ヘンリック・ヴィブスコブ

PEOPLE

初めてヘンリック・ヴィブスコブの作品を見たのは、ベルリンにある薄汚れたクラブでのこと。夜は更けていて、とても遅く、突然私はダンスフロアの向こうの光景に目を奪われた。私の方に向かってきたその光景は、他でもない絡み合ったグラフィックパターン、マルチカラーのルービック・スネイク、私の漠然とした80年代の記憶を呼び起こすものだった。

そして私の耳元でささやいたのだ・・・実はあまりよく思い出せないのだが、とにかくそれは見当違いのものだった。というのも、そのセーター男がまるで宇宙からの交信のように、光を放っているのが見えたからだ(彼を見たのはそれっきりである)。それがもし、そのだらしないフリースラインのセーターが持つ効果だとしたら、私はそれ以上のことが知りたい。



Henrik Vibskov Menswear 2005

ヘンリック・ヴィブスコブはデンマークの田舎で、草木に囲まれ、頻繁に海辺を散歩する家族の中で育った。若くしてキャリアをスタートし、10歳までは熱烈なドラム奏者、12歳までにはブレイクダンス、ドラム、ビートボックスでヨーロッパの行く先々にて賞を手に入れる。ポップな行動はまもなく影を潜め、デンマークのデザイン学校で本格的に学び、その後、伝統的なファッションハウスにての期間を経て、エキシビションの一連に続く。そしてロンドンの「セントラル・セイント・マーティンズ・カレッジ」にてファッションを学び、当然のごとくその時の作品は彼のバックグラウンドとなっている。卒業時までに、若きヴィブスコブは、アート、ファッション、フィルムなど様々な角度から追求すること、そして認知を高めることを目標と定めていた。

彼のクレジットリストは、「ベックス・スチューデント・フューチャー・フィルム・コンペティション」にて優勝した自主映画作品「The Monk」から、ロンドン「ICA」やニューヨーク「サザビーズ・ギャラリー」におけるエキシビション、そして彼のファッションプロジェクトを発展するきっかけとなったデンマーク・アート財団からの奨学金など、とても印象的である。


Henrik Vibskov installation, Danish Design Centre 2004

彼は一体どうやってこなすのだろうか?多くのクリエイティブ制作が、1セット1回限りのランダムな黙想から生まれることは稀である。ヴィブスコブの場合、他の注目すべきデザイナー達と同じように、それはメッセージであってメディアではない。映像、ファッション、アート・・・好きなものを選ぶといい。


Henrik Vibskov and his ‘Madsen’ installation

2006年の「マドセン」コレクションでは、アート・インスタレーションとメンズウェアラインから現れるストーリーを作り上げ、彼は2つのキャラクターにインスパイアされている。水銀と戯れる奇人のドクターと、異様にそのドクターに似たヴィブスコブの実生活の隣人である。その隣人は、ヴィブスコブの社会的実験の一部になり、結果的に中心イメージとして起用される。

春・夏メンズウェアコレクションは、遊び心満載の幾何学模様とキュートな仕立ての、新しいレーベルのストリートウェア。まるで、ドクターの薬箱から出てきた水銀がしみ込み、彼の長い灰色のあごひげをハイテクで中世的な胸部に変形させたかのよう。


Henrik Vibskov ‘Madsen’ collection, spring/summer 2006

秋・冬のコレクションは、サイケな色のプリントTシャツ、ジャケット、道化師スタイルのレギンス、チェリーレッドのスーツを覆う黒のケープなど、より一層ひねくれたおとぎ話を表現。ヴィブスコブはこれに、「見るもの」というより「実用的」でベーシックなストリートウェアアイテムのテイストを加えることで、このワンダーランドを抑制するのだ。


Henrik Vibskov Menswear Autumn/Winter 2006

ヴィブスコブの服は、道化師やファッショニスタ、闇に潜むミステリアスなパーティー好きの人に貸し切られるだけではない。

2006年のレディース・ウェア・コレクションは、このファンタジー世界への旅がもっとスタートレックな冒険に変わっている。フェミニンで未来的、より控えめな色使い。ヴィブスコブは世界の大都市にあるデザイナーデパート店の棚に並ぶため、既製服に切り替えることを決めたのだろうか?


Henrik Vibskov Women’s wear 2006

当分そんなことはなさそうだが、完全にその可能性が除外されるわけではない。アートとファッションプロジェクトのバランスをとる器用な才能は、センターから少し外れたファッション群を魅了し続けるだろう。パリの「コレット」、香港の「ピニール・アイ」、ロンドンの「NO-ONE」が現在彼のコレクションを置いている。

ユニコーンや道化師、キングにクイーンが登場する空想の世界は、グラフィックデザインやファッションの分野でそれに近いものが繰り広げられているが、ヴィブスコブが引き金になり、他が続くのだ。彼は、デザインやインスタレーションに遊び心と仕立て屋の腕を加えてファッション化する、クリエイティブな“ニセ医者”だ。彼はまたキャットウォーク・モデルでもある。そしてミュージシャン。ブレイクダンサー。そして…、まあこの写真でわかるだろう


Henrik Vibskov modelling for Patrik Soderstam at London Fashion Week 2005
Picture: Shoji Fujii, courtesy of Diane Pernet

世界が興味を示していて、ヴィブスコブはとても忙しい人である。ディレクターや“クリエイティブなニセ医者”としての、ぎっしり詰まったスケジュールから数分だけもらえないかと説得し、いくつかの質問をさせていただいた。

デンマークの田舎ではどのように育ちましたか?

兄と姉がいましたが、すごく年が離れていたので1人でいることが多く、そのうち1人の世界で1人遊びをするようになりました。時間をもて遊んでいましたね、特に両親と海にでかける時は。自分で楽しみを作らなければならなかったので、レゴで遊んだり、想像の世界で楽しんでいました。

クリエイティブ分野の名門「セントラル・セント・マーティンズ・カレッジ」のアート・デザイン専攻だそうですが、学習経験としていかがでしたか?

セント・マーティンズに行く前に、随分長い間クラシック・ドレスメーカーのある老婦人の下で学んでいました。面白かったのですが、ティークラブみたいになっていましたね。紅茶にあきた時に、「セントラル・セイント・マーティンズ・カレッジ」でもっと正式に学ぶことを決めました。当時26歳だったので、そこにいた多くの学生よりは年上だったわけです。なので少しばかり技術知識や人生経験がみんなよりもありました。学校自体は何も与えてくれません。自分の道に進むチャンスを与えてくれるだけなのです。それが僕には通用しました。そこにはたくさんの可能性がありますが、それは自分自身で切り開かなければなりません。

2006年のメンズウェア・コレクションでは、奇跡のドクター、フィリップス・ボンバトゥス・フォン・ホーエンハイムにインスパイアされ、そのコレクションの基礎となったそうですが、彼について少し教えてください。

彼は水銀を実験している教授でした。いくつかの実験に失敗し、水銀のせいで狂ってしまい、オーストリアに逃亡しなければならなくなりました。長くて白いひげの僕の隣人が、この奇跡のドクターにそっくりだったのですよ。しばらく彼を観察していて、この男は誰だろう?と思い、何か一緒にできたらと彼にアプローチしました。僕がプロジェクトの話をすると、彼は自分のベトナム戦争での体験について驚くべき話を聞かせてくれたのです。それからいつも彼の家のドアを叩く元気なおばあさんがいましたね。ほんとに面白かった。そうして結局、彼が実世界のインスピレーションとなったわけです。

実生活のキャラクターにインスパイアされるというのは、制作によくあることですか?

いいえ。このキャラクターを起用したのは、特定のこのプロジェクトにしたことです。でもそれに変わる要素はこれまでにもありましたね。まじない師、社会実験(隣人を起用して)、それからジャンピング・ジャックス。ジャンピング・ジャックスはインスタレーションの構成でした。生まれ故郷の町の小さなギャラリーで披露したのです。面白かったですよ、誰もプロジェクトについて理解できてなくて。みんな、何だこれは?という感じで… 可笑しな体験でした。

今一番印象のあるビジュアル・アーティストやデザイナーは誰ですか?<

エルネスト・ネト。主にファブリックの作品を手掛けるブラジル人アーティストです。ファブリックから空想の景観をつくり出すのですが、全て本でつくられた彼の驚くべき彫像を覚えています。最近スウェーデンとチューリッヒで彼のソロ・エキシビションがありました。彼の作品がとても好きです。

アーティストであり、ファッションデザイナー、ソロのドラマー、それにたくさんの映像も手掛けていますが、何に一番クリエイティブな満足感が得られますか?

ファッション・ビジネスを運営するのは、もう定職という感じで、毎日オフィスに行きます。ファッションだろうがアートだろうがフィルムだろうが全て繋がっているので、つまらないものはないです。その中でも、音楽は長い間やってきたことですが、未だにとても面白いと感じます。過去数年はそこまでできていなかったのですが、最近ソロ・ドラムのルーティーンをデンマーク人アーティスト、タンデミラとやる機会があり、また始めました。彼は確立したエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーで、「ペット・ショップ・ボーイズ」のリミックスを手掛けています。僕のドラム・ソロは、この秋にリリースになる彼のトラックに収録されます。実はたった数日前にそれを知ったのですが、とっても嬉しくて。僕のパートはちょっと聞きにくいですが!

デンマークの文化庁を批判する小さな記事をサイトの中に見つけたのですが、その理由を教えていただけますか?

「ベスト・ファッションネーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのですが、その賞はコペンハーゲンの「チボリ・コンサート・ホール」にてデンマーク文化庁から贈られました。みんなが拍手をする中、プレゼンターの彼は、クリエイティブ人に政府がこうしてサポートできることなどについて、これがどんなに素晴らしいことかを演説していました。でも、僕のレーベルが成功した理由の1つには、新しい政府団体の一部として廃止された「ロイヤル・デニッシュ・アート財団」からの助成金があげられるのです。彼はそこに平然と立っていて、僕は受賞者としてのスピーチで、ありがとうございますと言いました。でも、僕がこのプロジェクトをスタートできたのは、実際には彼らが廃止にしたプログラムからの助成金のおかげなのです。それはなんだか偽善的です。主催者たちは「ありがとう、ありがとう」と、僕のスピーチを妨げ、ほぼステージから押し出された恰好になりました。僕はイラク戦争についての話をしようとしていたのです。政府が打ち出した決定に僕はどれだけ賛成しなかったか、と。つまり、明らかに僕はこのイベントにとって都合のよくない方向へ行こうとしていたということです!

次のレディース&メンズウェア・コレクションの準備を始めていると思いますが、どんなものになるか少しヒントをいただけますか?

濡れ輝く女たち!というのは、ただ今のところ僕たちがやってきている全てがまだ遊びの段階であるからなのですが。今のところそれしか言えません!

今月のSHIFTカバーについてはどうですか?

このSHIFTカバーは、この7月にパリで開催のメンズファッションウィークに向けて僕が手がける、インスタレーション、ショーの小さなスケールモデルです。それにSHIFTスパイスを加えました!

あなたのクリエーションの全てがパーティに出るとしたら、どこで何を飲むでしょうか?

屋外のプールに座りウォッカのカクテルを飲んでいる大人たちがいて、小さな子供は子供用のプールで水を掛け合ってはしゃぎ、ジュースを飲んでいることでしょう!

Text: Peta Jenkin
Photos: Courtesy of agentur V and Henrik Vibskov
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE