ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ

PEOPLE

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ。1966年生まれ。セントラルセントマーチンズ美術大学で基礎を身につけ、ノッティングガムのステージデザインで1986年から1989年まで学ぶ。2001年、イギリスの実験劇場に勤務後、個人が歩んできた道のりや出来事を調査するソロ講演興行を開始。

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズダニエル・ベラスコ・ロジャーズ


2003年4月以降、デッサンした地図を展示したり、活動に関しての講演興行をしながら、GPSを持って旅を収集するようになった。2002年、パートナーのソフィア・ニューと「プランb」を設立し、イギリス、ドイツ、オーストリア、スイス、ベルギーでパフォーマンスや、ギャラリー、ニューメディア、音響などにも取り組んでいる。

手短に、マップメイキングについて教えてもらえますか?

我々がしていることを説明しようとすると、あまり面白みがないんですね。「マップメイキングの日常業務」というウェブサイトを運営しているんですが、どうして更新しているのかと言うと、現在進行中の活動に重点を置きたいからです。地図ってなんだか偉そうなところがあると思うのだけど、私たちの足跡は、日常生活の中で、2人に起こる出来事を綴ったものです。GPSは常に携帯しているし、外出時にはスイッチをオンにします。外出は全て記録し、マップに収集し、印刷するか、動画で、見せるようにします。

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ

いつ、どのようにして始めたのですか?

2003年の4月に始めました。その頃は、友人のマイルズ・チャルクラフトが、マクロラボの実習の一部として、スコットランドでプロジェクトに取り組んでいたのですが、ちょうどそれを手伝い終わった頃ですね。そこにあったんですよ、小型の標準モデルのGPSが。GPSは私がいい加減に始めていたことを自動で修正を行い、すべての訪問場所を書き留めたのです。最初の衝撃は、ベルリンの全ての新しい道路を書き留めたことでした。実際にその道路に出くわした時に、その都市について自分自身が学ぶことができました。都市は結びつけられると考えています。そのことを意識して、孤立した場所を始めて訪れて、結び付けようとするとき、脳細胞が新しいことを吸収する感じになるのです。2007年1月、ソフィアはすべての旅を記録し始めました。我々は娘と一緒に住んでいるだけではなく「プランb」カンパニーとしても一緒に働いています。仕事では、関係の親密さや日常生活の細かい部分を頻繁にやり取りします。そして、一緒にいるときの期間や離れているときの距離を地図作成へとつなげるのは、期待でわくわくします。この作業が、最近スコットランドのアバディーンで参加した「レコーディッド:ランドスケープ&ポリティックスオブニューメディア」の出展へとつながっていくのです。

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ

地図は毎日作っているのですか?

外出しては毎日データを収集しています。展覧会のためにベルリンに居たときには、1ヶ月間、毎日ギャラリーに地図を送りました。日々の旅をA4のPDFファイルで印刷しては壁に貼りました。本当の意味で地図を作成するというのは初めてでした。大抵は2週間毎にデータをダウンロードして、所有している大きな地図をAutoCADを使って毎月更新しています。このプログラムを使えば、様々な都市をズームにしたり、月毎に入れ替えて、印刷物を作成することができるのです。

GPSのデータはどんなもので、どうやって蓄積しているのですか?

多くの形式があるんですが、いたってシンプル。経度、緯度、日付、時間、海抜、そして、最終更新地点のフラグで構成されています。テキストで表すとこんな感じになります。

H LATITUDE LONGITUDE DATE TIME ALT ;track

T +51.4567100 +000.0844500 01-APR-07 08:27:55 42

T +51.4558800 +000.0883100 01-APR-07 08:28:09 57

T +51.4543100 +000.0949200 01-APR-07 08:28:32 56

T +51.4527300 +000.1013900 01-APR-07 08:28:55 54

T +51.4513900 +000.1071800 01-APR-07 08:29:15 51

T +51.4510800 +000.1103800 01-APR-07 08:29:26 47

T +51.4506600 +000.1142000 01-APR-07 08:29:39 44

T +51.4499000 +000.1174000 01-APR-07 08:29:50 41

T +51.4493000 +000.1205400 01-APR-07 08:30:01 40

T +51.4488400 +000.1250700 01-APR-07 08:30:17 36

T +51.4485100 +000.1285400 01-APR-07 08:30:29 33

T +51.4483300 +000.1327000 01-APR-07 08:30:44 34

T +51.4484400 +000.1352000 01-APR-07 08:30:52 37

T +51.4485900 +000.1397400 01-APR-07 08:31:06 34

T +51.4484100 +000.1430800 01-APR-07 08:31:18 30

T +51.4485300 +000.1464300 01-APR-07 08:31:30 29

T +51.4484900 +000.1498600 01-APR-07 08:31:42 25

T +51.4479800 +000.1528900 01-APR-07 08:31:53 23

一日にどれくらいのポイントを生成するのですか?

これは流動的ですね。持ってきたGPSをどのようにセットしたのかや、その時に何をやっているか、によります。トラックポイントは、毎秒記録できるのですが、早すぎるので、それはやりません。この設定は、2時間半ですね。もし、ベルリンにいて、いつものように移動中だったら、GPSは平均レベルのポイント記録にセットして、2週間毎に上書きされる前にダウンロードします。

今までいくつの都市で記録してきましたか?

ただ単にこんな感じで2007年はデータを分析してきました。だから、何都市を訪れたかとは分からないですね。2003年以降、いろんな町や都市に行かなくてはなりませんからね。都市の範囲にもよりますけどね。2007年だけであれば、おおよそ32の町や都市を訪れましたね。

なぜ、そんなに地図を作成することに夢中になれるのですか?

その質問は、まず、私が自分自身に問いかけましたね。私は何時間も記録を見ていられますが、他の誰がそんなことができますか?エキシビジョンや、いろんな場所でマップメイキングについて話してきましたけど、多くの人が興味あるのが分かりました。なぜかというと、様々な理由がありますが、マップメイキングとは、個人がどこで過ごしたかを地図で示した描写を解釈する、何か入り交じったようなものなのだと思う。もし、その町を知っていれば、話したくなるだろうし、各々の行動に影響を及ぼすものですよね。でも多くの人は、日常生活を地図にするなんて退屈だって考えてるでしょう。それがそうじゃないと言う事を証明したいのです。

収集しているGPSデータを使って他に何かやろうと思っているのですか?

描写した線でアニメーションを作り始めました。この仕事のために、アーティストであり、講義者でもあり、ソフトウェアデザイナーであるアンドレア・シュリゲルとコラボレートしています。彼とは、東京で会ったのですけど、オープンソース・プログラム言語のプロセッシングについての知識が豊富なんですよ。

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ

記録が思い出を運んできたりはしますか?なんとなく感情的になったりしますか?

都市の地図を見る時、私は大抵がベルリンですが、とても太い線があったりします。これは、GPSの正確さと私が毎日歩く現実が混合したものです。もちろん、これらが知った道だとはいえ、読み解くのは非常に困難です。でも、日頃の道をどれだけ覚えているか、どれだけ意識的であるかを気づかせてくれるので興味深いです。しかしながら、1,2本は太い線があります。これは私の思い出として読み取れますね。手短に答えると、とても感情的に引き付けられることはあります。なぜなら人間なんだってすごく感じるからです。これは人生描写です。夢想ではないし、まさに現実です。時に退屈であったり、時にエキサイティングであったりと、私が足を運んだすべての場所が収集してあります。ある意味、定義であり、戦いであり、自由でもあります。

ロンドンは、警察によって、公共カメラがコントロールされていて議論を呼んでいます。セキュリティーのために記録することをどう思いますか?

う〜ん、この話題は実に興味深くもあり、頭に来ていることでもありますね。同時に、何かできないか、真剣に思っています。イギリスを去ってから、あそこは特殊だったことに気付きました。我々は、IDカードの類は長年持ち歩いていないんです。誇りでもありますね。でも今、世界で最も監視されているのが現状です。日常生活において、見渡せば、カメラがありますし、それらの全てが連携しているのかと疑いたくもなります。イギリスは世界中にある420万個の監視カメラの20パーセントを占めています。だからと言って、カメラのことを心配しているわけではないのです。カメラは、驚異的に増えており、会話の中にも入り込み、誰かが怪しい行動をとったら、自動的に場所を推測できるような認識ソフトウェアさえも受け入れています。ほとんどのATMが、カメラを搭載している現状を見ると、銀行は正確にいる位置を把握できるのです。知りたくもない人も含めてすべての人間が対象となって。そう考えると、別にGPSについて、なんら警告を発する必要はないのです。記録されるのは、GPSを介してではなく、携帯電話、銀行カード、 バーンカード、パスポートなどを介してなんですから。

ダニエル・ベラスコ・ロジャーズ

携帯電話の記録が個人のプライバシー侵害であると思いますか?

何がプライバシーなのか、については多くの議論が必要でしょう。このインタビューの範囲ではないですね。でも、今日の専門的技術者集団による社会の挑戦は新型で、おそらく無害の記録技術が出るたびに、プライバシーの観点から何を失ったのかを見続けなくてはいけないね。この技術は自然には消えず、政府が市民から集めたデータをどうにかして使ってやろうと考えいるからこそ問題なんです。ある意味、それはとてつもない圧力です。我々は、もっとその過程を知るべきであり、政府の責任として、市民のデータがどれだけ蓄積されているのかを伝えなければなりません。すべての企業が消費者に、分析やマーケティングのためにデータを使用する旨をはっきりと伝えなくてはいけないし、そのデータが他の企業に売られる旨を伝えなくてはいけない。

記録が生活をも救うと…。

そうですね。それについては疑いの余地はないですね。でも、いつもそう考えているわけではないんです。イギリスの犯罪率は、監視社会ではない国に比べても、一向に減る気配がありません。結局は単なるデータに過ぎないんです。ある地域で、本当に病院を建てる是非を問うときに、データを用いるみたいにね。ニューヨークで起きた9月11日の同時多発テロによって、人々は常に警戒心を抱き、猜疑心を持つようになり、生活の質の低下を招きました。テロに遭うのは宝くじに当たるのと同じようなものだと誰かが言っていました。つまりはそんなものなのです。

あなたの仕事は「ビックブラザー」文化への批判だと考えていますか?

そんなことはないですね。問題作を作ることには興味がないし、社会について批判しようと思ってないです。それは私が望むやり方ではないからね。私が興味あるのは、物事について何ができるのかを知って、人生を通して、政治的にどのようにアプローチしていくかを知ることです。

注:ビックブラザーは、イギリスの「Channel4」が製作した他人同士が一つ屋根の下で暮らしている映像を流す番組

いつまで地図を作り続ける予定ですか??

それはとんでもない質問だね。私が死ぬまでか、技術が変化するまでかな。今すぐに辞める理由なんてない。だから、理由が出来るまでは続けるよ。

近々、展覧会はありますか?

最近は、スコットランドとベルリンで開いているよ。ぜひ、ウェブサイトをチェックしてみて。

Text: Eduard Prats Molner
Translation: Kazunari Hongo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE