ヴィト・デ・ヴィス

PLACEText: Kana Sunayama

アートファンにとって、ロッテルダムという街の名を聞けば思い浮かぶのが、やはりまずはブリューゲルの「バベルの塔」を所蔵するボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館だろう。しかしコンテンポラリーアートファンにとってはというと、マウリツィオ・カテランの上記の美術館でしか見ることのできないインスタレーションも捨てがたいが、どうしても行っておきたい場所といえば、1990年に開館されたヴィト・デ・ヴィスだ。

ヴィト・デ・ヴィス

首都のアムステルダムに続き、オランダ第二の都市であるロッテルダムは、世界有数の産業港でもある。1940年にドイツ軍によって焼け野原となったこの街は、オランダのビジネスの中心地として、また壊滅の後をもろともせず、興味深い現代建築の中心地としても復興した。それはマーストリヒトにも別館を持ち、世界有数の大衆にも開かれたオランダ建築研究所、通称「NAI」の存在でも明らかだ。

ヴィト・デ・ヴィス
Bruce Nauman, Seven Figures, 1984 Courtesy of Stedelijk Museum Collection, Amsterdam © Bob Goedewaagen and Witte de With

ヴィト・デ・ヴィスは元来の「美術館」の目的である「美術品保存」を主とするのではなく、ロッテルダムという都市のコンテキストに、コンテンポラリーアートとそのセオリーを取り込んで行くというコンセプトをもとにつくられた、言うならばアートセンターである。

ヴィト・デ・ヴィス

また、一階部分には1999年に開かれた「Tent」というヴィジュアルアートに焦点を充てた、1000平米もの展示スペースを持つ。この空間は、地域のアートをロッテルダムと言う街、そしてワールドワイドにまで拡げていく場として社会文化的作品を紹介する。

またその地域密着型の特性を活かし、ロッテルダム国際映画祭などの分野を超えたコラボレーションも行っている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ボール・ピヤラック
MoMA STORE