マルギット・ルカーチス & ペルジャン・ブロアセン

PEOPLE


今月から アムステルダム市立近代美術館で新しい展覧会「ネクスト・レベル」が始まった。この展覧会はゲーム文化が芸術、映画、音楽の世界に及ぼした影響を解明しようとするもの。地元を代表してアムステルダムのアーティストカップル、マルギット・ルカーチスとペルジャン・ブロアセンが参加している。

十年間も共同制作をしているこの二人は、オランダの有名校「リートフェルト・アカデミー」在学中に知り合い恋に落ちた。中国で教えていた経験を元にした2003年製作のセミドキュメンタリーミュージカル映画、「Crossing the Rainbow Bridge」では互いに行き交う二人の愛情が見事に表現されている。大時代の愛と死といったテーマに対する中国の学生達の「素直な」表現に触発されて、彼らは西洋の芸術が「失ってしまった抒情」を取り戻そうとしている。

恋人として二人で独創的に考えるのは易しくもありまた難しくもあるようだ。ペルジャンとマルギットはお互いにインスピレーションを与え合っている。彼らはまるで正反対な性格の持ち主なのに、同じようなもの(例えば模様、装飾、森、飛行機、鹿、城、ビスコンティ、食べ物、ザフランスキー、ワルツ、アーチ型天井など)が好きなのである。

彼らが育ってきた家庭環境がその個性を作りあげた。ペルジャンは家族の絆が強くて実直なオランダ人家庭に育ち、この世は「論理的で理にかなっている」と思っている。一方マルギットの方は全く異なっていて、幼い頃から戦争の現実と祖先が耐えてきた苦難、そしてそれがどう虚弱な現実の世界に影響しているかについて教えられてきた。

彼らの創作活動は写真、グラフィックアート、映像を多様にミックスしたものだ。作品のほとんどはイラストとデジタル加工の組み合わせである。コンピュータにより複雑で圧倒的なパターン構造を実現することが出来るようになった。彼らにとって私たちが住む世界は全てが装飾的であるという。『うっとりするような装飾や様式は私たちが世の中を実感する方法なんだ。人間の脳は常に調和やきちんとした形式を直感的に探し出す。そのところがおもしろい』

彼らのインスタレーション「Zwart / Licht」(暗い/明るい)が、オランダのブランド「モーイ」のアートディレクター、マーセル・ワンダースの目を引いた。インスタレーションの一部としてデザインされた斬新な壁紙が、オランダのデザインを代表する作品として世界中に紹介されたのだ。彼らはアートやデザインだけではなく、多様な分野での経験を重視しながら合作している。『これからはファッションデザイナーとのコラボレーションにも期待している』

市立近代美術館に展示されている最近の作品「偶然の出会い The Chance Encounter」は、流れ過ぎてゆく景色の映像である。題名はマックス・エルンストから引用されている。『・・ミシンと傘が解剖台の上で出会う、こういった一見関連性のなさそうな要素が更に全く無関係な環境の中に偶然並べられると、とても印象的で詩的なひらめきを引き起こすことがある』

彼らの景色もまた二つの世界の出会いである。ひとつは「ゲーム」の世界。そこでは偶然などなく全てがコントロールされ、ゴールがきちっと決められている。もう一つは「現実」の世界。そこは運命に翻弄され決まったゴールなどない世界である。『「偶然の出会い The Chance Encounter」では、上から見ると普通の構造だけれど横からは錯乱した世界に見える風景を創った。レベルが進行するとともに動きが深まるゲームとは違い、ただヨコからヨコへの動きに限られている。この風景では「あてどもない」横スクロールだけが体験となり、それは自分たちの考える「現実」の一部でもあると思う。コントロールされるよりも、運命に翻弄される方が自分たちらしいから』

彼らの初めての個展がデン・ボッシュ美術館で年内に開催される。そこでは各々の家系が自分たちのアイデンティティにどう影響しているかを展示する予定だ。彼らはお互いの家族が正反対なことに着目し比較する対象とした。最終的には二つの映像インスタレーションになる予定である。その他の仕事としてはオランダのバンド、コパークの美しい広告作品などがある。次のプロジェクトは他のオランダのバンド、バウアーのアニメーションCMで、これは二人にとってやりがいがありそうだ。『3Dデザインにはとてつもない可能性がある。子どもの時行ってみたかった別の場所に(例えば月世界とか、今ではもっと遠くの世界とかに)行く代わりに、ゼロから全く新しい世界を作り出すことが出来るんだ。だから新しい発見の旅をどんどんやっていきたい』

彼らの他の作品は ウェブサイトでみることができる。また2006年6月18日まで行われている市立近代美術館での「ネクスト・レベル:アート, ゲーム, リアリティ」展もお見逃しなく。

ネクスト・レベル:アート, ゲーム, リアリティ 展

会期:2006年6月18日まで
会場:アムステルダム市立近代美術館
住所:Post CS- building, 2nd Floor, Oosterdokskade 5, Amsterdam
オープン:10:00〜18:00(木 〜21:00、祝日 〜16:00)
入場料:9.00 ユーロ
http://www.pmpmpm.com

Text: Ania Markham from Post Panic
Images courtesy of Margit Lukacs and Persijn Broersen
Translation: Nem Kienzle

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE