WHO I THINK I AM

THINGS

cover_COMP5.jpg

イタリア、ミラノのオンライン出版社「This is (not) a Magazine」が第5弾となる作品集「WHO I THINK I AM」を出版した。200ページを越える新作のうち150ページ以上は、切り込み、切り抜き、ミシン目、折り目などの様々な加工がされている。

TIAM5_SPREAD_08_2.jpg

横に3分割に切り込みが入ったページでは、めくっていくと次々とキャラクターが現れて色々なキャラクターの組み合わせが楽しめるようになっていたり、切り込みのあるページでは、切り込みをめくると違う絵が見える。写真がコラージュされたページは、所々が色々な形に切り抜かれていてその部分から違う色やビジュアルが見え、切り抜かれた紙でオリジナルのコラージュを作ることが出来るようになっている。アルファベットが記されている折り線がついているページでは、同じアルファベットの片方を山折りにしてもう一方に合わせると違う絵や言葉が見えてくる。また、表紙カバーが取り外せるようになっていて、線に沿って切り取って組み立てていくと面白い形の立体の紙オブジェがくつれたりと、インタラクティブな仕掛けが満載。

TIAM5_TILT_01_2.jpg

他には、以下のようなものが含まれている。
・「世界の最低なマンガ」と題した小さい本
・怖いし気持ち悪いけど笑えるお面(ゴムを通すことで実際に使うことができる)
・他のページよりもサイズが小さな白いページ。めくると何百人ものマッチョな男女が
・MR.Funというキャラクターのポストカード・ステッカー
・しおりとして使える丸い形をした4つのステッカー・セット
・A~Lのアルファベットが記されたステッカー(「I」だけが抜けている)

TIAM5_SPREAD_06_2.jpg
参加アーティスト:Alberto Valgimigli – Alex Dragulescu – Andy Simionato – Angelo Plessas – Antonio Riello – Are You Generic – Brody Condon – Christian Neuman – David Shrigley – E*Rock – Guthrie Lonergan – Harry Malt – Hidetoshi Yamada – Jason Salavon – Jennifer Dalton – Jim Punk – Joanna Beaumont – John Rogers – Jon Burgerman – Junichi Tsuneoka – Karen ann Donnachie – Kevin Christy – Klaus Schmidt – Matt Smear – Mehdi Hercberg – MTAA – Nadin Ospina – Porous Walker – Rafaël Rozendaal – Raffaele Marmo – Renè Schmidt – Ries Straver – Sergei Sviatchenko – The Jonkers – the Reader – Tyra Von Zweigbergk – Will Ainley – Youshi Li

Compendium #5 Who I think I am
出版:This is (not) a Magazine
仕様:上記参照 200ページ、230 x 290mm
価格:26ユーロ + 送料
※購入ページはこちら
※販売ブックショップはこちら
※前4作の作品集や2006年のPAL DVDはこちらから、それ以前のバックナンバーはこちら

Text: Rina Tamai

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE