SCVF 2008

HAPPENING

静岡のクリエイティブシーンが、熱い。

SCVF 2008
Sumpu Castle Gate; Shizuoka City, Japan
Photograph: Takahiro Inoue

近年、浜松で新しい映画祭ができたり、松井冬子、福井利佐や稲葉英樹など静岡出身のクリエイターの活躍も目立つ。なかでも、今年で三回目を迎える、しずおかコンテンツバレーフェスティバル(SCVF)は、映像作品を中心としてプロダクト、グラフィックなどを紹介する国際色が強いフェスティバルとして評価が高い。『静岡にいるとどうしても世界レベルのアートやデザインに触れる機会が少ない。本物を知ることで、地元のクリエーターが刺激されて多くの若い人材が育ってくれることを願っています。まずは、ものやコミュニケーションを通して、自らの生活の中でアートやデザインというものを少しずつ意識していってほしいと思います。かなり時間はかかると思いますが、ここに眠っている歴史や文化を揺り起こし、ゆくゆくは静岡を世界へ向けたクリエイティブシティーにしたいですね』とキュレーターの大森久美は意気込む。


scvf_matching.jpg

2月15日〜17日 の3日間、述べ4000人の観客を動員した今回のSCVF。今年から、元小学校をリノベーションした静岡市クリエーター支援センター (CCC) という拠点を得た。東京の世田谷ものづくり学校 (IID) など、学校を再利用して文化施設にすることはよくあるが、今回のイベントでも『アートやデザインに全く興味がなかったおじいちゃんが、その小学校の卒業生ということでボランティアをしてくれた。』と世代を超えて文化に触れるキッカケとなっていた。イベントは大きく分けるとセミナーと展示スペース2つから構成されており、地元学生の作品やセミナーのプレゼンター、CCCにスタジオを構える入居クリエイターの作品も展示されていた。

SCVF 2008

参加したのは、16日と17日の2日間。最初に見たのはマイケル・ヤングの「ブランド開発とデザイン」というセミナーで、マイケルは自分が過去に手がけた4つのプロジェクトを例に説明をした。デザインをする際はその商品のマーケティングやPRについても考えなくてはいけないし、実際にマーケットの拡大に繋がる商品にするための戦略と、単に広告を打つだけではない効果的なPRの方法についても併せて提示することが必要となる。デザインとは表装的なものではなく、もっとビジネスに直結したものだという持論を展開した。『デザインとは企業が進化することを手助けする手段』と言い切る彼は、もはや単なる一デザイナーではなく、デザインを用いるコンサルタントという表現の方が正しいかもしれない。理論に裏打ちされた彼のデザインポリシーは、これからのビジネスにおけるデザイナーの存在意義を強く訴える。

SCVF 2008

確かな技術をもった地元の地域産業と一流のデザイナーが出会うことで、世界へ向けた新しい商品を生み出そうという「SCVマッチングプロジェクト」。過去には、マイケル・ヤングが家具のシリーズを作ったり、元State Designのフィリップ・オドワイヤー(UK)もSCVが運営するウェブサイト「icn」をこのプロジェクトで手がけた。
今回のテーマは「Kids Corner」、選ばれたのは、ユーモアや笑いをテーマにしてもの作りをしているタイの「プロパガンダ」、ストーリーとしかけのあるデザインを信条とする香港のデザインユニット「ChilliChilly」、そしてアジア文化から得たインスピレーションをミニマムでシンプルな作品として表現する「サミラ・ブーン」。この3組と地元の照明器具メーカーと子供用品をつくる会社の2社がタッグを組む。今回、残念ながらまだプロジェクトが終了しておらず、製品をみることが叶わなかった。出来上がりが楽しみである。

SCVF 2008

「カワイイー」が世界に浸透しつつある昨今、そのカワイイ文化を代表するものを次々に生み出しているのが、程亮弼(ていりょうすけ)がクリエイティブディレクターを務めるデザイン会社「フリフリカンパニー」。元々は現代美術作家として活動していたというテイ氏が自らの生い立ちと経験を通して、デザイン業界で生き残ることの厳しさと、キャラクタービジネスにおける著作権の難しさについて語った。『ただ絵が好きなだけの奴はデザイナーになるな!デザインはサービス業、楽しんでもらえない伝わらないデザインは意味が無い』。テイの率直で厳しいながらも愛のあるプレゼンテーションに感化された会場の学生からは『入社したいんですけれどもどうすれば?』という質問も。白熱したプレゼンテーションとなった。

SCVF 2008

「デザインの外側」というテーマで語ったartless/nullの川上俊とprojectorの田中耕一郎。デザイナーとプロデューサーという、それぞれのもの作りのスタンスの違いが、良い対比を生み出していたトークセッションだった。川上は、セルフブランディングの重要性を解く。『美大も出ていないし、正攻法が何かさえわからな かったからまず自分の作品を知ってもらう機会を増やさなければと考え、ウェブを作ったりエキシビジョンをしたりしてました。やっていくうちにあの人があの人を紹介して…という感じで繋がりが生まれてきたんです』。年に一回は必ずセルフワークの展覧会を開くことを信条としている川上。『やっぱり、自分の作品 を作り続けていないとクライアントワークにも繋がっていかないし、もうこれはライフワークですね。』という。

SCVF 2008

個人的なデザインを大切にする川上とは対照的に、いかに「ムーブメント」を起こせるのか…をテーマに「UNIQLOCK」や「UNIQLO JUMP」などのインタラクティブメディアを作り出しているprojectorの田中。これまで、YouTubeやFlickrなど、新しいウェブサービスを巧みに利用しながら大きなしかけを作ってきた。そんな彼のプレゼンテーションの仕方は独特だ。『クライアントにはプレゼンしないんです。どうしてこの企画を思いついたのか、その経緯を説明するんです。例えばUNIQLOCKの場合、ユニクロが世界へ向けたメディアを作り、それを広めるのには、みんなが欲しくなるようなブログパーツがあればいいと考えて。そうすると時計はいいアイディアですよね?でもそれだけじゃ弱い。感覚的 に惹きつけるものが必要だなと感じていたところに、ダンスと秒針のリズムがぴったりはまるのではないか?と思いついて…』といった感じだ。調理される前の生の状態の企画をクライアントと共有することでそこには「余白」が生まれる。その余白があることで企画はより柔軟に多くのアイディアを取り込めるものとなり強度を増す。

SCVF 2008

デザインロックスターとは、今シンガポールで一番イケテルデザイン集団、Phunk Studioのこと。『毎朝起きると、コンサートでバンドが演奏するように楽しみながら、観客とともに仕事をしたいと考えてる』と語るウィリアム・チャン。まるでバンドが演奏をしているかのようにデザインをすると言われる彼ら。Phunk Studioはとにかくセルフプロモーションが上手い。自らをバンドにしたててキャラクターを作ったり、自分たちで出版した「UTOPIA」という作品集の中でデザインフィロソフィーを発表している。中でも面白かったのが、彼らがアートスクールに招かれて講演した時、「STEAL This poster」というイベント告知のポスターを制作したのだが、ポスター(絵)はスプレーで壁にトレースしたものだったという話。つまり、学生たちが自分たちのスタイルは盗めてもアイディアまでは盗めないという自信と、アイディアまで盗んで消化してしまうような力のある新しいデザイナーが生まれて欲しいというエールを込めたユーモアなのだ。粋である。

SCVF 2008

こんな濃いイベントが全て無料というのも嬉しい。『今年からCCCという場所ができたことで人々が集まれるプラットフォームができた。定期的にイベントや展示を行いたいです』とSCVの大森氏は語る。From JapanからFrom Shizuokaへ。静岡の挑戦はまだ始まったばかりだ。

次回のSCVFは、2008年10月31日〜11月3日に開催が予定されている。

しずおかコンテンツ バレーフェスティバル(SCVF)2008
会期:2008年2月15日〜17日
会場:CCC(静岡市クリエーター支援センター)

Text: Wakana Kawahito
Photo: SCVF 2008

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE