ZANPON

PEOPLE

私にとっての線の表現は、辺りを漂っている粒子のようなもの。

ZanPon

世界各都市のキュレーターが震源地となり、世界中のアーティストよるTシャツデザインを展開する「UTインスパイアド」。シリーズ第5弾はシフトによるキュレーションで、「ナンバー」をテーマに個性豊かなアーティスト達がデザインを手がけた。

その「ナンバー」エディションに参加したZAnPon(ザンポン)は、関西を拠点に活動するイラストレーター/アーティスト。最近では大企業とのコラボレーションなどで、彼のイラストに出会った人も多いはず。大阪で若い才能を発掘し続ける「digmeout」を通して、国内外でも展覧会を開催するなど、活動の幅は着実に広がっている。今最も注目を集める若手クリエーターのひとりである彼に、彼の世界観や手がけているプロジェクトについて話を伺った。

まずはじめに自己紹介をお願いします。


はじめまして、ZAnPon(ザンポン)です。1981年生まれ。京都市在住。主な活動は2005年に「digmeout 05」で特集され、後にセカイイチのCDアートワーク、2006年りそな銀行「RESONARTプロジェクト」への参加、小学館の百科事典カバーイラスト、2007年のcanvas@sonyでのsony製品の限定モデル制作などがあります。

ZanPon

最近の活動やプロジェクトについて教えて下さい。

2007年からSONYが展開しているプロジェクトcanvas@sonyでsony製品とコラボレーションさせていただきました。

ZanPon

テキスタイルを研究していたそうですが、イラストを始めるきっかけは何だったのですか?

digmeout」に出会ったからです。私のごちゃごちゃとした線や色に社会性を持たしてくれたのがdigmeoutでした。

作品が繊細な線で構成されているのは、テキスタイルの影響があるのでしょうか?
 
それは特にありません。私にとっての線の表現は現実世界の空間に例えるならば、辺りを漂っている粒子のようなものだといえるかもしれません。私の描く線が自由に紙の中を飛び回るのはごく自然にそうなっているのだと考えています。 

ZanPon

大阪を拠点に若いアーティスト達を発掘し続け、プロモートするプロジェクト、digmeout所属に至った経緯など聞かせて頂けますか?

学生時代、私の手元には絵にすらなっていないスケッチがたくさんたまっていました。そんなおり、digmeoutを率いる谷口さんの講演会に参加させてもらい、自分の絵を見てもらえる機会がありました。そのとき私はそれが何か形になるとは思っていなかったのですが、そこから展覧会の搬入や搬出を手伝わせてもらいdigmeout 05に載せてもらってから、所属することになりました。

ZanPon

SHIFTの今回のカバーデザインのコンセプトについて教えて下さい。  

まず第一に流れ星のようなスピード感。その次に自由に辺りを飛び回る鳥の自由さをイメージしました。SHIFTの感度の高い内容とエッジのきいたサイト構成からそのように着想しました。

今までに影響を受けた人や物、出来事など、教えていただけますか?

私が今まで最も影響を受けているのは自分の父親と母親の生き方です。どんな立場にいる時も周りを取りまく環境に感謝し敬う姿勢を見て常に学んでいます。

ZanPon

今では大企業のプロジェクトに携わったり、ポートランドやロサンゼルスでも展覧会に参加するなど大活躍ですが、海外での反応はどのようなものでしたか?

まずはじめのポートランドの展覧会でうけた反応は、「このような絵を見たことがない」というものでした。そして無理に理解しようとするのではなく、単純に見て楽しんでくれていることが嬉しかったです。

ZanPon

ユニクロのTシャツプロジェクト、UTインスパイアドでもデザインを発表されましたが、制作した作品がTシャツとしてリリースされることにより、広く作品が知られることについてどう思いますか?

私が常に考えているのは美術作品と現代社会との接合点です。自由に表現したものがどのように社会で受け入れられ、またそこからどのような影響を作品によっておよぼすことができるのか、その答えを探す事によってこれからの美術表現と大衆社会との接点が見つかるのではないかと考えています。
今回のようなTシャツという大量に普及する商品のデザインに関わる事ができたのは非常に喜ばしい事ですし、今後、自分の制作活動にどのような影響がおよぼされるのか非常に楽しみにしているところです。

次に挑戦したいことなどありますか?

私がこれから挑戦したい事はもっと活動の幅を広げ、国内外問わずもっと積極的に制作活動をしていくことです!

クリエイター志望の人々、そして読者に何かメッセージをお願いします。

アートの範囲におさまらず、私は「自分が本当にやりたいこと」をやろうとしています。私以外の人たちも、自分のやりたいことは何なのか、ということを掴んで、本当にやりたいことをやってほしいと願っています。私の絵に人が触れることで、そのような勇気や、行動を持つきっかけになってほしいということが私が絵を描き続ける理由になっているのかもしれません。

ZAnPon(ザンポン)
1981年大阪生まれ。2000年、大阪芸術大学工芸学科入学、2004年1月から絵を描きはじめる。思うがまま、自由に伸縮する線が描く具象や抽象、人物や動物。これまでの絵画やイラストなどのジャンルを超えた、新しい才能が登場した。

Text: Kyoko Tachibana

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE