100% デザイン・ロンドン 2007

HAPPENINGText: Sayaka Hirakawa

ロンドン中をデザイン旋風が吹き荒れるロンドン・デザイン・ウィークの中でも、最大規模のイベント、100%デザイン・ロンドンが今年も幕を開けた。インテリアデザイン、家具デザイン、プロダクツデザイン、照明デザインと、デザインと名の付くもの全てがそろうトレードショーである。

今回はトム・ディクソンをクリエイティブディレクターとして招き、彼の提案する「シティライク」というテーマで全体が構成されている。会場のレイアウトが、街中の交錯するストリートや建物を思わせる配置をとっているだけでなく、人々が出会い、学び、つながり、アイディアを分かち合うという「街」の機能に注目したコンセプトとなっている。なにしろ、300もの言語が飛び交い、500組近く出展のある100%デザインである。分厚いディレクトリーを片手に、なんとか道に迷わぬように、「街」の中にくり出してみる。

100%デザイン・ロンドン
Matthew Hilton

英国デザイナー、マシュー・ヒルトンによるオリジナル家具&アクセサリー・ラインがこのイベントを機にスタートし注目を集めた。ポール・スミスのショールームやハビタ、イーストロンドンのインテリアショールームSCPなど、数多くの場所でこれまでも作品を提供してきた彼のコレクションは、とにかくハイクオリティ。美しい曲線を描くアームチェアや、木彫を生かしたオーク材のテーブルなど、素朴ながらしっかりとした存在感をかもしだしている。キャラリーン・ミューレンとローラ・リーのふたりのファッションデザイナーによるクッションや小物とのコラボレーションも、そこに親しみやすいキャラクタ−を添えている。

100%デザイン・ロンドン
Point 3

そのマシュー・ヒルトンがセレクトした、「100%フューチャー」セクションには、50組の若手デザイナーたちがブースを構える。こちらで最優秀デザイナー賞を受賞したのが、ドミニク、ルーク、ウィルのトリオデザイナーから成る、ポイント3。もともとスタジオをシェアしていた3人で始まったコレクションは、それぞれのオリジナル作品と、二人または三人でのコラボレート作品とのミックス。『自己主張が強くて、見てくれって叫んでるようなデザインじゃなくて、ビューティフルでトルゥースフルな物を目指しているんだ。』と彼らは話す。スタッキングができて、かつ自在に形を変えて楽しむことのできる棚の「パーティクル」や、蛍光管が一本だけ入る木でできた照明の「ビーム」など、シンプルな直線的デザインでありながら、どこかインテリジェンスと遊び心がみえる作風。 

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE