上海・ベルリン 展

HAPPENING

「いいものは得られたか?」「苦労しないと何も得られないさ」

Shanghai AddictiveShanghai Addictive

私たちは、旧郵便馬車厩舎を通り過ぎ、「ロデオ・クラブ」のエントランスに近づいた。オープニング・セレモニーには3時間早いが、すでに会場は一般に開放されていたので、階段を上がり、ほの暗く赤の照明で照らされた長い渡り廊下をぬける。装置で丸くなったドーム状のホールはポスターが壁紙のように貼られていて、去年上海で行われた「What makes Berlin addictive?」展の記憶を蘇させる。

Shanghai Addictive

引き裂かれてところどころはがれたポスターは、ここに少なくとも1年は貼ってあったかのようだ。ここはとてもノスタルジックで、まるで前衛的な芸術家の作品が展示されている、古くくたびれた劇場のようだ。このドーム型のホールは特に印象的で、飾り気のない建築現場の足場は、ティルマン・スエーマーのデザインだ。木製のパレットが下から照らされ、膨大な数のテイク・フリーのポスターが積み上げられている。

Shanghai Addictive

ある壁にはアンケート用紙が木製のパレットの上に留められている。アーティストはこのような声明を与えられていた。「欠乏の街、上海」「月明かりの夜」「ビジュアル・デザイナーへの愛すべき偏見」「自己の探求」「いいものは得られたか?」そこで皆、こう答える。「苦労しないと何も得られないさ」


Shanghai Addictive

私たちはバーで飲み物をもらい、ここで一番いい場所のソファに座った。ここからはスタッフが最後の仕上げ(たとえばブタの貯金箱を訪れた人が寄付できるようにパレットに縛ったり)をするのが見える。また、足場の一番上にプロジェクターで写された“上海”という文字を見るのにもいい場所だ。

Shanghai Addictive

私はこの展覧会に携わっている1人、ジャック・マジェラに話しかけた。彼はこの展覧会の前に浮かんだアイディアについてほんの少し話してくれた。
この展覧会はベルリン・チャイナ・カルチュラル・ブリッヂ のサポートのもと、この2つの大都市間で創作的な交流を図るというもので、展覧会が終わったあとは、ウェブサイトで自由にできるプラット・ホームを用意するそうだ。
そうして何時間か経つと外は暗くなり始め、会場は満員になり、音楽は甘いチャイナ・バラードからセンスの良いエレクトロニカに変わった。

Shanghai Addictive

ジャックは今夜の私の最後の質問で、私が中国人だとわかったようだ。「この本格的な中国料理はどこで見つけたの?」彼は早口で説明してくれた。その秘密はあまり書けないが、トレスト通り125番の「5 flavor」はドイツ中で1番癖があるけれど独特のおいしさがある店だとだけは書いておこう。

Shanghai Addictive

参加アーチスト:Perk Jin Ningning and Si Wei, More Jiang Zhenhua, WZL Wang Yuwei, Jellymon Lin Lin and Sam Jacobs, Coca Dai Jian Yong, Ideaprisoner Bei Bang, I love left Liu Qing, Zhang Da, Ma Liang, Huang Yonggang, Jiang Jian, Lui Fei, Xu Yi Bing, Qian Qian

What makes Shanghai addictive?
会期:2007年9月11日〜14日
会場:Kuppelsaal des Rodeo-Club im ehemaligen Postfuhramt
住所:Oranienburgerstrasse 35-36, 10115 Berlin
http://www.shanghai-addictive.com

Text and photos: Gudrun Rau
Translation: Haruka Kibata

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE