メタモルフォーゼ 2006

HAPPENING

メタモルフォーゼ」は幅広いジャンルから、すごいラインナップのアーティストたちが出演する、国内でも最大規模の野外エレクトロニック・ミュージック・フェスティバルだ。

私はこのパーティのファンであり、今回はインスタレーションスタッフの1人だった。私はレイバーではないし、音楽にも詳しく無いが、毎年知らなかったアーティストにも感動し、すごく楽しんでいる。そんな視点から、今回のパーティの紹介をしようと思う。


今回の開催地は自転車の国 サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市修善寺)である。昨年、一昨年はこのパーティに行けなかったので、この場所ははじめて。

ステージ構成は「SOLAR STAGE」「LUNAR STAGE」「PLANET STAGE」の3つで、メインはライブ中心の「SOLAR STAGE」。このステージは各アーティスト間に1時間の休みがあるので、その間に興味のある他のステージに行ったり、飲食を楽しんだり、休憩したり、好きなように動こうと思った。

まず、気温も少し涼しくなってきた夕暮れ時、始まったのは「KONONO NO.1」。演奏が始まると、場内が夏の終わりの楽しいパーティの雰囲気になった。
周りの山々、どんどん張られていくキャンプ場のテント、屋台などの風景が段々楽しげに見えてきた!

このあと、すぐに「LUNAR STAGE」の方へ向かう。 思った以上に遠くて疲れてくる、、。そんな道中を楽しませてくれたのが、道の途中のインスタレーション。光るきのこがたくさん生えて?いたり、鏡をたくさん付けた大きな道具に光を当てて、壁に反射させる人力VJのような人がいたり、その隣ではなんか頭がくらくらするような光を放つミラーボールが設置してあって、「おおー!!やられたー!!!!」と思う。

後で知った所によると、これらは毎年このパーティに参加しているらしい。光るキノコは、IAMAS(国際情報科学芸術アカデミー)の生徒のデコレーション。人力光VJは、黒沢組。映画の黒沢明関係の人たちで、人力にこだわり、趣味でこういった活動をしているらしい。
くらくらするミラーボールは、神鬼廊(Shinkilow)。音楽的な新しい照明技術により、光の神秘を表現し空間を演出する集団アートとのこと。色々な所でやっている。

「LUNAR STAGE」につくと、その隣には温泉があって、この日は温泉が24時間営業になっている。
19時台ですでに温泉に入って行く人たちがいる、、昼間にサイクリングでもしていたのだろうか??それとも長い道のりに疲れたのか?
(実はパーティ前に入ったのだが、露天風呂が良かった。ここの常連らしいおばさん達が、今日は変わった音がするね、今日音楽イベントやるらしいね、とイベントの噂話をしていた。)

「LUNAR STAGE」で、DJ Q’HEYのテクノと SEBASTIEN LEGER のパーカッションが効いたDJでがんがん踊って楽しんだ後、もう一度「SOLAR STAGE」に戻ると、SLEEPWALKER featuring PHAROAH SANDERS が始まっていた。生の楽器と声のJAZZ演奏が広い場内に響いて、皆気持ち良さそうに踊っていた。

そのライブが終わって「SOLAR STAGE」の後方のインスタレーションを見に行く。まず目に付いたのが、蛍光灯のオブジェ。記念撮影をしたときに、なんとなくパフォーマンスをしたくなった。

あとで知ったのだが、その作品の作家は、元ダムタイプのメンバーで、ダンサーらしい。すごくシンプルな形だったが、何かそういう雰囲気があったのかもしれない。

更に歩くと、変わったバスの展示が!!(というか、このバスの手伝いでここに来ている)
MOBIUM」という移動型空間アートギャラリーなるバスの中がビカビカ光っていて、とても怪しく見える。中に入ると音のセンサーがノイズ音を感知して、ノイズ映像を出す装置などが展示されていて、怪し気なバスに興味を持ったたくさんの人々が次々と乗り込んでいた。不思議な光景。

その後ろには毎年恒例のKOTTSUのバルーンと、足が一杯生えた動物のような白い巨大な風船があった。
蛍光灯のオブジェは、YCAMチーム(山口情報芸術センター)。

そうこうしている内に、O.D.Dのライブが始まった。全く知らないバンドで、彼等の説明にも「Parliament/FunkadelicのGabe Gonzalezがおり、かつてFunkadelic だったMad Mike もギターで参加!詳細は謎に包まれている」とあったが、セクシーでかっこいいファンクバンドだった。格好と動きの派手さも面白かった。

次のステージに向かう前に、屋台ですこし軽い食事を取る。今年から飲食物を買う時に100円加金され、回収場所「ゴミ・ステーション」に容器を返すと100円戻ってくるデポジット制になった。
なんかややこしいなーと思ったが、「Crean for Smile. Dance of Earth」と標語があって、スタッフのお兄さん、お姉さん達はとても感じが良かったし、前払いしているとはいえ、返金は嬉しかった。
ただ、そんな制度がないとゴミが回収出来ない状態であること、それはこのパーティが大きくなった証明だが、1人ひとりが意識しなければいけないことの1つだろうと思った。

楽しみにしていた沼澤尚+勝井祐二+MARCOS SUZANOユニットが始まった。何より印象深かったのは、MARCOS SUZANOの雰囲気と、「パンデイロ」(ブラジルの伝統楽器)を演奏する手さばき。沼澤尚さん、勝井祐二さんの演奏もよくて、聴くのに夢中だった。

そのまま「PLANET STAGE」に行く移動中、隣の山にレーザーが当たっていてメチャクチャ美しい。(京都の大文字焼みたいだと思った、、ちょっと違うか?)このレーザーは「308GTO LASER」という人が毎年メタモのレーザーを担当しているらしい。

途中で光るタワーのインスタレーションも面白かった(これについては詳細不明)。

「PLANET STAGE」にたどり着くと、EYEのDJプレイ中で、たくさん人が集まって盛り上がっていた。VJはKLOMAで、途中、黒沢組の人力光が加わり、更に盛り上がっていった。そんな中、得に楽しみにしていたIDJUT BOYSのプレイが始まる。軽快でファンキーで彼等の音は自然に体が動いてしまう。

しばらく踊った後、移動がてらトイレに行く。メインの「SOLAR STAGE」に近いトイレにはとても長い列が出来ていた。
毎年、トイレ待ちしながら、年齢もファッションも様々な人を眺める事になる。メタモルフォーゼは年齢の幅が広い事も魅力の一つだなと思ったり、トイレにすぐ行ける普段の生活は便利なんだと思ったり。

次に今年の一番の注目のマニュエル・ゴッチングが始まった。彼が出てきたとき、一瞬すごい緊張感が漂った。青白い照明のせいか、ものすごく神々しく見える。客に向かって真横に座っているのが面白く感じたのは私だけだろうか?
演奏はものすごくカッコ良かった。段々気持ち良くなってきてふらふらしてきたので、ステージが見える芝生の上で横になる。

明け方も近くなり、たくさん踊って疲れた人たちは色々な所、普段あり得ない場所で普通に横になる。コンクリートの道路の上、草の上、、。誰でも浮浪者になれるのではないだろうか、、というのは冗談だが素敵な音を聞きながら、野外で横たわる事の気持ち良さ。
演奏のはじまりは雨が降って、薄暗く、雨カッパを来ている人もいたが、終わる頃には朝5時で白々と明るくなって来て、雨も止んでいた。

私はそのまま8時位まで気持ち良く眠ってしまった。。起きて朝ごはんを買いにいくともうインスタレーションなどは片付けはじめていて少しショック。CALM見たかったし、ラストは見たかったなー!!

踊っている時の周りの人との一体感とか、友人との雑談とかだらだらした時間、働いた時間のすべてを含めて、今年もファンタスティックな時間をありがとう!

METAMORPHOSE
会期:2006年8月26日〜27日
会場:自転車の国 サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市修善寺)
http://www.metamo.info

Text and photos: PHIRIP [warabimochi lovers club]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE