フランソワ・ピノー・コレクション展

HAPPENING

世界一のアート・コレクター、フランソワ・ピノー。

フランソワ・ピノー・コレクション展フランソワ・ピノー・コレクション展
Michel François, “Bureau Augmenté”

もうすっかり愛想を尽かされたかと思っていたフランスで、フランソワ・ピノーのコレクション展が開催された。
フランソワ・ピノーとはフランス人の大富豪実業家。モード界のグッチグループを傘下に置くPPRグループの持ち主であり、アート界ではサザビーズと共にオークション業界を牛耳っているクリスティーズをも所有する、現在世界一の個人コレクターとも言われる人物である。実際2006年、2007年と2年連続で「現代アート界に最も影響を与える人物ナンバー1」に選ばれている。

愛想をつかれてしまったフランス、と冒頭で書いたのは、2005年予定でパリ近郊のルノー工場跡地であるセガン島に、彼の2000点におよぶ所有作品を展示、保管するための財団を安藤忠雄の建築により建設するというプロジェクトが決定していたにも関わらず、フランスの行政遅延により完成予定が2007年はたまた2010年にまで延長になり、とうとうピノー自身から「もう待っていられない。」ということで三行半をつきつけられたのだ。その三行半から数ヶ月後、ピノーはイタリアのベネチアにあるパラッツォ・グラッシを買い取って美術館を開館。フランスは、世界有数のコンテンポラリー・アートコレクションであり、世界で最も重要な財団をその国土から手放してしまうという憂き目を見た。


そんなフランソワ・ピノーのコレクション展をなんとかフランスに招待することに成功したのが、リール。リールは2004年にヨーロッパ文化首都に選ばれて以来、それまでの工業都市というイメージを一掃するように、「lille 3000」というプロジェクトの元、コンテンポラリーアートの展覧会に力を入れている。

「Passage du Temps (時間の通路)」と題されたこのコレクション展は、ル・プラトーと呼ばれるフランスのパリを中心とするイル・ド・フランス地方立現代美術基金のキュレーターであり、フランソワ・ピノーのアートコンサルタントでもあるキャロリンヌ・ブルジョワによって手がけられた。この企画はピノーの2000に及ぶ所有作品の中から写真やビデオを媒体とするものを選び、70年代から今日にかけての美術史を展開するという大きな試みである。

まずこの展覧会で私たちが驚くのは、個人のコレクションによって「美術史」を見せるという試みである。そしてまた、最終的に選ばれた39名のアーティストによる96点の作品のひとつひとつが持つレベルの高さである。

今回の写真とビデオのコレクション展で、ビジターがどうしてもさけては通れない作品がある。

フランソワ・ピノー・コレクション展
Dan Flavin, “Untitled (to Saskia, Sixtina, Thordis.)” ©Adagp, Paris 2007

304本のネオンを使ったダン・フラヴィンの作品は50メートルの長さにわたって、フランソワ・ピノー・コレクションの胎内に入るためのトンネルのような役割をする。ピンクや緑、黄色のネオンが輝く青色に広がる空間を通りながら、私たちは、写真やビデオに映される被写体になったような気分になるのだ。そしてこのトンネルは、フランス北部特有の曇りと雨の多い工業都市に立つ元郵便物集配所の中に入って行くという感覚を私たちから消し去り、6000平米にもおよぶコンテンポラリーアートの不思議な世界に突入していくのだという興奮をもり立ててくれる。

フランソワ・ピノー・コレクション展
Rosemarie Trockel, “Untitled”

そしてその興奮は、これでもか、これでもか、と私たちに挑戦するかのように、次々と目の前に現れてくる作品群によってますます増長されていく。

上記のダン・フラヴィンの作品で第一章「めまい」の幕が開き、それから会場の3階にわたって他の5つの章が展開される。

第二章は、アーティストとは一体どのような存在なのか、を模索する70年代のシンディー・シャーマン、ヴィト・アコンチ、ブルース・ナウマン、ダン・グラハムの作品たち。ここに展示されていたマルセル・ブロータースの「Une seconde d’eternite」ほど美しい作品を私は見たことがない。
それから、これらのアーティストの思いを継承しながらもユーモアを加えたものに変化させて作品を発表するピエール&ジルやフィシュリ&ヴェイス。ギルバート&ジョージの写真では、彼らが頻繁に用いる要素、裸体、血、涙、精液、尿のすべてがここまでひとつの作品で見ることができるのも珍しいのではないだろうか。

フランソワ・ピノー・コレクション展
Gilbert & George, “Blood Tears Spunk Piss”

ビデオアート作品に大きな影響を与えるものの一つとして映画が挙げられるが、映画のシーンを利用した作品も集められた。「タクシー・ドライバー」の中でロバート・デニーロが一人で話しているシーンを両横に設置した二つの大画面で、すこしだけ時間的にずらして何度も反復させる、ダグラス ゴードンの「Through a Looking Glass」。また映画「サイコ」でのシャワーシーンの恐怖と興奮を、浴室とシャワーから流れる水、そして無数のカメラによるビデオインスタレーションでよみがえらせたポール・ファイファーの「Self-Portrait as a Fountain」。他にはロドニー・グラハムやピエール・ユイグの作品など、映画を用いるという共通点だけではなく、展覧会のタイトルにもある「時間」のずれ、反復、進行などによって、私たちを不安定な気分にさせる作品選びがされていた。

次にアートの中心に位置するアメリカやヨーロッパなどの、欧米出身ではないアーティストたちによって、現代の世界における文化的アイデンティティーの違いが暴力的に捉えられた作品群。アデル アブデセムドの主要作品は、すべてそろっていた。

フランソワ・ピノー・コレクション展
Hiroshi Sugimoto, “The Last Supper”

ビジターを最後の最後まで感嘆させ、喜ばせることが目的のように並んだ杉本博司、アンドレ・セラノ、トーマス・シュトルートの写真たち。宗教、とくにカトリックの最後の晩餐をモチーフにあつかった作品が多く見受けられた。

フランソワ・ピノー・コレクション展
Bill Viola, “Going Forth By Day” ©Adagp, Paris 2007

そして何よりも声を失わせるビル・ヴィオラの5本のビデオ。

フランス現代アート界関係者から惜しみない賞賛を受けた今回のフランソワ・ピノー・コレクション展。「これもピノーが買っていたのか。これもピノーが持っていたのか。」とほぼすべての作品の前で、ため息をつくほどの量と質を併せ持つ展覧会であった。素晴らしいコレクションと展示であったが、ここ数年の大衆向け展覧会に見られるような遊園地的アトラクションがない展覧会でもあったので、普段コンテンポラリーアートと関わりの多い人にだけ評価の高いものかと思っていたが、最終的には3ヶ月にわたる開催期間中にこの展覧会に93000人もが足を運んだようだ。

フランスで最初のコレクション展を首都であるパリでは行わず、リールという街で開催することによって地方分権にも貢献したフランソワ・ピノー。しかし、イギリスやベルギーからの観光客も多く、そしてパリからも電車で一時間というリールの選択には、彼の実業家としての戦略も多いに感じた展覧会であった。

フランソワ・ピノー・コレクション展「Passage du Temps」
会期 : 2007年10月16日〜2008年1月6日
会場 : リール、Tri Postal

Text and photos: Kana Sunayama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE