ノーマディック!展

HAPPENING

シェイン・イーマンと仲間たち。

Makin Jan Maノーマディック展

2008年3月20日から4月20日まで、トーキョーワンダーサイト本郷にて企画公募展「ノーマディック展ーシェイン・イーマンと仲間たちー」が開催された。


企画は当方(ビルド・フルーガス)が務め、遊牧的気質のカナダ人作家、シェイン・イーマンとセス・スクリバーの実体験に基いたアニメーション「Asphalt Watches」上映や日本滞在中に制作したレジデンス作品、そしてマーク・ベルを加えてアートコミュニティの親密さを表すコラボレーションルームを展示した。

展覧会のタイトルである「ノーマディック」とは、遊牧的、よりよい住環境や豊かな土地を求めて旅をする人々の集団性を意味する。

カナダのアルバータ州出身のシェイン・イーマンは、カナダとオランダの美術大学就学後、菌学、伝承民族植物学、環境保護、人類学を独学、 大工仕事や石職人もこなす一方で、写真、絵画、アニメーション、詩等を手法に作家としても遊牧的に活動している。

CDデザインやユナイテッドバンブーのTシャツを手掛け、”表現すべてが独自の世界感を生み出す”と、米ストリートアート界が注目する若手作家の一人。「ノーマディック」とは、まさに遊牧的に生きるイーマン自身や作風を象徴している。

ノーマディック展
「終末時のスタディー」 原画:シェイン・イーマン、衣装制作:田中謙一

「Asphalt Watches」は、髭面で黒いマントに身を包んだスクリバーと半透明のオバケと化したイーマンが、カナダ西海岸バンクーバーから東部トロントに向けて貨物列車に飛び乗ろうとする場面から始まる。すぐさま、貨物列車が運行していないことが判明し、二人は泣く泣くヒッチハイクへ転向・・・。

本作品は、ドン・キホーテやサンチョ・パンザ、ハック・フィンとジム、ボブ・ホープとビング・クロスビー、ジャック・ケロアックとニール・キャサディ等のロードムービーや放浪がテーマとなる代表人物のギャグや放浪と遍歴の生活話が引用され、独創的な登場人物と怪しい状況に満ちたアカレスクな旅へと展開する。

自称サンタクロースの中年男性、タトゥーを見せびらかすマッチョ、マイケルジャクソン風のジャケットに、ウェンディーズのハンバーガー・・・。イーマン作曲のサウンドトラックが脳裏に焼き付き、描かれた登場人物らが、今にもリズムに乗って動き出しそうだ。

思い出深い会話や印象的な人々は壁画に描かれ、40分でありながらリズミカルに展開するアニメーションを見終えると彼らの旅を追体験するかのようだ。

ノーマディック展
ヒッチハイカーのスーツケース/セス・スクリバー/2008

また、セス・スクリバーによる「ヒッチハイカーのスーツケース(2008)」は、灯油缶に手を加えたもの。生きる知恵と創造性をユーモラスに表す姿勢が、展覧会のあらゆる箇所で伺え、発想の柔軟性や適応性の高さが新鮮かつ刺激的だ。スクリバーが与えてくれるのは、表現に於ける真新しさではなく、解放感や自在さ。来場客に活用法を伝えるスクリバーは、「お手を触れないでください」が心得のギャラリー空間を、開放的な空間へと導いていた。

TWS本郷での展覧会に加え、イーマンとスクリバーは、ビルドスペース(塩釜)や田中謙一アトリエ(京都)にてアーティストインレジデンスを行い、滞在期に制作した作品は「コラボレーションルーム」に展示された。

ノーマディック展
こけし/セス・スクリバー

レジデンス作品の代表作は、スクリバーによる「こけし」。日頃からスケッチブックに筆ペンを巧みに使いこなし、松島こけしも見事にスクリバーのキャラクターと化した。土地特有の素材と地域文化を瞬時に自身の手法に取り入れるのも、遊牧的な表現活動からだろう。伝統文化がそのまま模倣されるのではなく、作家自身が投影されているからこそ、球形の頭部と円柱の胴が基盤となるこけし人形が「ちょんまげ」を装う頭部となるのだ。道化る作風には、思わず笑みをこぼしてしまう。

ノーマディック展

壁面には、イーマンによりセレクトされ、丹念に貼付けられたドローウィングやコラージュ画が展示されている。色褪せた紙と自作の詩、雑誌の切り抜きにポリティカルなメッセージ、そして繊細に描かれた線画・・・。イーマンの作品では、遊牧的であることは曖昧に彷徨うのではなく、よりよい状態や状況へと向うことであり、遊牧的な自由さの中にも、入念に組み立てられた設計図が作品から感じられる。

ノーマディック展
ドローウィング、コラージュ/シェイン・イーマン

遊牧的であるのは、イーマンだけではなく、彼を取り巻く仲間たち、セス・スクリバーやマーク・ベル、エイミー・ロックハート等、カナダ人アーティストの多くに言える。

ノーマディック展
旧石器時代の翼のあるホーマー/シェイン・イーマン

「Asphalt Watches」に収められるように、彼らは、人生に於ける滑稽な出会いや無益な時間の繰り返しもまた意味あることを教えてくれる。
経済競争よりも、広大な自然環境や文化・風土的財産を重んじるカナダで生まれたイーマンと仲間たちが、純粋に時を楽しむこと、そして自然の営みの中で自己表現することを示してくれた。

ノーマディック展
キルト/グロリア・テイラー、シェイン・イーマン共作

難解な言葉を並べて知性を競う対話ではなく、ジェスチャーや繊細な表現を敏感に読み取る対話から私たちが失っているノーマディックな感覚を呼び起こしてくれる、そんな展覧会であったと思う。

ビルド・フルーガスプロジェクトは「表現」において、ジャンルのない「ネットワーク」づくりに取りくんでいる。他ジャンルのアーティストが表現し、繋がり、そしてまた新たに繋がっていく。エンドレスに構築される進行形のネットワークの核、プラットホームである。

現在では、第一線で活躍する作家から若手作家まで、国内外アーティスト約50名が、企画や展覧会、アーティスト活動のために交流や情報交換をしている。互いの活動やモチベーション向上だけではなく、ア−ト全体を支援するためにジャンルを超えたアーティストネットワークが築かれている。

2008年8月には、カナダ・バンクーバーにて、日本より気鋭のアーティスト5名の展覧会を開催する。参加アーティストは、郡司侑祐(美術作家)、小林エリカ(漫画家)、平間至(フォトグラファー)、松本力(アニメーション作家)、師岡とおる(イラストレーター)。日本とカナダのアーティストネットワーキングや表現の場の開拓に取り組んでいく予定だ。

トーキョーワンダーサイトEASP2007入選企画
「ノーマディック!展シェイン・イーマンと仲間たち」

会期:2008年3月20日(祝・木)〜4月20日(日)11:00〜19:00
休館日:月曜日
会場:トーキョーワンダーサイト本郷
住所:東京都文京区本郷2-4-16
TEL:03-5689-5331
入場無料
主催:財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
企画:ビルド・フルーガス
後援:カナダ大使館
助成:カナダカウンシル
認定:企業メセナ協議会認定

Text: Aya Takada
Photo: Reiji Ohe

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE