TOKION CREATIVITY NOW TOKYO

HAPPENING


気がつけば肌寒い10月23日、ラフォーレミュージアム原宿でTOKION主催「CREATIVITY NOW TOKYO」(クリエイティビティ・ナウ・トウキョウ)が行われた。内田裕也や藤原ヒロシ、野田凪からテリー伊藤までごった返した2004年に続いての今回は、メディアレイピスト宇川直弘に加えてアグレッシヴな脳学者茂木健一郎も司会として初参戦!

待ち受ける今年の顔ぶれも板尾創路、楳図かずお、辛酸なめ子、いとうせいこう等などまたとなく予測不能で、クリエイティブディレクターのアダムが『アタマを使って、パーティーよりも楽しんじゃおう!知恵熱に御用心!』と宣言したとおり、脳みそがグルングルン火照り出す濃密な一日となった。(詳しい内容は1月号のTOKIONに収録予定だそうです、お楽しみに!)

心待ちの幕開けは「ブレイン・サファリパーク」!イグ・ノーベル賞受賞者にしりとり竜王、ビデオアートの草分け的存在から「ギョエー!!」なぶっ飛び漫画家まで、一同に介するこの小1時間に会場のテンションもあがっていく。

本当なのか騙しなのか気の抜けないジョークを淡々と語るドクター中松を遮るように、おなじみのグワシハンドでやりたい放題の楳図かずお、そんな姿を横目に『つまんない話をするのは馬鹿だ。』と冷静に斬る松本俊夫と、最小限の言葉と動きで笑いを引き出す板尾創路。茂木さんが『こんな司会受けなきゃよかった(笑)』と足をプルプルしながらこぼすように、『創造性って何?』というシンプルな問いかけにも四者四様のコントラストが宇宙的に際立って、強烈な今日の日を予感するように、次第に脳みそが『何でも来い!』とスタンバイしていった。

続いては、ファッションギークスに大人気のヘンリック・ヴィブスコフ×「ベニス・ビエンナーレ」の日本代表アーティスト小谷元彦×既に風邪で知恵熱気味の宇川直弘による「ビヨンド・リアリティ」。「おばさんが After Effects で光線を出せる時代」に差し掛かって、「新しい時代のアウラって何だ?」と切り刻んでいく。

『人気って人の気って書くけど、アウラが消えない人にはその循環回路を持っているんじゃないかな。』という宇川さんの指摘には大きく頷いた。表現者のアウトプットだけでなく受け手のインプットも同じくらいクリエイティブであって初めて、心揺さぶるアウラのキャッチボールが成立する。そのリアリティ溢れる循環によって、健全なカルチャーは育ってゆくのではないだろうか。

次の「ヒロインの世界へようこそ」では、「乙女=ハードボイルド」の定式を掲げる嶽本野ばらは寝坊で不在ながら、言葉の引き出しがスリリングな辛酸なめ子、永遠の乙女山口小夜子、かわいい女の子探求者の米原康生が登場する。逐一「野ばらは今、どこどこにいる」情報が錯綜する中、ここではガーリーとも不思議ちゃんとも違う「乙女性」を、「宿命?」「アンチ・システム?」と手繰りながら少しずつ描き出していった。

終了間際に到着したほやほやの野ばらさんは宇川さんにふられて、『乙女はアナーキーですね!』と答えた。セッションを全く聞いてないにも関わらずその見事なシンクロニシティに感銘しつつ、性差から逃れられない出来上がってしまったシステムの中で、自分で解決していこうというハードボイルドな乙女の生き様は、クリエイティビティ以外の何ものでもないことが何となく理解できた。

休憩の後は「カタログ雑誌なんていらない!?」からリスタート。去年の藤原ヒロシ vs 平川武史の際どい構図も記憶に新しい東京のファッションシーンを巡るこのセッションには、おちまさと、元109のカリスマ販売員でmoussyプロデューサー森本容子、DUNE編集長林文浩、アントワープ王立アカデミーを首席で卒業した三木勘也、各所でゲリラファッションショーをしかける石黒望と、ギャルからモードまで入り乱れたスレスレの豪華な顔ぶれ。

そして「オリジナリティとは何か?」の話題の時だった。『だから東京のクリエイティブシーンはダサいんだよ!!』茂木さんが林さんに思わずマジ切れでまくしたてる!『どうしてもっと外の人に分かるように説明しないのか!』と茂木。『言葉にならないものは仕方ない。感じる人の意識も重要だ。』と林。その様子の詳細は雑誌に譲るとしても、閉じた/開いた業界のコミュニケーションという文脈と、言語化できるもの/そうでないものという感性的な文脈がごっちゃになってどっちもどっちのような印象を持ちながら、オーディエンスが求めていたのがこういう切迫したハラハラだったならば、やはり今日一番のハイライトシーンなのだろう。

そうこうして「インスピレーションをくれるものは何?」という最後の質問となり、『卵のプルンプルンなところとホルモンのツヤ』という石黒さんの回答のおかげで、もやもや気分はすっかり晴れていた。

夕方になりテーブルの上にはアルコール、続いては24日間ぶりに日の目を浴びた飴屋法水、ショッキングな映像が物議をかもしたジョニー・ハードスタッフ、特殊漫画家根本敬の濃すぎる面々が登壇。テーマは「全身芸術家」ながら、裏テーマは「精子」。

飴屋さんの作品「パブリック・ザーメン」で宇川さんの精子に買い手がついた縁もあり、「精子に可能性を感じている」とうマジ顔から「勝負を決する時はセイシをかけるのだ!」というある相撲一家のシャレを利かせたフィクションまで、必然的に「精子」を軸にトークが展開する異空間をつくり出していることこそ、全身芸術家達のなせる離れ業なのだろう。精子話で盛り上がる休憩タイムは、とても生暖かった。

そしていよいよ最後のセッションは、スチャダラANI、天久聖一、いとうせいこう、高木完、ムードマンによる「東京システムクラッシュ」!東京の夜をリアルに変容させた「風営法」を切り口に、「なんでカジノがOK風で、クラブがだめなんだ?」という「クラブピープル vs 太陽族」の構図を浮かびあがらせる。これは決してクラブシーンに閉じた話ではなく、いたるところで起こっているクラッシュを意識するための警鐘的なケーススタディとして聞くべきなのだろう。

いとうさんは『踊っていて、何が生まれるかが重要』と言う。リーガル/イリーガルの境目がステレオタイプで決定され、非常に曖昧になってしまったこの世知辛い世の中で、それぞれが主体性を持ちながらつながっていくことこそ、システムを再起動するための大きな原動力となる。それを実現する鍵は創造性=クリエイティビティであり、生み出された「何か」はいつの日か、カルチャーと呼ばれているに違いない。

こうして長くてタフな一日が終わった。アフターパーティーではムードマンが僕らの目の前で、一曲一曲丁寧に解説付きのDJプレイをしてくれる。何か言いたげな、でもまだ答えを出し切れてない悩ましげな面々も次第にチルアウトして、いつのまにか笑顔で聞き入るオーディエンス。この居心地のよい空気感って何かステキ。

昨年同様今回も、まだまだこれから!って時に終了してしまったセッションもあっただろう。それでもクリエイティビティ・ナウの本質は、期待感をあおりまくるキャスティングの妙にあると思う。これだけの魅力的な個性が集まってそもそも1時間ちょいで終わるはずが無く、だからこそ悶々とした思いはそれぞれの周辺に、熱い火の粉を残したまま持ち帰られていくのだ。そうやってクリエイティビティはくすぶり続ける。東京のカルチャーシーンはまだ燃え尽きてはいない。

TOKION CREATIVITY NOW TOKYO
日時:2005年10月23日 12:00〜21:00
会場:ラフォーレミュージアム原宿
http://www.tokion.jp/conference/

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photos: Kenjiro Nakano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE