マーキン・ヤン・マ

PEOPLE

『全てのものの背後にある愛を捕まえ、分ち合うこと、それが僕の使命』。

Makin Jan Ma

彼は物語や脚本を書き、その中の登場人物の着る服をデザインし、それからそのデザインした服を着ている人物が登場する物語を映画にする。映画、写真、ファッション、イラスト、詩的な言葉たち。コンセプチュアルに遊び心たっぷりにこれらを駆使して作品を作るアーティスト。彼の名前は、マーキン・ヤン・マ。2005年にリリースされた「Plans For Other Days」でのヤンファミリーの一員としての活躍は記憶に新しい。映画を中心にあらゆる手法を用いて彼の中に溢れているアイデアを表現し、発信する。その止まることのないアイデアの泉の源を探る旅にご案内する。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
AW08 – Can I Come Inside?

はじめに自己紹介をお願いします。

香港の養鶏場で育ちました。僕の家族が養鶏場を経営していたので、小さい頃は何千ものニワトリの鳴声と共に毎朝目覚めていました。いつも木に登ったり、自転車に乗ったりしている、やんちゃな子供でした。グラフィックデザインを勉強しにロンドンへ渡ったのが19才の時。そこで初めて知ったのは、僕が香港から来ている友達みんなと同じような普通の生活を送っていなかったんだってこと。というのも、彼らは皆、高層マンションに住んでいて、木に登ったことなどないような暮らしをしていたからね。大学は、セントラル・セント・マーチンに進み、そこで自分自身のビジュアル・ランゲージを発展させていきました。毎日のように新しいことをして過ごし、新しい興味を発見する場所だったセント・マーチンは、何かを試す自由と何か間違いを起こす自由ということを教えてくれました。間違いをたくさん起こすことで、僕独自のものの見方というものに自信が持てるようになり、大学卒業近くには、自分自身の表現を磨くのにもっと時間が欲しいなと気付いたので、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修士課程に進むことに。そこで更に2年間、自分の作品を作ったり、いろいろ考えたりしました。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでの時間は、自分にとって、とても貴重なもので、ものごとをスローダウンしてより深く考えるということを教わりました。それから、誰かとクリエイティビティをシェアしたり、生活をシェアしたりという、分かち合うことの美しさについても学びました。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
Tough Love – Jeans Collection, Photo © Jez Tozer

最近の活動やプロジェクトを教えてください。


「CAN I COME INSIDE?」という今シーズン用の3分間ショート・フィルムを撮影し終えたところです。楽しかったけど、外で撮影するのにロンドンの天気には困らされましたね。すべての撮影をエピング・フォレストという、木々に囲まれた、とても美しい場所で行いました。そこは街から遠くとても静かなところで、撮影していると田園地方を散歩しているような気分になって、とてもエキサイティングな体験でした。

それから、新作のデニム・コレクション「TOUGH LOVE」の準備に忙しかったです。「愛することに疲れちゃった(Loving you wears me out)」というのがこのプロジェクトの始まりで、誰かを全面的に愛する時には、その愛の重さに受けて立つような勇敢さがないといけない。愛はいつも甘いものではない。愛を貫くのは困難だ。今回、写真家のジェズ・トーザーと撮影を終えたばかりなんです。写真撮影はとても楽しかったけど、体力を消耗するようなボクシングの日々が続きました。

Makin Jan Ma
Makin Jan Ma
Flats & Sharps – Accessories by Makin Jan Ma

新ラインとなるアクセサリー「Flats & Sharps」も展開しています。「Flats & Sharps(フラット&シャープ)」は、ビンテージピアノの黒い鍵盤の部分を示しています。ビンテージピアノでは、黒い鍵盤はとても固い特殊な木の黒檀からできていて、白い鍵盤は象牙からできています。このコレクションのアクセサリーも黒檀と金属からできています。「Rock For A Better Future(より良い未来の為にロックしよう)」という一文がアクセサリーの内側に刻んであります。このラインは、すこしロックっぽい感じなので、ロックと自然の調和を意図してみました。より良い未来の為にロックする時がきた。これは僕が初めて手がけたアクセサリー・コレクションで、作品を作る工場とは密に作業しています。角度やカーブの感触や自分のもつ感覚で形を作っていくことなど、触れて形成していく感じがすごく楽しい。

また、現在は新作となる2009年春夏コレクションの映像用にストーリーを書いたり、プリントを作ったりしています。今のところ分かっているのは、ウクレレを上手に弾ける人物が登場します。光に敏感なプリント生地のデザインもしています。前回のコレクションから更に「形」にこだわってます。お楽しみに!

他には、エキシビションの計画を立てたり、場所や日程のプランを立てたり、いろんな考えをまとめています。

そういった最近の活動の中でも最優先課題は、カンフーの一種「詠春(ウィンチュン)」を習うこと。ロンドンでトレーニングを始めたので、まだ初心者なんだけど、とても楽しんでいるし、集中するということに役立っています。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
SS08 – Wild In Heart

ファッション、イラストレーション、写真など、いろんな手法を用いて作品作りを展開されてますよね。異なる手法が互いに影響し合うことについてどう思いますか?(例えば、台本、映像、衣装など)

僕にとっては、どれもみな同じ根源からきています。ものを作りたい、何かを作りたいという衝動があって、それを僕はいろんなやり方で表現しようと思ってます。とても自然発生的な方法でね。僕は作品を作る過程で着想するので、異なる手法で作品を作ると、再度問題を考え直したりする時間が生まれます。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
SS08 – Wild In Heart

どのようにして異なる手法を使う心地よさというのを見い出したのですか? 常に多種多様な方法での作品作りを行っているのですか?

僕は様々な異なる手段で作品を作ります。それは自分が何を表現したいかにもよるけど、いつも使ってる手法だと表現しやすいというのはあります。ものを作ることは大好きです。長時間ものを見つめ、それで何をしようかなと考えます。異なる方法を用いる時、こうやってものと向き合い関係を築くこの過程が、僕の自信を築き上げるのにとても役立っています。

Makin Jan Ma
Life Sucks But It Tastes Good

映像作品について伺いたいのですが、ご自身で映像作品のすべてを手がける面白さは何ですか?

ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修士課程終了くらいから、無性に映画を作りたくなったんです。ただ単に誰かに何かを売るというビジュアル・ランゲージとしてのグラフィックデザイナーにはなりたくないというのはわかってました。自分はもっと何か与えたいという感じがあるし、違った方法で言いたいことがあるんです。映画を作りたい、それが全てでしたね。そこで、簡単な物語を書き起こし、簡単な脚本を書いてみたんです。物語を考えるのに、想像上の登場人物に着せる服を考え始めました。服は時に物語を進めてくれたり、感情を表現してくれたりするからね。

当時の日本の代理店が、僕の作った服をみて日本で展開してくれることになったんです。試してもらうことにしたら、僕に注文がきたんです。その時から工場という工場を駆け回って服作りのハウツーを学ぶようになりました。そうして僕のアイデアは衣服へと転換され始め、それと同時にもっとストーリーについても考えを巡らせるようになりました。物語に登場する人たちの服を作り、今では全ての物語を映画にしたいと思っています。心の中にシーンのイメージが浮かび、セットや登場人物など周りに散らばってる小さなこと、その全てをただ外に表現したいというか…。頭の中で物語を視覚化して、現実にそれを起こしたいという思いがあるんです。

服を作るのが最初か、物語が最初か。これはまだ明確ではないですね。どちらの場合もあるので。僕はそれを何かもっとアイデアの発展の長期過程としてあるものと捉えてます。もしある日、長編映画を作っているとして、服を作ることや物語を考えることなど全ては僕の研究の一部なんです。僕は非常に自然発生的に仕事を進めます。
ある人を見て服のアイデアを見つける時もあるし、服のこと考えてたらその服に合う登場人物を見つけるときもあるし。僕は制作過程においてオープンに構えていようと心がけてます。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
SS08 – Wild In Heart, Photo © Jez Tozer

ファッションをショーではなく映像の中で表現するのはなぜですか? ショートフィルムでファッションを表現することで一番興味深いところはどこですか?

今自分がやっているのは映画制作の練習のようなものなんだと思います。すごく真剣に捉えているんだけどね。短編映画を編成する時、僕はプロデューサーです。映画制作の過程で可能な全ての要素を考えなくてはなりません。どんなに小さなプロダクションでも、同じくらいの意思決定やエネルギーが関わると思うんです。

映画のことを考える時、どんなことも全部がとても重要です。映画作りで楽しいのはそれが「エゴを取り除く行為」でもあるからです。自分だけでは映画は作れないですから。映画を作るということは、いろんな人たちとのコラボレーションです。ショートフィルムの経験で多くのことを学びました。誰かがスターなんじゃなくて、みんながスターなんです。服を披露しないとならないけれど、同時にそんなにはこだわってないです。それに、たとえファッションショーを行ったとしても、そんなに豪華な感じのものにはならないので。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
AW08 – Can I Come Inside?

服のデザインはとてもシンプルですね。何かもっとテキスタイルの使い方だったり、そのコンセプトをどうやって表現するのか、というようなことを感じます。服をデザインする時に大事にしていることは何ですか? またテキスタイルをデザインするとき何から影響を受けてますか?

シンプルなディテールが大好きで、人が使ったり着たりできるものを作るのは楽しいです。自分のアイデアを具体化するのにコンセプトが背景にあるようなプリントものはよく作りますね。プリント作品を作るのは楽しく心が落ち着きます。僕の素材と思考の関係というのは、とても面白いものです。手を使って素材に触れたりするように、服をデザインするのに感覚を使います。瞑想するみたいに。考えるのを止めると多くのことに気が付きます。もの作りをするということは、僕にとっては、目を閉じて惜しみなく全てのイメージや思考で自分の心を満たすことなんです。そして、再び目を開いた時、そのイメージや思考を作品に投影します。少なくとも僕にとって、クリエイティビティは日々の生活が反映したものなんだと思います。もし、毎日経験することにすごく敏感でいようと努力すれば、自分の想像力に敏感さが反映されていくものだと思ってます。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
SS07 – Let Go! Don’t Look Back In Anger.

あなたの多くの作品にはテーマなどのストーリー性があるように思います。例えば、ランダムな言葉だったり、ペンで線を描いたようなものだったり。同様に映画作品では「故郷」がコンセプトであったり。テーマが作品をつなぎ合わさせているというのはどう思いますか?作品を通して表現したいと思う圧倒的なコンセプトは何ですか?

僕は、人との関係だったり、もの同士の関係だったり、人とものの関係だったり、そういう様々な関係にとても興味があります。もの同士がどう繋がっているのか?人とものがどう繋がっているのか?言葉の作品の全てはランダムな文章だったり、何かを長時間観察している時にひらめいた言葉だったりします。僕はたくさんは考えないで、ただ観察をするんだけど、そうすると作品(言葉)がやって来るんです。来る時にはやって来る愛情、みたいなものです。コンセプトは、全てのものの背後には愛があるということでしょうか。僕の仕事はその愛を捕まえて、人々に分け与えることです。

Makin Jan Ma
Janfamily – Plans For Other Days
A book published by Booth-Cibborn Editions, 2005
Edited and photographed by Nina Jan Beier and Marie Jan Lund

クリエイティブな仲間とのコラボレーションはよくしますか?するとしたら、ディレクターとしてでしょうか?それとも「共生的」な関係なのでしょうか?

たくさんの人と作品を作ってますが、プロジェクトにより異なります。ショートフィルムの制作の時は多くの人と作業します。コレクションのプリントデザインでも、いろんなアーティストとコラボレーションしてます。僕が小さい頃、養鶏場を営んでいた最愛なるおじいちゃんに捧げる、ニワトリ柄のTシャツを作る時によくコラボレーションしてます。

Makin Jan Ma
AW06 – Love Hurts – But Everyone Should Fall In Love

作品作りの過程はどのように進みますか?

今のところは締め切りが全て! 理想としてはもっと旅行をしたいし、もっと座って考える時間がほしい。作品作りの過程は植物が育っていく様子と似ています。十分な時間や空間、水、空気や光の調整、栄養を与えると、アイデアが育っていくみたいに。そして、そこに僕はただ静かに佇み、育っていく様子を眺めてるというように。

影響されたり、インスピレーションを受けたりするものはありますか?

周りの人々。会話。詞。映画。

スタジオでの日常を教えて下さい。

いろんなことを同時にやろうとしてます。ふと誰かがコーヒーのお誘いに来る前にね。

Makin Jan MaMakin Jan Ma
AW07 – Have Guts, Will Travel, Long Way Home.

ファインアートとデザインの違いは何だと思いますか?

お金の話をしないか、するかの違いかな。

Makin Jan Ma
Peep Throuth My Ears

ベルリンやロンドンなど数多くの文化的都市で作品を展示されてますが、どの都市が一番自身の作品に理解があると思いますか? またそれはなぜですか? どの都市から影響を一番受けていると思いますか?

やはり一番影響受けてる都市はロンドンです。ロンドンでたくさんのことを経験しているので。自分の作品がどこかの都市で、より理解されているだなんて思いません。作品づくりにチャレンジすることは、特定の人とだけでなく、たくさんの人とコミュニケートすることです。作品それ自体がいろんな異なる観衆とコミュニケーションするものなんだと思います。

将来はどうなりたいですか?映像作家になりたいですか?

映像作家+ハッピー・ランナー

Makin Jan Ma

今月のカバーデザインのコンセプトについて教えてください。

「The Yogifinger(ヨーガ行者の指)」という作品を作り、インターネット閲覧者のために平穏な時間を提供しようと思いました! 瞑想に耽る心境に陥ってもらいます。アニメーションを見ている人の注意を引くような小さな仕掛けがしてあります。ちょっとしたサプライズです。

今後の予定を教えて下さい。

今この瞬間を楽しむこと。愛と平和。

読者にメッセージをお願いします。

より大きな夢を抱き、より一生懸命に生きて、より深い愛を。

Makin Jan Ma
Tel: +44 (0)20 7739 3699
info@makinjanma.com
http://www.makinjanma.com

日本国内での問い合わせ先:
DUNE
Tel: 03-5206-7166 

Text: Aron Morel, Mariko Takei, Kazumi Oiwa
Translation: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE