MATE-RE-INNO

PEOPLE

7月18日〜31日の期間中、マテリノプロジェクトのこれまでの活動を1冊の本に収めた「MATE-RE-INNO—モノづくりで何を未来に繋ごう―」の発売を記念し、表参道ヒルズ「イデアフレイムス」内にて「マテリノ展」が開催された。

MATE-RE-INNOMATE-RE-INNO


環境問題について、デザインはどのような関わりを持つことが出来るのだろうか。代表の岩本勝也氏は、空間デザイナーとして日本や世界のモノづくりの現場で仕事を続ける過程で、2つのことを感じたという。1つは「モノづくりでゴミづくりはしたくない」ということ。そしてもう1つは「同じモノづくりの分野にいて尊敬する現場の人たちの技術や知恵を途絶えさせたくない」ということ。そんな”骨太な”思いから、2004年レーベル クリエーターズは誕生した。

このレーベルクリエーターズのプロジェクトの1つが、今回の「マテリノ」だ。マテリノとは「マテリアル・リ・イノベーション」の略語。こだわり続けることで、不可避に生まれてしまう副産物である端材に、デザインの力で新たに価値を与え、その生産・流通の仕組みもデザインするというコンセプトだ。端材と聞くと、四角や三角の角が粗い木のかけらが無造作に積まれている様子を連想するかもしれないが、Tシャツの端切れ、板金工場の装飾金物を抜いた後の抜け枠スチール、石材工場で石建材を切り出す際に出る余りの石など、その素材も形も様々だ。マテリノプロジェクトは、その中でも「上質な端材」に注目した。そんな選りすぐりの端材から、一つひとつハンドメイドで作られ生まれ変わったアイテムをいくつか紹介したいと思う。

MATE-RE-INNO

京都の老舗鞄屋である信三郎帆布の工房で出る端材を利用して作られた「ORI」シリーズは、丈夫で適度な厚みがあり、鑞が塗装されていることから折ると形状記憶するという素材の特徴を生かして、折るだけで完成するように設計されている。素材の良さを最大限に生かした形で作られたアイテムは、使い込むほどに味が出て手になじむ造りだ。ボタンやチャックなどを使わないで、出来るだけコストを抑え、お客さんが手の届きやすい価格に設定されているのも嬉しいところだ。折る様子を丁寧に実演してくれるプロジェクトリーダーの熊谷氏の慣れた手付きからは、作り手のアイテム1つひとつへの愛着を感じた。端材だからといって妥協は一切ない。シンプルながら使い手のことがよく考えられた機能性豊かな仕上がりになっている。手作りだからこそ、端材だからこその親しみやすさや味わいを感じることが出来る。

「人の体に触れるものは、やっぱり良い素材でないと」という思いから、今城メリヤスの協力の下、肌触りの良さ、素材から糸選び、サイズ調整まで細部にまでこだわり抜いた布製品も制作されている。しかし、服の制作に端材は付き物。でも、彼らは「端切れになっても、この布は気持ちがいいのです」と言い、また端材に新たな生命を吹き込む。Tシャツやストールなどの製作過程で出た端材を、パッチワークのように繋ぎ合わせて再び一枚の布にする。そして、その布を張り合わせて作られたクッションが「KOKOCHI」だ。色は本来の生成りの色だが、それぞれ柄が少しずつ異なり、視覚的にも楽しめる世界に1つだけのクッション。オーガニックコットン100%で作られた布は、触り心地も抜群に優しい。

MATE-RE-INNO

今城メリヤスでは、「吊り編み機」という特殊な機械を採用しており、それによって独特の優しい風合いを作り出している。しかし、そのこだわりが故に出る端材も多い。「どうにかその良質な端材を活かせないか」という思いから生まれた「MUSUBU」は、端材を一定の短冊状に切って、ひたすら網に結び付けて作られたラグ。その作り方を知ったとき、正直自分にも作れるんじゃないかと思ってしまった。発想を転換してみれば、「捨てる」を「リノベーション」に変えるのは、そんなに難しいことではないのかもしれない。普段何気なく捨ててしまっているものでも、よく見つめてみれば、アイデア次第で新しい価値を与えることが出来るのだ。

MATE-RE-INNO

マテリノプロジェクトのラインナップには、家具類も充実している。大阪にある山本工芸の製作「TUNAGU Furniture」は、薄く美しい木目の化粧板を貼った化粧合板という板の端材を材料に、チェア、スツール、テーブルなどの家具を製作するラインだ。その素材の美しさもさることながら、きらりと光るのは細部に見られる職人技だ。端材の特性上、薄い材を組み合わせて強度を作るデザイン・構造が必要で、その行程は相当な技術と手間を要する。

マテリノ展

「最近は、タッカーと木ねじで留めてしまうような家具が多いから、自慢の道具もうでも使う機会が少なくなったよ」と語る山本氏は、マテリノプロジェクトの理念に新しい可能性を感じ、伝統工芸士としての技術をふんだんに盛り込んだ作品を作っている。また、彼は、マテリノの作品をお弟子さんたちと一緒になり制作し、技術を教え込み、次の世代へと自身の技術を伝えていこうとしている。「モノとモノ」の繋がりに、新しく「モノとヒト」「ヒトとヒト」という要素が加わってくることで、その力は爆発的に拡大していく。マテリノプロジェクトは、環境問題というものを考える時に不可欠な「人間の意識」にまで作用し、ヒトを動かす力をも秘めているのかもしれない。

人々は、本当に環境に意識を向け始めたのだろうか。最近すっかりお馴染みになった「LOHAS」という言葉とその概念。しかし、日本の現状を見てみると、皮肉にも言葉が一人歩きし、副意的でファッション的感覚が強くなっている感は否めない。岩本氏は『日本のこんなLOHASの現状に、デザインという新しい文脈で人々により”骨太”な力を与えていきたい』と語る。彼らの「こだわり」「アイデア」「つながり」が重なる時、そこには、人間、社会、環境を変える思いもよらない原動力が生まれるのかもしれない。

MATE-RE-INNO展
会期:2008年7月18日〜31日
時間:11:00〜21:00
会場:イデアフレイムス
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館地下2階
http://www.label-creators.com

レーベル クリエーターズ
住所:大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル
TEL:06-6366-1161

Text: Tatsuhiko Akutsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE