森山大道

PEOPLE

「写真は今しか写らないが、つながっていく魅力的なメディア」

DSCF8820.jpgDSCF8820.jpg
© 森山大道 協力: 札幌宮の森美術館

北海道での写真展は2003年に釧路芸術館で開催された「光の狩人 森山大道1965-2003」に続き2度目。札幌では初めてとなる「森山大道写真展《記録/記憶》」が札幌宮の森美術館で開催中だ。デザイナー長澤章生との出会いにより、34年ぶりに発行が再開された「記録」の写真、かつて訪れた北海道の写真、そして森山大道ダイジェストともいえる代表的な写真という3つのカテゴリーで構成されており、「アレ、ボケ、ブレ」だけではない世界が広がっている。
ところで私は、会場内で見ることのできるドキュメンタリー「≒森山大道(2001年)」の影響か、煙草の印象がやたらと強い。「あれから煙草やめようと思ったりしていないんですか?」などというどうでもいい質問もしつつ、6月29日(金)に行われたギャラリートークのために来札の森山さんに話を伺った。また「記録」の発行人でもある長澤さんも同席し、話を聞かせてくれた。


moriyamadaidou3.jpg
© 森山大道 協力: 札幌宮の森美術館

展示は2007年1月発行の写真誌「記録第6号」の写真から始まる。写真誌とは違うノートリミングの写真なのだが、森山さんは写真が出来上がるとデザイナーに渡してしまうという。「自分だけではそれ以上にはならない。他の人が関わることで化学反応が起こると思うから。それに『記録』は、始まり、終わりというのを決めて撮っていません。そういうことは関係ないんです。写真は”原稿”として渡します」。

moriyamadaidou4.jpg

「記録」ではデザイナー2人が案をそれぞれ出して、森山さんがどちらかを選ぶというスタイル。「挑戦的なキャッチボールをするような感覚」と森山さんがいい、「そういう写真家は珍しいです。森山さんを驚かせよう、と思いながらデザインを考えている」と長澤さんがいう。そして森山さんが続ける。「イメージに向かって構成していく撮影もありますが、『記録』はラフに撮っています。シャッターを押せばいい。押して忘れてしまう。現像したネガを見て思い出すのですが、ラフだからこそ気分やそのときの思いが大切だと思っています。それに見る側も気分によって見ているでしょう」。

今年1月に復活した「記録」は年4回発行で次号第8号は8月発行を予定。なお、日本のみならずアメリカ、ヨーロッパでも販売されている。

moriyamadaidou3.jpg

さらに奥に進むと北海道の写真が並んでいる。森山さんの北海道の写真に対する思いのひとつは、開拓の時代を写真で記録し続けた田中研造へのリスペクト。「田中研造の写真はその時代を写した記録だけれど、記録だけにとどまらない良い写真が多い」。森山さんは「写真は記録」と言い切るのだが、その背景はここにもある。そして、もうひとつの北海道への思いは、憧れ。「赤平、夕張、幾春別といった石炭の時代の町の表情が好きで、子供のころに見ていた図鑑の記憶に重なる風景を目にしたときは余計うれしかった」。今回の展示には30年間眠っていたネガから初めてプリントされた写真もある。写真1枚だけでは場所の記憶があいまいでも、ネガ全体を見ることで蘇ってきたという。

<!–moriyamadaidou4.jpg–>moriyamadaidou3.jpg
© 森山大道 協力: 札幌宮の森美術館

話がそれるが、私の周りで写真展を見た人が「この場所、昔よく行った」「ここに私がいるような錯覚に陥った」といい、驚きつつもうれしく思っているようだった。ギャラリートークで森山さんは「写真は今しか写らないが、つながっていく魅力的なメディア」と語っていたが、その懐かしい写真を見たとき、この言葉に近い感覚を持てたのではないだろうか。

森山さんは普段、21ミリと28ミリの2台のコンパクトカメラを持っている。フイルム交換によりタイミングを逃すことがないようにということだ。僕だって何が何でも毎日撮る、というわけではありませんけれど、という前置きはあったが、「撮らないと始まらない。画家のスケッチのようなものだと思いますし、路上でのスナップは特に日々撮り続けなければ。量を撮ることでわかること、わからないことが出てくると思うし、量のない質はありえない。以前学生に『どのくらい撮っているのか』と尋ねたことがあるのですが、月に20本や30本では情けない。カメラマンになるなんてやめてしまえと言ったことがあります。量を撮る人は何より欲望がある人なのだと思う」。使っているのはコダックのモノクロフィルムトライ-X。「モノクロームの世界は刺激的。そしてエロティック。現像液の中に白と黒の世界が出てくるとドキドキすることがあります。」そして「デジタルカメラもカラーも否定しないし撮ることもあるけれど、トライ-Xがある限りは使い続けることに決めている」のだそうだ。

moriyamadaidou3.jpg
© 森山大道 協力: 札幌宮の森美術館

「欲望」「気分」「記録」など、このインタビュー中にも、また夜のギャラリートークでもいくつかの言葉が出てきた。息をする、煙草を吸うのと同じ感覚で撮らずにはいられないという写真家の欲望と、人間の息遣い、そこにいた痕跡が感じられる都市の風景などある瞬間を直感的に記録するというライブ感。相反するようにも同じライン上の言葉でもあるようにも思え、話を聞いて以来それらの言葉が持つ意味を考えながらカメラマンには到底なれない数枚を撮っては自分の欲望はこのくらいなのかと気づかされる日々を過ごしている。でも今回聞いた一見何でもない言葉、写真展で目にした、どこかで見たような気がする光景には静かに影響されているのだと思う。

moriyamadaidou7.jpg

森山大道がジャケットを撮影したジャズピアニスト・ケイコ・ボルジェソンのCD。通常発売は9月だが、札幌宮の森美術館先行発売は写真集仕立ての別バージョン。さらに300枚限定でオリジナルプリント付き。

札幌宮の森美術館での本写真展は会期延長で8月26日(金)まで。今回の写真展を機にミュージアムショップで「記録」を常時販売するほか、今後、新たな展開を構想中とのこと。なお東京では8月5日(日)まで写真集「凶区EROTICA」の写真展、7月27日(金)からは最新写真集「ハワイ」の写真展が開かれるほか、来年5月には東京都写真美術館での写真展が決まっている。またスペイン・アンダルシア州セビリアを皮切りにヨーロッパ5カ国を巡回する大回顧展がスタート。9月からはドイツ・ケルンでの展示が始まる。

森山大道写真展《記録/記憶》
日 時:2007年6月8日(金)〜2007年8月26日(日)
開館時間:11:00〜19:00
休館日:月曜日休館
会 場:札幌宮の森美術館
住 所:札幌市中央区宮の森2条11-2-1 
    宮の森ミュージアム・ガーデン内
TEL:011-612-3562
観覧料:一般 500円 高大生300円 <団体100円割引>
企画構成:森山大道  Akio Nagasawa Publishing
主 催:札幌宮の森美術館

Text: Yukiko Tokugi
Photo: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE