木村浩一郎

PEOPLE

アバンギャルドでなければ面白くない。

インターナショナル

仙台を拠点に、ショールーム「international」をオープンさせ、国内外で活躍しているデザイナー、木村浩一郎。日本の伝統技術である漆器をベースに、アートからインテリアに至るまで、伝統を重んじながら独自の形を確立してきた。また数々の展示会に作品を出展し、世界の様々な企業からオファーを受けている。
最高に美しいものづくりを目指し、その道を歩み続けているという木村氏にお話を伺った。

自己紹介をお願いします。

ファッションデザイナーを目指し活動していたとき、尊敬するデザイナーから家業を受け継ぎ新しいことにチャレンジすることに生きる意味があるのではと助言され、漆器業を受け継ぎ、ミラノサローネ等国内外でデザインを発表し、現在は、アートからハイテクにいたるまで、国、県、市から国内外の様々な企業と活動をしております。

インターナショナル
BOX, Yellow / Pink, 2006

デザインを学校などで学んだことがないそうですが、なぜインテリアデザイナーの道に進まれたのでしょうか?

今も基本は、漆器業で、自分がアーティストとしてやりたいとか、インテリアデザインをしたいとかということを自分から手を挙げたことはないのですが、様々なところからお声をかけていただき活動の幅を広げていただきました。今は、90%がアートの仕事です。

インターナショナル
NEW WAVE, GOLD Cup, Saucer & Spoon Set, 2006

なぜ、拠点を仙台においているのですか?

もちろん自分の街を愛していますし、今でも憧れさえ持ってます。
世界中いろんな街を歩きましたが、やはり、美しいです。

インターナショナル
Haute-Couture “Swarovski”, Prtable Ashtray, 2007

木村さんの作品は従来の漆器から通ずる暖かみや優しも感じられますが、シャープでどこか奥に秘めた激しさを感じます。なぜこのような作品に至ったのでしょうか?また何から発想を得てますか?

パンク全盛時に「All or Nothing」の青春時代をすごし、三島やメープルソープやパラジャーノフ、キューブリック、ジム・ジャームッシュにかじりつき、きちがいなまでのエレガントさということを教えてもらいました。ノーコンかもしれませんが、ストレートなメッセージを世の中に投げ込みたいと考えております。

mchair.JPG
M-Chair, 2007

作品は、主に食器、家具、インテリアなど日常使われる身近なものがほとんどですが、実際の作品は“非日常的”なカタチと色彩に満ちあふれていますよね。作品に込められた思い、また素材へのこだわりを教えてください。
 
自由と喜びがテーマです。ピラミッドブロックでつくられたMチェアというものがあるのですが、とんがっているので座れば痛いのですが、美しければいいし、逆に座りたい人も多くいると思うし、世の中では、美しいことが最も大切であると考えております。日常ほどアバンギャルドと思いませんか?

インターナショナル
International, Sendai

international」を立ち上げたきっかけ、またテーマを教えてください。

個人的に、愛する仙台を芸術の都にする会の会長を務めており、世界のリアルなフロントエッジがフィルターを通さないで仙台にあるということを私はやりたいと思い、3年前にオープンしました。「ひととモノとのさらに進化した関係を創造すること」がテーマです。

インターナショナル
HIGH TIMES, Sendai, 2007

シャンパンバー「HIGH TIMES」をプロデュースすることになった、 きっかけを教えてください。

友人から6坪の店で面白いことがやりたいといわれ、シャンパンしかでない、クールでゴージャスで少しチャラチャラしたゴールドでミラー張りでアッパーライトできちがいエレガントな店がいいというところからはじまりました。

インターナショナル
Kawara, 2008

海外へ初めての出展作品と作品のコンセプトを教えてください。

「Kawara」シリーズです。日本のかわらや平等院鳳凰堂の屋根のような、なんともいえないバランス感覚を日本の精神美をもって形を作りました。

インターナショナル
Piece of Peace, 2008

ご自身の作品で一番気に入っている作品を紹介してください。

「Piece of Peace」です。NY9.11事件後、販売していただいていたお客様にお見舞いのメールをお送りしたところ、この事件があったからこそ、君からの愛を感じることができました。神に感謝。とお返事をいただきました。壊れたから終わるのではなく、壊れたから生まれることがあると教えられ、形にしました。

今年のミラノ・サローネで発表される、新作「Fusion」について教えてください。

今、宗教や人種間の対立で、様々な対立がおこっている、そんなこと融けて一つになってしまえ、地球上の全てが融合して欲しいということを、色とかたちで表現しました。 

インターナショナル
Fusion, 2008

木村さんから見た、日本のインテリア界はどのように思われますか?

伝統の技術は、間違いなく世界屈指です。歴史に学べば、おのずと生まれてくるでしょう。
今、ジャパンブランドが進行しており、伝統の技術をデザイナーがリノベーションしておりますが。私の場合、伝統的な漆器やですが、今は、ハイテクをデザインしております。時代は、変わりました。

インターナショナル
USB Memory Stick, 2008

今後の予定など教えてください。

今月ミラノ・サローネでの新作の発表、6mの彫刻の発表、仙台市の国際プロモーションのための総本金箔貼りの光造形によるUSBスティックアートをはじめ、国内外でエキシビションがおこなわれます。詳しくは、ウェブをご覧ください。

最後に読者にコメントをお願いいたします。

私は、美しいこととは、喜びと、様々な経験から教えていただきました。これから、仙台から世界を挑発をテーマに、超攻撃的にアートを発表して参りたいと思います。私の作品に興味のある方は、どうぞご連絡下さい。皆様とどこかでお会いするのを楽しみにしております。

international
住所:仙台市青葉区立町26-13
TEL:022-223-3267
info@love-international.jp
http://www.love-international.jp

Text: Kazumi Oiwa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE