三嶋章義

PEOPLE

Elements。その調和と破壊。

ヒロ杉山率いるエンライトメントでは、アートディレクター兼映像ディレクターとしてその手腕を発揮しつつ、ソロ活動では、そこはかとない深淵な広がりを携えた独自の世界観を繰り広げるアーティスト、三嶋章義。NANZUKA UNDERGOUNDでの初個展から2年経った今年、8月30日から開催の個展「Elements」では、新たなる三嶋ワールドをDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAにて披露する。今回の展覧会をキュレーションしたNUNZUKA UNDERGROUNDの南塚氏が、展覧会を目前に控えた三嶋氏からお話を伺った。

三嶋章義三嶋章義

今回の個展は、2006年の「QUARTER」に続く、2度目の展覧会です。まずは、「Elements」とタイトルを付けた本展が、どのような内容になるのか、教えて頂けますでしょうか?


今回の「Elements」は、古代中国から伝わる五行思想からヒントを得ています。五行思想は、水、火、金、木、土という5つの元素(ELEMENT)によって、世界の成り立ちを説明します。具体的には、「水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」という五行相剋という考え方です。僕は、この五行思想の調和と破壊の相関関係を通して、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカ、南アメリカ、中東、アフリカ、ロシアといった世界中の様々な文化圏の調和の可能性についても、同様に考える事ができるのではないかと思いました。つまり、地球規模な視点にたって、世界のバランスを考えた際に、それぞれの異なる「元素」を互いに補完し、抑制するという事こそが今必要なのではないか、という問題意識です。

三嶋章義
PHOTO: JIRO FUJITA

そうした考えに至る前提として、僕は現在の日本社会に生きる僕自身の在り方を考えています。「QUARTER」(2006年@NANZUKA UNDERGOUND)において、僕は戦後第三世代を生きる日本人の1つの側面を表しました。それは、ヨーロッパも、アメリカも、アフリカも、アジアも全ての異なる文化を一様に差別無く捉え、また積極的に吸収しようとするフラットな感覚についてです。例えば、宗教の話ですが、戦後の日本人の多くは、キリスト教スタイルで結婚式を挙げ、和式で葬式をやるというように、無神教者です。以前に、マレーシアに行った際に、露店でコーランの教典が書いてある布を買ったことがあったのですが、その時に店主に「何で日本人がそんなの買うんだ!」って言われた事があるんです。僕自身には、宗教的な動機はまったくなかったので、ただ物質として欲しいと思っただけなのですが、そうした感覚は多くの国では通用しないんです。そう思った時に、無知ではいけないけど、逆に特定の考えやルールに固執せず、偏見や差別を持たない事はむしろプラスなのではないか、あるいはそうした感覚こそが、争いの無い平和な世界の構築に役立つのではないか、と実感したんです。

そうした考えも踏まえて、今回の「Elements」では、五行思想の5つの元素を擬人化した平面作品と、世界の未来像に対するイメージを具体化させた実験的なインスタレーションを行う予定です。

三嶋章義
PHOTO: JIRO FUJITA

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAという場所での展覧会という事で、特別に意識している事はありますか?

作品の制作に関しては特別な違いはないですが、いわゆるホワイトキューブ的な空間のギャラリーではないので、インスタレーション色の強い展示を意識しています。また、DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAはアートシーンだけではなく、ファッションやデザインの分野とも密接にコミュニケーションしている箱なので、作品を見て貰える人の幅は広がる事と期待しています。

三嶋章義
PHOTO: JIRO FUJITA

ここ数年、日本でもコンテンポラリーアートに対する注目が年々高まっている気がしますが、実際にアーティストとして、手応えだったり、逆に批判だったり、変化に対してリアリティーを感じますか?

そうですね。今回やらせて頂くDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAもそうですが、CHANELのモバイルアートHERMESのメゾンエルメスのように、ファッションからアートに触れる機会が増えていると思います。ただ、ここ数年エンライトメントでのグループ活動も含め、海外のアートシーンに触れる機会が増えているのですが、欧米と日本のアートシーンとを比べると、やはり世間の関心の差は感じてしまいます。とはいえ、そんなこと言っても始まらないんで、作家としては少しでも日本のアートシーンを盛り上げられるよう作品を発表していくだけです。

今後の予定を教えて下さい。

今年の12月にマイアミで開催されるアートフェア(Bridge Miami)で個展を行います。そして、来年2月にNANZUKA UNDERGROUNDで個展を予定しています。

三嶋章義展「Elements」
会期:2008年8月30日(土)〜11月9日(日)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
営業時間:1F STORE 11:00〜20:00/2F GALLERY 13:00〜20:00
定休日:不定休
主催:DIESEL JAPAN
キュレーター:NANZUKA UNDERGROUND
http://www.diesel.co.jp/denimgallery

Text: Shinji Nanzuka, Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE