フラッシュ、ウェブに特化したアドビのクリエイティブ・ソリューション・ビジネス・ユニットからポール・バーネット。初めに「Adobe AIR」を利用して準備されたスクリーン上のUSBから手品のようにタイトルを出すと、観客の注目を一気に集めた。『10ヶ月でウェブ上のデスクトップの90%はフラッシュになる』と明言し、このイベントの時点ではまだ出荷されていなかった「Creative Suite 4」から主に「Flash CS4」についての利用方法を解説、デモンストレーションを行う。骨を設置することで人間の腕やクレーンなどのアニメーションを簡単に作れてしまうボーンツールは、紹介された中でも特に鮮やかな新機能だ。

FITC ソウル 2008

この度、唯一の女性プレゼンターであり、唯一の開催地ソウルのクリエイター、ユナ・ソルは、大手ブランドのデジタルキャンペーンを数多く手がけるポストビジュアル社のクリエイティブ・ディレクター。『ストーリーテリングとは人間の歴史の始まりからメッセージを伝えるための理想的な方法』として、コンピューターの利用によって人間の背中が曲がり、原始的な姿へと戻り行く印象的な人間進化の画像を提示。デジタル環境が生み出された今、その方法も進化しており、そこでキーワードとなるのがインタラクティビティだとした。

主に『どう人と関わるか』というテーマに沿って、日常にあって誰もが共感できるシーンに迫り、メッセージとして感動的に伝えるコンセプトの作品が多く紹介された他、ナイキ「AIR FORCE1」のインタラクティブ・ウォールや最新作3Dアニメーション「BE THE LEGEND」などの制作過程が披露された。彼女のプレゼンテーションもまた、他に見られた即興的な言葉によるものではなく、それ自体がストーリーテリングのようだった。

FITC ソウル 2008

続いて先日SHIFTカバーインタビューでも特集した3人目のプレゼンター、エリック・ナッケの登場。カラフルで幻想的なコードフラッシュの実験的な作品群が、BGMを共にして軽快に、スマートに映し出される。途中何度も、客席に向かってポストカード作品を投げるなど、飽きさせないパフォーマンスを盛り込みながら。『インスピレーションとは、何を見るかでなく、どう見るか』と、彼の目から見える日常のインスピレーションの源として、作品を連想させる美しい色にフォーカスされた写真やスケッチ、また日常的な数学思考も紹介された。作品については是非改めてインタビューをご覧いただきたいが、SHIFTカバーにも登場しているリボン化して描かれる新しいコードプロジェクトや、現在取りかかり中の大規模なランドスケーププリント作品の行方も楽しみだ。

FITC ソウル 2008

エリックのプレゼンテーションが終わればサインをねだるこの人だかり。ソウル開催ならではの光景であろうか。特にこのエリックと、後に登場するお馴染みジョシュア・デイビスの人気ぶりは、プレゼンテーション中の歓声やフラッシュの多さから目を見張るものがあり、彼らのプレゼンテーションもまた、それを納得させる華やかさがあった。

FITC ソウル 2008

とは言え、このあと観客に感嘆のため息をつかせるのは、静かに淡々と語るプレゼンター達の気の遠くなるような膨大なデータ作品や、よりマニアックな制作行程の露呈となる。

同じくSHIFTにも度々登場しているマルコス・ウェスキャンプは、現在所属するアドビのチーム「インデックス(Inovation Design Experience)」の活動紹介に沿ってプレゼンテーションを進めた。彼はユーザーエクスペリエンス・デザイナーとして、昨年より会社の将来ビジョンに貢献、従来取り組んで来た「情報の視覚化」や、モバイルメディアなどの研究を続けている。『たくさん遊ぶこと!』とチームのビジョンを強調するマルコス。特に促しているのは『遊びを通した発見』だと言い、また『素早く組み立て、反復する、1つのアイディアに留まらないこと』と続けた。開発途中のプロジェクトの一例として、iPhoneからマルチタッチ機能をラップトップに送る技術が紹介されると、観客からは驚きの声があがった。ウェブサイト「INSPIRE」では、エクスペリエンス・デザインチームが紹介するプロジェクトに対してコメントを書き込むこともできる。

そして、マルコスの代表的な研究テーマである「情報の視覚化」については「Encyclopedia of Life」から地球上に存在する全ての生物分類イメージが披露された。一見、色分けされただけのデータ画像をどんどんクローズアップすると、細かく種名が書かれており、ここから「人間」のほんの小さな点を紹介されることで、この視覚化によって可能となる情報のスケーラビリティや、より深い理解を実感できた。また、このあと視覚化する可能性のあるテーマとして「食物連鎖」「地理位置情報」「時間」などが挙げられていた。

FITC ソウル 2008

オランダのフラッシュ/フレックスのエキスパートであり「Papervision3D」コアメンバーの1人、ラルフ・ハウワートもまた、デザイナーではなくコーダーであると自らを主張し、コードフラッシュによるリアルタイム・エフェクトを用いた驚くべき3D技術作品の紹介で観客の度肝を抜く。彼が焦点をあてて実験を繰り返す光のフィルター効果も、印象的で美しいプロジェクトの1つだった。

FITC ソウル 2008

夕方に差し掛かり、色濃く刺激的な情報の渦に観客の集中力もぎりぎりになってきた頃、ジョシュア・デイビスの登場だ。ストリートアートから、ペインティング、そして先のエリック・ナッケと共通するコードフラッシュの自動生成によるアート、それによるプロダクトデザインなど、自身が表現媒体だと言うジョシュアは、作品の制作というよりも、その様々な発信の仕方によって魅せた。観客の状態に合わせて息を切らすほどに体を張りながら、過去のワークショップからエピソードなどを面白おかしく語る。アムステルダムのマクサロット・ギャラリーで行われた初個展についても紹介し、また『アワードや評価のためでなく愛のために作品をつくること、声を聞くこと、死ぬほど働くこと』と呼びかけて締めくくった。

FITC ソウル 2008

最後は、真っ暗なステージの中央に立ち、シェイクスピアの引用で劇的にプレゼンテーションを始めたカイル・クーパー。彼は150以上もの映画のタイトルシーケンスを監督、制作してきたモーション・グラフィック・デザイナーであり、有名な代表作品に映画「セブン」「ミッション・インポッシブル」「スパイダーマン」などがある。照明を落として刺激的な作品が次々と上映されると、会場からは拍手が沸き起こった。

FITC ソウル 2008

どのような最先端技術について語られようと、全てのクリエイターから発信される創作における様々な提案は、何にも共通する原点に立ち返った策であった。また、プレゼンテーションの方法もそれぞれに全く違って素晴らしく、それぞれが各クリエイターの作品テイストと完全に一致していたのが興味深い。この後ラウンジバー「ソウルサム」を会場にしたアフターパーティでは、翻訳者を通じて直接的なクリエイターとの交流も行われた。

2002年よりハリウッドや、アムステルダムなどで開催されてきているFITCの創立者によれば、このイベントを成功に導いてきた最初のステップが、開催都市の選択であると言う。いかにしてインタラクティブアートへのパッションが感じられる都市であるか。今年初めてアジアへの拡大にソウルが選ばれた理由は、観客はもちろんのこと、たくさんの現地ボランティアスタッフ、会場にあった全てのパワーに見て取れた気がする。この成功を経て、2009年の開催も予定されているFITCソウル。この都市におけるイベントの行方が楽しみであり、このパッションから生まれる新しいデザイナーやディベロッパーの出現が待ち遠しい。

FITC Seoul 2008
会期:2008年10月14日
会場:COEX, Auditorium
住所:Samseong-dong, Gangnam-gu, Seoul 135-731, Korea
TEL:+82-2-6000-1125
http://www.fitcseoul.com

Text and photos: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE