コマネチ

PEOPLE

コマネチネットサーフィンをしていて、突然に素晴らしいものが目に飛び込んでくる体験をしたことはあるだろうか?コマネチはそんな珍しく素晴らしいものの一つ。

コマネチというこのバンドは、どう紹介すればよいかとても難しいが、わたしが初めてこのバンドの音楽を聴いた時、とにかく震えが止まらなかった。曲を聴き終わった後、自分もYEAH! と叫んでしまうようなカッコいい曲、「デス・オブ・ユー」を初めて耳にした時、一体誰が歌っているのか探さずにはいられなかった。

コマネチはロンドンをベースに活動している、シェーキング・ハードノイズ・ ロックバンドで、メンバーはアキコ(ボーカル、ドラム)とサイモン(ギター)の二人。
2005年にホワイト・ハート・レコードから「ルード」と「ネイキッド」、2007年には「マイ・プッシー」をリリースした。また、同じく2007年にメロック・レコードから「デス・オブ・ユー」をリリースしてる。

この記事を読み終えて、彼らがどんなバンドかを知ると、読者の皆さんは私のようにコマネチのファンになってしまうことだろう。コマネチのウェブサイト「comanechi.com」と「myspace.com/comanechi」を是非見てほしい。

アキコは、他にPREという素晴らしいバンドのリードボーカルでもある。インタビューを申し込むと、快く引き受けてくれた。


コマネチ
Photos by Naughty James

インターネットであなたを探していたら、ポップスター・フィーツというウェブサイトを見つけました。すごく不思議だったのですが、そこにあなたの靴や靴下の写真が載っていて、、自分の靴や靴下のこと気にかけていますか?

全く気にしていませんというと嘘になります。外に出るときは、自分が何を着てどんな髪型にするかなど気を使います。もし、あなたがステージに立って見られる側の人なら、ルックスには気を使うべきだと思います。

コマネチはライブをたくさんするバンドですよね。ライブでの面白いエピソードなどあれば教えてください。

いつも面白い出来事ばかりです!たくさんありすぎて、どれを話せばよいか…。一度、イギリスツアー中に運転ができない運転手がいました。彼は、運転免許は持っていたのですが、すごく運転が下手だったんです。途中、道で何度も死にそうになりました。

コマネチ

子猫が逃げてしまった話を読んだのですが、お母さんにあの猫はドラムになって帰ってくるよと言われたそうですね。それが、ドラムを演奏するきっかけになったのですか?

その話は、私の子供の頃の体験を元にはしていますが、半分は嘘です。ドラムを叩く理由として作った作り話です。

サイモン(コマネチのギターリスト)はどんな人か教えてください。

背の高い人です!はは (笑)。彼はナイスな人です。バンド仲間として、仲良くしています。ほとんど私が権力を握っていますが、彼もそれが好きみたいです。

影響を受けた人物に、草間彌生、トーマス・ディマンド、トム・サックスなどのアーティストの名前が載っていますが、コンテンポラリーアートに興味があるのですか?

はい。大学ではコンテンポラリーアートを勉強しました。ビデオや、パフォーマンス、ソニックアート、ファインアートなどを混ぜた展覧会などをたくさんしていました。

コマネチ

コマネチの絵などは全てアキコさんが描いてますよね。それらを展示したことはありますか?

昔はしていました。時間があれば、今でもしたいと思っています。基本的に何かを作ることが大好きなんです。グラフィックデザインもしますし、ウェブサイトのデザインや制作もします。 コマネチのサイトとメロックレコードのサイトは私が作りました。また、バンド T シャツなども作ります(ミステリー・ジェッツ、PRE、ザ・ビック・ピンク、トゥイー・アズ・ファック、など・・) 。もし、私にデザインを頼みたい方がいれば、連絡下さい!

コマネチを始めた時に、ボーカルになる事を決めましたよね。当時はご自身の声に自信がなかったと言っていましたが、今はどうですか?

初めて歌った時は、自分の声が良いものなのか確かでなかったのですが、PREを始めてからは自信を持たないとと思うようになりました(PREではボーカルだけなので)。
また、あれから何曲かリリースもしているので、自分の歌い方にも慣れましたし、今ではシンガーとしても違和感なくやっています。

コマネチ

ここ数年でコマネチはどう変化していますか?

すごく変化しています。2007年から今まで、良い意味ですごく変わってきていると思います。良い曲を作るために、一生懸命頑張っていますし、リハーサルもたくさんしています。ツアーにもたくさん出ています。色んな意味で、素晴らしいバンドに変化しています。

セックスや、裸について良く歌っていますよね?実際にステージで裸になったことはありますか?

はい、あります!昨年の夏、ヴァイス・フェスティバルのテールズ・オブ・ザ・ジャカロープでは、乳房にシールを貼り、ブルマーで出演しました。また、時々ビキニトップとホットパンツでドラムを叩くこともあります。

コマネチ
Photos by Kate Moross

食べるのが好きとも聞きましたが、一番好きな食べ物は何ですか?

どこで聞いたのですか?? いつそんなこと言ったか覚えてないのですが、、食べるのは好きです!新鮮なお肉や生魚が好きです。イギリスで健康的な食事を採るのはなかなか難しいのですが、コマネチのツアーでヨーロッパを周るときはたくさん美味しいものを食べています。特にフランス料理!

いくつかの雑誌では、あなたのことをセクシーな女の子としてとり上げています。私もそう思いますが、どうですか?

そう思われていると聞いて嬉しく思います。私のライブパフォーマンスがかなり過激でワイルドだから、雑誌にそうとりあげられるという人もいます。

大好きな動物は何ですか?ペットは飼ってますか?

小さい頃は、子猫を飼っていました。でもご存知のように、その猫はドラムスキンを作る男に盗まれて・・!家には、ネズミが出てくることもあります!・・犬が好きです。

将来のプランは?スペインに行くのですか?

夏にコマネチのアルバムをリリースする前に、シングルを2、3曲リリースして、ヨーロッパと日本にツアーに行きます!

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Maki Otomo

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE