ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

THINGS

10年ぶりの二度目の劇場映画作品「リビルド」(再構築)

Evangelion RebuildEvangelion RebuildEvangelion Rebuild
© カラー・GAINAX

クリエイターにとって、広く世に出た作品をもう一度作り直して発表するチャンスは滅多にあるものではない。今回紹介するの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は「REBUILD」(再構築) と名付けられた10年ぶりの二度目の劇場映画作品。当初、噂を聞いた時は、ちょっと信じられなかった。こういった形の“リビルド”は日本のアニメ史上初めてではないだろうか。


『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年にTVシリーズ (全26話) として放映されたSFロボットアニメ。その新しいスタイル、キャラクター魅力によって、一大ブームとなった。ストーリーは主人公の少年は父親の開発した一種のロボット「汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン」(以下EVA) の操縦者に選ばれ、否応なく「使徒」と呼ばれる侵略者と仲間と共に戦うこととなる。

Evangelion Rebuild
© カラー・GAINAX

こう書くと設定は昔ながらのロボットアニメの基本なものなのだけど、同系統のパイオニアともいえる作品「機動戦士ガンダム」とは異なる、EVAの「人造人間」と呼ばれる生物的なデザイン、未来が舞台ながら、日常のシーンには現代とほぼ同じなコンビニ等が登場する親しみやすさ、表面的には平和を守る防衛組織「ネルフ」の裏に持つ「人類補完計画」というミステリアスな計画の存在。主人公と父親との葛藤によって表現される現代ふうの不器用さを持つ主人公の性格。これらの新しい要素があわさって共感を呼び爆発的なブームとなったと思う。当時の人気は大変なものでアニメ誌だけではなく「Quick Japan」「Studio Voice」のようなアート・カルチャー誌にも特集された。このシフトでも何度か記事になっている。

TVシリーズの人気に応えて、劇場作品が1999年より2作作られ、これらも大ヒット。そして、今回の10年ぶりに再度の劇場作品とは、どういった作品になるのか。僕は興味津々で上映に望んだ。

今回1作目の内容は、TV版をベースにしつつ、第1話『使徒、襲来』から第6話の『決戦、第3新東京市』における傑作エピソード「ヤシマ作戦」をラストに持ってきて、戦闘アクションにしても、主人公のドラマとしてもドラマテックなラストが用意され本作だけを観ても満足のできる作品だ。

Evangelion Rebuild
© カラー・GAINAX

全体的な印象は、当然TV版をそのまま再現しては尺が収まらないから、時間を短縮し、そこで無理が出ないように内容を変更、アレンジをしている。CGも自然な感じで他のパートとマッチしている。ドラマパートでは、シーンによっては思いっきり整理されていて、結果、とっても観やすい作品になっている。本作はファン向けというよりも、初めて本作品を体験する人にも十分楽しめる作品ではないかなと僕は思った。

戦闘シーンでは、EVAのシャープなアクション、敵「使徒」の不気味な存在感と動き、EVAを助ける防衛システムの兵器等は気持ちいいほど良い動きをしてくれて楽しい。対して、人物が登場する場面は戦闘中でも静的であり、戦闘シーンの場面と良いコントラスト。逆に緊張感を生む。

Evangelion Rebuild
© カラー・GAINAX

静的であるのは、他の日常的なドラマ・パートも同様である。間を置く演出や、なにげないカットで主人公の心情を表現する場合が多い。そのため落ち着いて観ることができるし、いろいろ想像するのも楽しい。防衛組織という大人の世界に放り込まれている主人公だが、学校の友人や、操縦者仲間である少女との関わりのシーンもあり、親しくなっていく過程がくっきりと浮かびあがっているのがいい。大人に対して心を閉ざし、従順すぎる主人公が同世代とのつながりを通して成長していくところは、素直に本作の良質の部分だと思う。いくつかの伏線を経てラスト近くに仲間の少女と心通わせるシーンは、作戦の迫力と合わせて満足できる大団円だ。

一番印象に残っているのは、序盤で主人公が父親や防衛組織の女性上司にEVAの操縦者になることを説得され、承諾するまでのシーン。主人公の立っているエヴァの格納庫の足場のような場所が演劇の舞台のように使われ、そこで場面が固定されシーンが続く。ただ奇をてらったものではなくて、主人公の内心の動きをうまく伝えるうまい演出だと感じた。

今回の第1作目は、TVシリーズにほぼ沿った内容だったが、今後はオリジナルの設定、ストーリーも加えて、TVシリーズを熟知しているファンにも予想できない展開がありそうだ。最後にもう一度、この作品は決してカルトでも、ひねくれたテーマを持つアニメでもない。誰もが楽しめる良質のアニメーション映画だと思う。多くの人に観てもらいたい。
今回の劇場作品は4部作3回に分かれて毎年一作のペースで公開予定だ。来年の公開も今から楽しみである。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
公開日:2007年9月1日〜ロードショー
原作・脚本・総監督:庵野秀明
監督:摩砂雪、鶴巻和哉 主・キャラクターデザイン:貞本義行 
声の出演:碇シンジ/緒方恵美 綾波レイ/林原めぐみ 葛城ミサト/三石琴乃 
     赤木リツコ/山口由里子 碇ゲンドウ/立木文彦 冬月コウゾウ/清川元夢
テーマソング:「Beautiful World」宇多田ヒカル(EMI Music Japan Inc.) 
製作:カラー 制作:スタジオカラー 配給:クロックワークス、カラー 
配給協力・宣伝:日活
http://www.evangelion.co.jp

Text: Shinichi Ishikawa (Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE