NIKE 公式オンラインストア

ランゲナハト・デア・ムゼーン

HAPPENING


去る1月28日、文化都市ベルリンの冬のハイライトのうちの一コマ、「ランゲナハト・デア・ムゼーン(美術館(博物館)の長い夜) 」が開催された。1997年より年2回開催されており、今回で19回目となる。

当日は18時より、一枚のチケット(通常12EUR,学割8EUR)で、ベルリン内おおよそ70の美術館、博物館、ギャラリーが深夜2時まで回り放題。通常の交通機関に加えて、7つのモデルコースにあわせた7本のバスがさらに運行される。

当日私はコースとは関係なく、普段私があまり行かない場所、かつ現代美術を扱っている場所へ行った。


アカデミー・デア・キュンステ

待ち合わせ場所は、統一ドイツの象徴ブランデンブルグ門の前にある「アカデミー・デア・キュンステ」。近年できたガラス張りの建築で、これを機会に建造物の中に入ってみたかった、という目論みもあった。この日開催されていたのは講演会が中心で、催されていた展覧会は地下の15平米程度の部屋で、ヘルベルト・ヴェルニケという舞台監督の舞台美術関連の資料が中心だった。


ダイムラー・クライスラー・コレクションのある建物

期待どおりではなかったこの建物を後にして、次に向かったのは統一ドイツ復興の象徴であるポツダム広場。戦後焼け野原だったこの辺りに唯一のこった建物の中に、ダイムラー・クライスラーのコンテンポラリー・アート・コレクションを展示しているフロアがある。


ポツダム広場のパブリックアート(ジェフ・クーンズ)

印象的だったのは70-90年代のアメリカ現代美術が全くの中心であったという事、ドイツの作家はほとんど展示されていたなかった事。21世紀という視点から眺めた際、確かに時間が過ぎ去った事を感じさせる。ちなみに、ダイムラー・クライスラーはポツダム広場のパブリック・アートのスポンサーでもある。


パフォーマンス中の塩田千春

この時期にも関わらず閉館していた「新ナショナルギャラリー」を脇目に、ルッツォ広場の塩田千春展へ。彼女の力の入ったインスタレーションがおおきく3点展示されている。そのうちの一点に彼女が入り込んでこの日はパフォーマンスを行っていた。建物の構造上柱と梁が額縁のように彼女の作品を覆い込み、彼女は作品の向こう側で背中を見せてあちらを向いて立っていた。聞く所によるとこれを約4時間、微動だにせず続けていたらしい。


ベルリン・ギャラリー

何人かの友人とも談話した後、バスに乗り込み次の目的地に赴く。多くの人がバスを降りたにも関わらず、人々とは反対方向に向かう。彼らはダニエル・リベスキンドの建築で有名なユダヤ人博物館に行った模様。我々が向かったのは「ベルリン・ギャラリー」。ここではベルリン芸術大学の教授陣の展示が見れた。

この日は最後、マーティン・グロピウス・バウで「トランスタリッシェ・インパルス展」(ベルリン、ロサンゼルス間の交換留学プログラムの参加者を中心とした展覧会)を鑑賞。いつもはあり得ないぐらいの量の展示を見た為の疲労のせいか、あまりにもインパクトがなくて愕然とする。この時点で既に夜11時近かったが、ちょっと遅めの夜ご飯を馴染みのベトナム料理屋で頂く。深夜12時を回った頃、急に振る舞われた正月料理と店の飾り付けに思わぬプレゼントをもらった気分でその日を締めくくった。

Lange Nacht Der Museen

会期:2006年1月28日
会場:ベルリン市内
http://www.lange-nacht-der-museen.de

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE