WZL「I, チャイナ」展

HAPPENING


広東通りに沿ってショップハウスが立ち並ぶその場所は、一見いつもの木曜の夜と変わらなかった。狭く薄暗い階段から一晩中絶え間なく出入りする人の流れを除いては。その中の古いショップハウス二階、思いもよらない場所にひっそりとたたずむ小さな現代アートギャラリー「da>SPACE」。その夜は中国人デザイナーたちによる初のプラットフォーム・トイ・エキシビションのオープニングが予定されていた。

「da>SPACE」の創設者の一人エディ・イップと、北京のデザイナーWZLの独創的なアイディアによる、デザイナー・フィギュア「I」は中国初のプラットフォーム・トイだ。プラットフォーム・トイはデザイナーが真っ白なトイ・フィギュアのボディ、その立体的なキャンバスにそれぞれの創造力を自由に表現できるキャンバス・トイとしても知られている。デザイナー・フィギュア「I」は今年3月に初めて紹介され、現在はヨーロッパ、アメリカを含む世界8カ国で購入可能になった。

この成功を受け、「da>SPACE」は中国人デザイナー、アーティストたちをプロジェクトに招き、オリジナルのデザイナー・フィギュア「I」を制作、デザイナー・フィギュア「I」のエキシビションを開催することを決めた。「I, China」を通して「da>SPACE」は中国人アーティスト、デザイナーたちのプラットフォームとなること、それが世界に向けた中国の声として彼らを一つにすることだけではなく、現実の生活との相互作用の役割を担うものになることを願っている。

バオ・ジアンはデザイナー同士の相互関係のためにその大きな目的を信じているデザイナーの一人だ。杭州出身者参加エントリー「I, Bao」は何かを始めようとしている若者たちへのメッセージをもった中国的なものからインスピレーションを得ている。『情熱は他の何より一番大切なもの。あとはただひたすら描き続けること。』

中国各地から集まったアーティスト、デザイナーたちは各自渡されたトイのカスタマイズのために2週間から3週間の制作期間を与えられた。最終的に102人のデザイナーたちがエキシビションに参加し、もっと多く(おそらく200〜300人)の人々がオープニング・パーティに出席した。プラットフォーム・トイ・アートは中国において全く新しいアートの形式であったので、そのにぎわいを見るのもとてもおもしろかった。エキシビションには学生からクリエイティブ業界関係者、予期せぬ不審者やシャツとパンツ姿の近所のおじいさんまで集まったのだ。

ストリートアートと呼ばれるためには違法でなければならないと考えている人、またこれまで一度もアートに触れたことのない人にもアートをもたらすことはまさに「da>スペース」の目指すところであり、同時になぜ「da>スペース」がずっと無料で行っているかの理由でもある。

オープニング・パーティ出席者の一人、20歳の学生、セイント・タン・スゥは彼女がおもちゃの魅力に取り付かれたのは3〜4年前、子どもの頃のおもちゃを見返していたとき、それらがもっと好きになっていることに気がついてからだったと明かした。彼女が持っている一番高価な買い物は友だちに頼んで日本で買った3500元のブライズドールに違いないだろう。

中国の急激な経済成長について、まだ新聞で読んだことのない人はいるのだろうか?今「da>SPACE」は人々が中国アートシーンの爆発的な成長にも強い関心を持ちそれを実感することを願っている。「I, China」は当初から国内のもっと多くのアーティスト、都市、ゆくゆくは海外までも巻き込んだ継続的なプロジェクトになることを目指していた。ギャラリースケジュールは2007年3月までいっぱいだ。私たちはやがて「da>SPACE」初のさらに衝撃的な現代アートのコラボレーションを目にするだろう。


I, CHINA

会期:2006年6月29日〜7月31日
会場:da>SPACE
住所:No. 84, Fujian Zhong Road, 2nd Floor, Huang Pu, 200001, Shanghai, China
http://www.da-space.com

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE