トランスメディアーレ 2008

HAPPENING

filmashine.jpg年例に比べて暖かいベルリンでは、1月末に「トランスメディアーレ 08」が開催された。「トランスメディアーレ」とは、毎年ベルリンで開催される、メディアアートの現在を展望するアート・フェスティバルである。会場は前年までの「アカデミー・デア・キュンステ」から「ハウス・デア・クルトゥア・デア・ヴェルト」に移行。前年より広い会場には、相変わらず先端のメディア・アートに関心を向けるより多くの人達であふれかえっていた。

内容も、メディアアートという多様な表現を差す言葉通り多岐に渡り、映像作品の上映に始まり、写真作品、インスタレーション、プロジェクトのプレゼンテーション、ライブパフォーマンス等が、1月29日から2月3日までの6日間に渡って繰り広げられた。

トランスメディアーレ 2008

今年は「Conspire」そうサブタイトルを付けている。昨今のトランスメディアーレでの展示や基調講演でも度々話題となる、デジタルメディアを制する事が優位にこの時代を制する、そのような分析が「Conspire」(つまり”共謀”)というキーワードを導きだしたようだ。


それでは目についた展示物を中心に紹介していこうと思う。

エントランスを奥に入ると、会場中央のラウンジに至る。そこには、このフェスティバルの為に設えられた簡易ながらも目を引く近未来的な仕切りで空間が仕切られていた。その所々にはモニターが設置されており、その前に黒いタイヤのような固まりが横たわっていた。鑑賞者はその上に横たわり、ゆったりとしたソファの上でくつろぐ様に映像を鑑賞する事が出来た。しきりに囲まれた中央部分にはコンピュータに接続された液晶モニターが机の上に並べられており、プレゼンテーションを鑑賞したり、ウェブにアクセスする事が出来た。

janez-janska.jpg

このプレゼンテーションのなかでもひと際目を引いたのが、Flashを利用したヤネス・ヤンシャと名乗る3人のアーティストのパフォーマンスのドキュメンテーションだった。彼らは署名(サイン)の有効性、とりわけ公共の場での役割をテーマにしており、2007年に3人とも同姓同名のヤネス・ヤンシャに改名をし、複製とオリジナル性について探求してきた。このプロジェクトでは、GPSをそれぞれ携帯し彼ら自身の動きを追跡する事により、ホロコースト記念碑での歩行の軌跡で彼らの「署名」を浮き上がらせていた。

トランスメディアーレ 2008

ラウンジ脇を入ると、エレクトロブティックの展示品が目についた。エレクトロブティックはギャラリスト、アーティストによって構成されるカンパニーで、過去20年の成熟したオープンソースを基にした情報技術をアート作品と融合させたプロダクトを制作している。今回の展示では、メガネの形をしたモニターや、帯状になった電光掲示板等が展示されていた。モニターには、作品中央に小さく設置されたCCDカメラから取り入られた映像をリアルタイムに加工した映像が出力される仕組みになっていた。

トランスメディアーレ 2008

奥に進むと、壁一面に投影された映像の前にちょっとした人だかりが出来ていた。壁にはベルリンのとある空き地に陣取った土方達が、木材を組み合わせた巨大なデジタル時計風の数字を、分刻みで表示を変えていた。「スタンダード・タイム」というマイク・フォーマネク、Datenstrudelのパフォーマンスのドキュメンテーションで、この人力かつローテクなメディア・アートのユーモラスな側面が、多くの鑑賞者を微笑ましい視線を投げかけさせていたのはとても印象的だった。

トランスメディアーレ 2008

またとある壁には、マーキングされたベルリンの白地図と人間の身体ぐらいの太さのスポンジに巻かれた拘束器具のようなオブジェが陳列されていた。オブジェの背面にはニンテンドーDSが接続されており、暗号化されたWifiの電波の強度に合わせてこの器具がしまる仕組みになっているという。Gordan Savicicは、私たちが普段目にしない電波の量を苦痛として受容するこの器具を身にまとい、ベルリンの街を歩行した。その結果、彼の苦痛が白地図にマーキングされていった。この作品は今年のAWARDの3位を獲得した。

トランスメディアーレ 2008

展示ホールに入ると一番真っ先に目に入った「Amazon Noir」という、Ubermorgen.com、パウロ・シリオ、アレッサンドロ・ルドヴィゴによるプロジェクトのプレゼンテーションだった。このプロジェクトでは、ある一冊の本にヒットする様々な検索クエリーを生成し、結果として得られたデータをつぎはぎすることにより、本を一冊生成する、システムを公開していた。そのような手順が公開されていた。この作品は今年のアワードの2位を獲得した。

ちなみに、アワードの1位は、ジュリア・メルツァーとデイヴィッド・スローネによる「Not a Matter of If but When」という映像作品だった。

その他、今年の特色としては例年よりも多くの日本人アーティストが紹介されていた様に思う。

トランスメディアーレ 2008

展示作品には、平川紀道の「a plaything for the great observers at rest」が、圧倒的な存在感を出していたし、オープニング当日にはd.v.d.というグループがドラムと映像を組み合わせたパフォーマンスを行っていた。またトランスメディアーレの関連企画として、日本のYCAMで公開されていた渋谷慶一郎、池上高志の「filmachine」が、les jardins des pilotesでも展示され、なかなか圧巻だった。

トランスメディアーレ 2008
会期:2008年1月29日〜2月24日
会場:ドイツ・ベルリン
www.transmediale.de

Text and photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE